リアディレイラー調整 少し上手くなった(1)


自分で組み立てたクロモリバイク。

乗っていて実に気分がいいです。

なぜかって,自分で一から組み上げたわけですから。

ビアンキ君に聞かれないように内緒で言えば,手をかけた分だけカワイイ。


そして,心情的な面ばかりではないんです。

実は,リアディレイラーの変速の決まり方がすばらしい!

140220_1.jpg

自分で組んだものなので,こんな言い方をするのもなんですが,実にうまく調整ができたんです。

組み上げたばかりのときは,今ひとつ上手く調整できていなかったのですが,ケーブルののびが落ち着いてきて,もう一度調整したら,もうバッチリです。

「シフトがスパスパ決まる」 という決まり文句がそのままぴったりなほど。

気持ちいいこと,この上なしです。

これも,大きな声では言えませんが,105 なのに,ビアンキの Dura-Ace よりもスムーズな変速。

あれ? これっておかしいよね…,と自分で気づく。

上位グレードのコンポの方がシフトが決まらないというのは,これは,明らかに調整が悪いということでしょう。


そこで,あらためて,ビアンキの Dura-Ace を調整することにしました。

結果は上々。

うまくいきましたよ。

われながら,少しばかり腕が上がりましたね。


もっとも,それは,KTM さんに実地で教えてもらったことと,自分で回数をこなしたことだと思っています。

説明書やマニュアル本だけでは,勘所を身につけることができませんでした。

プロが書くと,「こんなことは当然」ということを書かないのです。

これは致し方ないこと。

「素人は何がわかっていないか」 が,玄人にはわかりにくいのです。

とりあえず,上手くできずに苦労していたときと,何がちがったのかを書書き残しておこうと思います。



(1) ワークスタンド

 バイクをある程度高い位置に保持できるスタンドは有効です。

 それは,RD が見やすい位置にあることが重要だからです。

 しゃがんだときに,目の前に見える高さなら十分です。

140220_6.jpg


(2) ライト

 ぼくは,基本的に土日以外は夜しか作業ができないので,明るさが重要です。
 
 RD とスプロケ周辺がよく見えるように,保持する高さだけでなく,明るさを確保してあげることで,調整がきちんとできるようになるのです。もちろん,作業もはかどります。

 とくに,つぎの(3)の作業で,明るさが物を言います。

 懐中電灯で照らすだけでも大きくちがいます。電気スタンドがあればもっといいですね。

140220_2.jpg


(3) RD 可動範囲の確定

 これは,KTM さんに教えてもらって初めてはっきりわかったことですが,RD に 「ここから,ここまでの範囲で動いてね」 と両端をきっちり決めてあげる作業です。

 黄色のネジでトップ側,ロー側,両端の位置を決めます。

 これがきちんとできていれば,あとは機械の方で何とかしてくれるのです。

 言い方を変えれば,この基本がきちんとできていないと,この後の作業がうまくいかず,ややこしいところに迷い込むのです。(何度これをやったことか…) 

140220_3.jpg


この調整については,ぼくが説明するよりも,KTM さんの説明を見てもらった方がいいでしょう。

★ フロントディレイラーの調整

★ リアディレイラーの調整



このあと,ぼくが自分で 「勘所」 だと思ったことを,もう少し書きます。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト
  • Comment:8
  • Trackback:0

Comments 8

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/20 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

調整がうまくいくと気分がイイですよね。自分はメンテ台を持っていないので、いつも床に這いつくばって位置を調整していますw

リキさんの勘所、気になりますね。悟りを開かれましたか!?

2014/02/20 (Thu) 21:41 | EDIT | REPLY |   

リキ  

You 様

Youさん こんばんは!

ありがとうございます。
直しました!

2014/02/20 (Thu) 21:58 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

いえいえ,そんなにたいしたことではないのですが,ぼくとしては,重要なことだったので。
今回の記事は,いつも失敗していたことをまとめたようなものです。

2014/02/20 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

昔のインデックスなしのWレバーのときは多少ずれていても自分の勘所で調節しながら載れた紋ですが、最近はインデックスがきちんと決まっているからずれるとずれたまま移動するんですよね~。

でも、裏を返せばそれだけ機械精度が上がっているわけですから決めるところを決めてあげれば手間要らずになりますので気持ち良いですね。

明かりはヘッドライトを併用すると両手が使えて便利ですよ。

2014/02/21 (Fri) 07:28 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんにちは。
暗いと見ずらいのよくわかります。
若い頃は何でみえないんだ?って思ってましたが今は思い知らされてますσ(^_^;)
ディレーラーの調整、参考になります_φ(・_・

2014/02/21 (Fri) 15:47 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shigarakiyaki 様

ヘッドライト,なるほどです。
そういう使い方もあるのですね。
一つ買っておこうかな。
災害など,いざというときにも役立ちますよね。

2014/02/21 (Fri) 18:22 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

はい。
実は,明るくしなければ見えないというのは,歳をとったからです(笑)
若いときは,細かいものも,よく見えたんですけどね。
トホホ…。

2014/02/21 (Fri) 18:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply