Loading…

春の小川峠 ~ 峠一本ではなかった!

Posted by リキ on 29.2014 お出かけ   16 comments   0 trackback


日曜日は,sennmu さん主催のライド 「峠一本! 春のお気楽温泉ポタ」 に参加してきました。

もちろん,ぼくは1年目の初心者を脱しておりますので,こんなうたい文句にはだまされません。

「お気楽温泉ポタ」 は絶対に名ばかりと最初から予想していました(笑)



いつもの場所へ朝6時に集合です。

すでに,sennmu さん,ayu さん,Toy さん,シガさん,ケンさんが集合していました。

そして,matz さん到着。

あれ? 車から降りるやいなや,パンク修理。

ぜんぜん走ってないのに(笑)

14_0429_01-1.jpg

matz さんには,伊吹山ヒルクライムで,

「最高到達地点でのパンク修理」 というぼくの写真を撮ってもらったので,こんどは
「最短走行距離でのパンク修理」 の写真を撮ってあげることにしました。

これで,matz さんに恩返しできました(笑)



シガさんとケンさんの車にロードバイク7台を分乗させて出発です。

国道41号を飛騨川沿いに北上し,道の駅 「飛騨金山ぬく森の里温泉」 まで行きました。

ここで,ヒロさんと,sennmu さんの所属するチームの皆さんと合流しました。

14_0429_02-1.jpg

総勢12人のライドの始まりです。

飛騨川の支流,馬瀬川沿いに北へ向かいます。

気持ちのいい道です。

ぼくは,ちゃっかりと sennmu さんのすぐ後ろについて,じっくりその走りをお勉強です。

14_0429_03-1.jpg

一説には 「走る球体」 と言われるそのフォーム(笑)

いつもながら安定感抜群です。

球は,構造力学,運動力学から言っても安定した形状ですからね(笑)


冗談はさておき,後ろについて走るだけでも,ほんとに勉強になります。

ケイデンスは高め。でも,上半身のぶれがありません。

路肩の白線をきれいにトレースしていきます。

ぼくなんか,ケイデンスを高めると上半身が不安定になりがちです。

しかしこれは,sennmu さんから教わった 「膝上げペダリング」 が有効です。

膝を,スッスッとあげるようにペダリングしていくと,体全体のぶれが少なくなるのです。

白線の上をトレースしやすくなることで,その効果がわかります。


速度域は一定の時間をおいて,20km/h,23km/h,26km/h,と正確に刻まれるように上がっていきます。

少しずつ負荷を高めていく,体に優しい走り方ですね。

こういう細かな配慮が,長く,強く乗り続けるために大切なことなのでしょう。

といっても,多少の坂道なら速度が落ちないので,ついて行くのはけっこうたいへん(笑)




14_0429_04-1.jpg

途中,道の駅 和良 で休憩,なかさんと合流します。

なかさんは,美濃から自走。

郡上八幡から堀越峠を越えてここまできたそうです。 すごい!


ここからも山間の里を抜ける道は,気持ちのいい道でした。

最近,せせらぎ街道のシバザクラが有名になったせいか,このあたりでも,たくさんのお宅に植えられていました。

14_0429_05-1.jpg

濃い絵の具で描いたような,三色の花の絨毯がきれいです。



車がまったくと言っていいほど通らないので,楽しいおしゃべりを交えて走ったりしました。

14_0429_06-1.jpg


ここでは,走りながら sennmu さんからミニレクチャー。

・ 縦縞のグレーチングは,まっすぐに越えず,斜めに切るように走る。
・ 丸いマンホールの蓋は,真ん中を走る。

こうすることで,タイヤへのダメージやスリップなどの危険を回避することができるそうです。

14_0429_32-1.jpg


さて,山里の気持ちのいい道も,少しずつ勾配がついてきました。

「峠の始まりですか?」 と聞くと,

「これは,峠じゃなくて,トンネルに向かうだけ」 とsennmu さん。

なるほど,「トンネルに向かうだけ」 ね(笑)

ぼくにとって,いや,みんなにとっても,この相谷トンネルまでの道が峠のようでした。

やっばり,「峠一本」とのうたい文句に,すでにウソがありました(笑)

勾配がけっこうきついし,ずっと先まで坂が見えているし,嫌いなタイプの登りです。

この登りだけで,もうすっかり疲れました。

やっぱり,前日に山岳中心の 120km を走ったのがかなり効いてますね。


帰ってルートラボで確認すると…。

皆さん! まず,この標高グラフを見てください!

14_0429_33-1.jpg

これが,「峠一本」 でしょうか。

だから,自転車乗りは……,大好きです(笑)



ん? よく見ると…

今回のメイン 小川峠よりも,トンネルまでの登りの方がきついじゃないですか!

くっと勾配が上がってから,距離にして 5km,平均勾配は9%もあります。

しかも,トンネル手前の登りは,16%の坂が,1km 続いているのです。

標高だって,ちゃっかりトンネルの方が高い(笑)

さすがのコース設定です。

予想通りとはいえ,笑えます。

きついはずだ!

14_0429_08-1.jpg

ちなみに,シガさんのバイクは,おろしたての第2代目オルトレ!

ほれぼれするほどカッコイイです。



車はほとんど通らないのですが,3.7km あるトンネルは寒かったです。

でも,こちら側からなら下りですから,楽ちんでした。

このトンネルは,間違っても向こうから入ってはいけない!

トンネルを抜けた後,小川峠に向かいます。

14_0429_09-1.jpg


小川峠はすてきな峠でした。


後編に続く!




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



関連記事
スポンサーサイト

あっ、しょっぱなから
やられたw

でも
リキさんの記録は更新される可能性がありますが・・・
僕の記録はもう抜くことは出来ないでしょうw

やったー!(悲)
2014.04.29 15:35 | URL | matz #- [edit]
お疲れさまでした~
ホント、後ろから見てると勉強になりますね。
「和良」までの間、sennmuさん、リキさん、ケンさんの3人の走り方を見比べていたのですが、同じ速度で走っていても3人3様で楽しかったです。

しかし、リキさん。後ろ向きの写真撮るの、上手ですねぇ。自分、未だに後ろ向きの写真は怖くて撮れませんw
2014.04.29 16:35 | URL | ayu #- [edit]
やられた~

更新される可能性があるのか~。
負けた!
これは,うれしいのか悲しいのか,ビミョー(笑)
2014.04.29 18:20 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
ayu さんに見られてましたか(笑)
自分の走り方は見られないのが残念です。

後ろ向きの写真は,カメラを逆さまにして,手を下げて撮っています。
この方が安定して撮れます。
2014.04.29 18:24 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
お疲れ様でした!
前日に120kmも走っていたんですね。上っている姿もそれほどキツくは見えなかったですよ。強くなってますねぇ。
食事、温泉付きで楽しかったです。
またよろしくお願いします。
2014.04.29 18:55 | URL | Toy #- [edit]
当日はお疲れ様でした!

トンネル前の坂、きついなあと思っていましたが、データを見れば納得・・。リキさんは前日に120km走ってのライドでしたから、余計にお疲れになったと思います。

でも、登った後もぱっと見まだまだ余裕がありそうでしたよw 後半のリキさんならではの写真も楽しみです。
2014.04.29 21:08 | URL | ひろ@bike #- [edit]
前日の120キロがけっこう脚に残ってました。
少しは強くなったとは思いますが,まだまだですよ。
Toy さんのようなパワフルさも少しはほしいと思います。
こちらこそ,またよろしくお願いします。
2014.04.29 21:21 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
お疲れ様でした!

「峠一本」にまんまとしてやられましたね(笑)
余裕なんかありませんよ。みんなに必死でついて行ったという感じです。

ひろさんこそ,余裕の速さ。やっぱりな~と思いましたよ。
2014.04.29 21:23 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
先日はお付き合いありがとうござました
正真正銘峠は1本ですよ。
峠とは景色を楽しみ登って楽しい道の事ですよ。
手前のは単なる「登り坂」です(笑
リキさんの強くなったのには驚きですよ。

登りのトンネル・・200%位のパワーが出ますよ(^^)v
2014.04.29 22:29 | URL | sennmu #- [edit]
先日はお付き合いありがとうござました
正真正銘峠は1本ですよ。
峠とは景色を楽しみ登って楽しい道の事ですよ。
手前のは単なる「登り坂」です(笑
リキさんの強くなったのには驚きですよ。

登りのトンネル・・200%位のパワーが出ますよ(^^)v
2014.04.29 22:29 | URL | sennmu #- [edit]
本当にありがとうございました。
最高の道でした。

いや~,峠一本,恐れ入りました。
一本とられたぁ(笑)
まさに,「峠」の定義はそれで決まりですね!

sennmu さんに「強くなった」と言われると,うれしいです!
ますますがんばろうと思います!

登りのトンネル…怖いです(笑)
2014.04.29 23:29 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
お疲れ様でした。

前日にモリチャレに参加していなかったら落に上れたと思いますよ。
リキさんもハードな行程をこなしていますね。ww

ルート確認のためにルートラボを引いていましたので2ピーク在るのは知っていましたが
トンネル部分の情報が無かったのであそこまでの勾配とは思いませんでした。
でも、お喋りしながらのんびり上がれば結構いけますね。

桜ジャージ 皆さんの写真を見ていると違和感丸出し!
2014.04.30 07:25 | URL | shigarakiyaki #LkZag.iM [edit]
お疲れ様でした!

いやいや,シガさんの方がはるかにすごい行程ですよ。
そういえば,伊吹山の時もそうだったし(笑)

桜ジャージ,たぶん,シガさんが一番似合うと思います!
2014.04.30 22:20 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.01 17:36 | | # [edit]
masa さん こんばんは。
ありがとうございます。
いただいたアドレスには,メールが送れませんでした。
確認していただけますか?
2014.05.01 20:02 | URL | リキ #ceSwTQrQ [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.01 20:29 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/293-a27879cb

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム