Loading…

伊吹山ヒルクライム 登坂篇

Posted by リキ on 13.2014 イベント   16 comments   0 trackback


今日は,以前から楽しみにしていた,伊吹山ヒルクライムでした。

まず,今回の記事を書くにあたり,いっしょに走ってくれたみなさん。

ありがとうございました。

そして,たいへんなご迷惑をおかけし,申し訳ありませんでした。

140413_11.jpg

ごめんね!

そのいきさつは,次回の下山篇にくわしく書きますので,お楽しみに!



さて,そんな災難が起こることも知らないぼくは,ワクワクしながら,ケンさん,Toy さんと出発しました。

集合場所の駐車場に着くと,すでに多くの仲間が到着していました。

140413_01.jpg

その後,荷物を用意して受付へ向かいます。

受付は役場ですから,自転車で10分くらいの距離でしょうか。

140413_02.jpg

受付で,ゼッケンや計測器などを受け取って,また,駐車場へ戻ります。

スタートの時間は,年令によってさまざまですが,かなりの時間があったので,おしゃべりしたり,ストレッチしたりして,ゆったり過ごしました。

なかには,こうして,人のバイクにいたずらする子もいました。

140413_03.jpg



さあ,スタート時間が近くなってきたので,ドライブウェイ入り口へ移動です。

すごい人の数。トイレは大渋滞。

140413_04.jpg

桜がさいています。

少し標高が高いので,満開を少し過ぎたくらい。

この一大イベントに花を添えてくれましたね。

SHOROs メンバーもスタンバイ。

140413_05.jpg

出発ゲートまで,並んで少しずつ歩きます。

140413_06.jpg

出発ゲートまで来ました。

140413_07.jpg

DJ の人がスタートの秒読みをしてくれていて,雰囲気を盛り上げています。

ちなみに,このゲート手前のトイレは,まったく渋滞していなかったので,覚えておこう!



さあ,スタート!

走り出したら,写真撮影は禁止ですから,ゴールまでの写真はありません。


レースの序盤は,うしろからたくさんの人が抜かしていきます。

でも,焦らずマイペース,マイペース。

ヒルクライムは,自分のペースを作ることが一番です。



標高がそれほど上がらないところでは,沿道に植えられたソメイヨシノや,斜面の山桜が見事です。

1本だけ,ミモザの大きな木があって,ひときわ目立ってきれいでした。

こうして,景色を楽しむのも,ヒルクライムを気持ちよく進めるためには,効果があると思います。



抜いていく人たちが少なくなると,集団が落ち着いていきました。

何人かが前後しながら,同じペースを作っていきます。

少しずつ自分のペースができてくると,楽しくなってきました。

ある程度登ってくると,高さを感じる景色が見えるようになりました。

「おお,ここまで登ってきたんだ」 という感じは,ヒルクライムの楽しさのなかでも,大きなものの一つですね。

こうなると,俄然,気持ちよくなって,やる気もわいてきます。

中盤はとても気持ちよく登りました。



しかし,後半はきついきつい。

疲れがたまってきて,膝の周辺が痛くなってきます。

これは,まずい。

いろんな方法をして,筋肉の一点に疲れが集中しないようにします。

引き脚に集中してみる,
踏む時間を短くする,
うんと前に座ってみる,
後ろに座って蹴り出す,
休むダンシングをする,
全周囲に渡って平均的にトルクをかけてみる,

いろんな方法を試しました。

目的は,筋肉の疲れを分散させることです。

少しはうまくいったかな。

決定的に垂れることなく,終盤まで来られました。



でも,「あと1km」の看板が出てからが長かった~。

最終局面は,直線的な道で,ゴールが見えているのに,斜度が上がってくるのが辛かったです。

見えているのに,なかなか近づかない。

でも,最後,ほんの少しですが自分なりのスパートもできて(メッチャ遅いですが),満足です。

ゴールに置かれた緑の計測ラインを通過した瞬間は,すごくうれしかったです。

充実感,満足感,なんともいえないうれしさ!




ゴールしたあとは,荷物を受け取り,温かい服を着込み,写真を撮り…,と忙しくしているうち,あっという間に下山の時間になりました。

12時30分が最終便で,これに乗り遅れると,実業団のレースが終わる3時まで下山できないのです。

これはたいへん!

あわてて準備をして,下山の列に並びました。

はあ~,終わった~。

140413_08.jpg
(下山を待つ列で,トモさんと)

ところが…,このあと,とんでもないことに!

次回に続く!




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ











関連記事
スポンサーサイト

rikiさん、こんばんは。
伊吹山、お疲れ様でした。
クルマでしか登ったことはありませんが、スゴイですね!(◎_◎;)
あんなところを自転車で…
それにしても、下山で何があったのか?続きが楽しみです^ ^
2014.04.13 22:08 | URL | KOU #- [edit]
お疲れ様でした~
何が起こったのかな?
でも、ブログUPしてるのだから大丈夫ですよね?
下山編、楽しみにしてますョ。
2014.04.13 22:19 | URL | ayu #- [edit]
ごめんなさい!(爆)
記事トップ画像でひっくり返すとはwww
さすがリキさん!次回にも期待^^;
2014.04.13 22:40 | URL | こー #- [edit]
KOU さん こんばんは。

疲れました~。いろんな意味で(笑)
15km のヒルクライムは,今までで最長記録です。
つらいですが,おもしろいです。
2014.04.13 22:48 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
疲れました~

はい,ケガはなく,大きな事故ではありません。
小さな事故(笑)
2014.04.13 22:49 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
今回のことは,たっぷりと話題を提供したということで,ご勘弁を。
それにしても,下でどんな言われ方をしていたのか,聞いてみたかった(笑)
2014.04.13 22:51 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
リキさんこんばんは

みんな下で心配で心配で誰も喋らず祈る気持ちで通り過ぎる1BOX見てました。
無事で何よりです。・゜・(ノД`)・゜・。
2014.04.13 23:02 | URL | rr #EzLhoZ1o [edit]
今日は
最後までお疲れ様でした!

中々下りて来ないな~と思っていたら・・・そんな画像までw
のんびり撮影していると
またまた
指導が入っちゃいますよ(笑)
2014.04.13 23:05 | URL | matz #- [edit]
ご無沙汰しております(_ _)

伊吹山、お疲れ様でした。
受付前にでも応援にかけつけたかったんですが、起きれませんでした(^◇^;)
上りを十分に楽しめたみたいで良かったですね!

さて、気になるのは続きの下り編ですが・・
とりあえず大きな怪我は無いようで安心しました。
2014.04.14 00:57 | URL | まさきち #HX8EHCgA [edit]
お疲れ様でした*\(^o^)/*
ん?? 何があったのかな?
でも、ブログがかけているから 心配無いですよね。
2014.04.14 13:08 | URL | おばさん #.LARi0hY [edit]
ヒクルライムお疲れ様です。

最初の画像(自転車が反対になってる)が何か事件のヒントでしょうか?
続き楽しみにしております。
お身体は大丈夫かな?(ブログ更新してられるのでまずは大丈夫だとは思いますが)
2014.04.14 14:58 | URL | silver #- [edit]
rr さん こんにちは

スミマセン。ご心配おかけしました。
おかげさまで,無事でした。
2014.04.14 18:12 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
修理のときは,ありがとうございました。
撮ってくれた写真,送ってね(笑)

あのあと,しっかり指導が入ってしまいました(笑)
2014.04.14 18:13 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ご無沙汰です。

ケガはまったくなしですが,バイクがケガしました。
泣きたくなるほどではありませんでしたが,やっぱり泣きました(笑)
2014.04.14 18:14 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ありがとうございます。
おかげさまで,ケガはなく,無事でした。
でも,そうとう疲れました。
疲れは,ヒルクライムの疲れだけにして欲しかったです(笑)
2014.04.14 18:15 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
自転車が反対になってる画像は事件のヒントです。

続きをお楽しみください(笑)
そして,笑って下さいね。
2014.04.14 18:16 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/285-e2f3e08d

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム