バッハのシャコンヌ と ジャージ



先週の土日は,まったく走らず。


土曜日は,娘が孫を連れて遊びに来ました。

その前の土日は遊び倒したので,こんどは家にいてマゴの相手をしないとダメです。相当まずいです。

もちろん,いやいや相手をするわけではありません。

かわいいですから。

お口に大きなリンゴが入っています。

140119_1.jpg

最近は,「ジイチャン」と言えるようになりました。

これは,かなりうれしい。

夜には,「だれとお風呂に入る?」 と娘が聞いたら,マゴが 「ジイチャン!」 と答えました。

もう,これは,天にも昇るほどうれしい!

おっと,天に昇るのはまだ早い。




日曜日は,午前中少し走りに行こうかと思いました。

陽ざしも暖かいし,いいお天気。

でも,外へ出たら,あまりに風が強いので,やめよっかな~,となりました。



お昼からは,みちくんとみっちゃまが,ちょっとした用事で家まで来てくれました。

その用事は,これ。

140119_2.jpg

ジャージをデザインしてくれたんです。

以前,バッハの楽譜を使ったジャージができたらいいなと話したら,同じくバッハ好きなみちくんが,それならと,デザインしてくれました。

一番好きなのはもちろんモーツァルトだけれど,モーツァルトの自筆譜よりも,バッハの自筆譜の方が圧倒的にきれいで,芸術的です。

そして,バッハの音楽の方がヒルクライムに似合います。

使った楽譜は,バッハの音楽の中で一番好きな 『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』 から,パルティータ第2番ニ短調の終曲, 「シャコンヌ」 です。

ヴァイオリン1本だけで奏でられる壮大な宇宙。

「世界最高峰の音楽」と言う人もいます。

ぼくも,そう思います。

他に類を見ない孤高の存在。

ゆえに,ヒルクライムに似合うと思うのです。

みんなで楽しく登るときには必要ありません。

自分一人で,自分と向き合うときの音楽です。

(ちょっと大げさですね…)


「シャコンヌ」というのは,一つの音楽形式です。

ふつう,ピアノの左手は低音と和音を担当し,右手はメロディーを受け持ちます。

シャコンヌという形式は,左手の低音部分だけを,一つのパターンに固定してしまう音楽です。

4小節を一つのパターンとするなら,この4小節を最初から最後まで延々とくり返します。

しかし,その上に乗せる和音や,メロディーは刻々と変化させていくのです。


ちょうど,ロードバイクを走らせるときには,延々とクランクを回し続けるように,シャコンヌの低音フレーズは延々とくり返されます。

クランクは同じところをぐるぐる回るのに,景色は刻々と変化していきます。

シャコンヌの音楽も,刻々と変化していきます。

同じ低音フレーズの上に乗っているとは,にわかに信じられないような,豊かな色彩,さまざまなスピード感,情感が展開していくのです。

同じレンガをさまざまに積み重ねていくことで,壮大な伽藍が建造されるかのような音楽です。



ロードバイクにバッハのシャコンヌ。

何とすばらしいコラボレーション。

140119_3.jpg

胸の部分には,この曲の最後の盛り上がり部分の楽譜。

「クラマーズ・ハイ」 「ヒルズ・クライム」 の文字。

マニアにしかわからない,完全な自己満足の世界です(笑)

変態呼ばわりされても文句の言えない世界です(笑)

だけど,最高!



みちくん,ありがとう!

できあがりが楽しみです!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 22

masa  

タイトル

リキさん こんばんは。

本当に可愛らしいお孫さんですねー

モーツァルトは聞いた事ありませんが、バッハは映画の挿入歌でトッカータとフーガニ短調(だったかな?)で聞いてた事があります。今度リキさんのお勧めのシャコンヌを聞いてみたいとおもいます。

ショップから仮組が出来たのでサイズ合わせに来てほしい、と連絡があって今日、サイズ合わせに行って来ました。もうすぐ納車です。楽しみだ~ヽ(^o^)丿

2014/01/20 (Mon) 20:47 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

ききました・・・凡人には理解できません(^^;;低音部がわかりません~!
でも、リズムを刻むのには良さそうですね。

2014/01/20 (Mon) 21:02 | EDIT | REPLY |   

リキ  

masa 様

masa さん こんばんは。

ありがとうございます。

シャコンヌはマニアックな曲ですから,オススメというわけには行かないかも知れませんので,あしからず(笑)

いよいよですね~。自分のバイクでもないのに,ワクワクしてしまいます。
ブログをされているなら,写真を見せてもらいたいところですね。

2014/01/20 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shigarakiyaki様

低音部がわからない…,これ,正解です!
仮想低音部として,実際の音として書かれていない(演奏されていない)ところがほとんどなんです。
すばらしい耳をお持ちですよ~。

マニアックな曲です。けっして聞きやすいものではありませんよね。

2014/01/20 (Mon) 21:13 | EDIT | REPLY |   

suzuki  

タイトル

rikiさん、こんばんは。

とても素敵なジャージですね。
色もBianchiとANCHORに合っていて、バイクとのコーディネートもバッチリじゃないですか!

ここまで自分の好きな図柄を自由にデザインして楽しんでも許されるスポーツウェアって、サイクルジャージぐらいではないでしょうか?
ホント、自転車の楽しみ方ってディープですよね。でも、そこが面白い!!
私にもデザインのセンスがあったらなぁ…。

2014/01/20 (Mon) 21:17 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

もうrikiさんの頭の中はヒルクライムでいっぱいのようですね。専用ジャージまで作ってしまうなんて。僕はまったく音楽には疎いので・・おバカな僕のために平地専用、平地で盛り上がる曲がありましたら教えてください(・∀・)

2014/01/20 (Mon) 21:27 | EDIT | REPLY |   

リキ  

suzuki様

suzukiさん、こんばんは。

ありがとうございます!
デザインしてくれたみちくんのおかげです。
バイクの色まで考えてデザインしてくれたみたいです。
ぼくも,この趣味がここまでディープな世界を持っているとは思いませんでした。
実におもしろいです。

2014/01/20 (Mon) 21:57 | EDIT | REPLY |   

おたみぃ〜る・ぽえん  

タイトル

rikiさん、こんばんは。

昨日は有り難うございました。
シャコンヌをyoutubeで聴きまくりましたが、
弾き手によって、本当変わる曲ですよね。
凄く好きな曲になりました。

仮想低音部だったとは、、、納得です。
仮想低音の奏法はよく考えたら、Yngwieがバッハのクラシックギターの曲を
エレキに編曲する時にもよく使ってるんです。
youtubeではイヴリー・ギトリスさんが弾かれているプレイが
独特で何気に気に入ってます。あのお年で現役ってのがシブイです!

rikiさんのお家で聴かせていただいた、あのレコードバージョンの
ヴァイオリニストはどなただったのでしょうか?
また色々、音楽の話も教えてもらえると嬉しいです!

2014/01/20 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike 様

ぼくのお願いとしてはバッハの楽譜を入れることだけだったのですが,これをヒルクライムジャージにしたのは誰かというと…(笑)。
でも,山ばっかりいっているわけですから,やっぱりこれはうれしいことです。

平地専用の曲ですか。
どんな曲にもメロディーのアップダウンがありますからね。
そんな曲はありませ…,

あ,お経なんてどうですか。
メロディーのアップダウンがほとんどない上に,木魚のリズムで気持ちよくペダリングできます。
おまけに昇天できそうです(笑)

2014/01/20 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おたみぃ〜る・ぽえん様

こんばんは!

こちらこそわざわざありがとうございました!
ギトリスは若い頃から形にとらわれない演奏が得意でしたね。
型破りで粋な英国紳士です。

うちで聞いてもらった演奏は,ベルギーのヴァイオリニスト,アルテュール・グリュミオーのものです。
徹底して美しい音を追究する人でした。大好きなんです。

音楽の話まで広がると,ますますカフェは楽しい時間になりそうです。

2014/01/20 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

タイトル

マゴザウルスちゃんが 赤ちゃんから少女への扉を…^_−☆
ヒトって…素晴らしいですね!

バッハジャージ 素敵です!*\(^o^)/*
私も欲しいくらい!
肩か 胸か 背中か…さり気なく「rikl」の文字は ?☆〜(ゝ。∂)

2014/01/20 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おねえさん様

少女というには,まだあまりにも赤ちゃんですが,ほんとうの赤ちゃんのころにくらべたら,ずいぶん大きくなったなあと思います。
そして,貪欲にまわりのものを吸収していく力は,見ていて感心します。
まだまだ,この子に負けないくらい新しいものを学び,力を伸ばしていきたいと思う今日この頃です。

ジャージ,ぼくのデザインではありませんが,ほめてもらえてうれしいです!
riki の文字はちょっと恥ずかしい気もしますが,そういえば丸臨ジャージは名前入りでしたね。

2014/01/20 (Mon) 23:29 | EDIT | REPLY |   

きっち  

こんなサイトはご存知ですか?

こんばんは、バッハジャージ、素敵ですね。
そうですか、3%の坂はダウンヒルだったんですね(笑)

ところで、ご存知かもしれませんが、
「クラシック音楽の青空文庫」をうたう、こんなサイトがあります。
http://www.yung.jp/index.php
著作権が切れた過去の音源を集めているサイトです。
隠れた名演やら、隠れてない名演やら、いろいろあるので、
ご存じなければ一度ご訪問をどうぞ。

シャコンヌ、聞いてみましたが、
「修行」というか「苦行」なイメージでした(笑)

2014/01/21 (Tue) 00:29 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。
孫ザウルスちゃん、どんどん成長していますね^ ^
じいちゃんなんて言われると骨抜きになっちゃいますね。

ジャージ、カッコいいですね。
rikiさんによく似合いそうです^o^

2014/01/21 (Tue) 00:59 | EDIT | REPLY |   

リキ  

きっち様

サイトの紹介,ありがとうございました。
ゆっくり見ていると膨大な時間を使いそうで怖いです(笑)

たしかに,苦行のイメージがあるかもしれませんね。
聞いているときは,ぜんぜんそんなつもりはなく,楽しんで聞いています。

2014/01/21 (Tue) 07:37 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

ありがとうございます。
これが似合うようなかっこいいローディーにあこがれますが,現実には,なかなか颯爽とロードバイクを乗りこなす姿にはほど遠い状態で…(笑)

2014/01/21 (Tue) 07:40 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

バッハのシャコンヌいいですね!

ちょっと地味かもしれませんが、クラシックギターで奏でるシャコンヌも好きです!

2014/01/21 (Tue) 14:24 | EDIT | REPLY |   

リキ  

モリゾー様

ギターもいいですよね。
昔,ギターを弾いていたころ,アンドレス・セゴビアというギタリストの弾くシャコンヌが大好きでした。
ヴァイオリンよりもずっと落ち着いた味わいになります。

2014/01/21 (Tue) 18:11 | EDIT | REPLY |   

masa  

タイトル

リキさん こんばんは。

今 シャコンヌを聞きながらコメントしています。いいですね~一人で峠を登る時にはうってつけの曲だと思います。

ブログは始めはやろうかと思いましたが、パソコンが苦手なので諦めました。

2012年型のモビスターのPINARELLOです。フレームが半額以下だったので、かみさんに無理をお願いして決めました。

2014/01/21 (Tue) 19:58 | EDIT | REPLY |   

リキ  

masa 様

masa さん こんばんは。

「いいですね」と言ってもらえるだけでも,うれしいです。
ぼくの作品じゃないですけど(笑)

今週末には初乗りですか?
楽しみですね!

2014/01/21 (Tue) 20:10 | EDIT | REPLY |   

メソ  

バッハジャージ(O_O)

ひょえー(笑)
rikiさん、なんかすごいことになってますね(笑)
いや、でもジャージ素敵です!
ほんとにクラシックに造詣が深いrikiさんが
着るに相応しいジャージですよ(^ ^)

ぼくもシャコンヌは精神のドラマを感じさせる
究極の音楽だと思います(*^^*)

マゴザウルス癒されますね(^.^)

2014/01/23 (Thu) 12:40 | EDIT | REPLY |   

リキ  

Re: バッハジャージ(O_O)  メソ様

ありがとうございます。

バッハを聴きながら,ヒルクライムをするという類いまれなる発想を教えてくれたメソさんのおかげです!
そして,お友達のみち君が,すばらしいデザインにしてくれたおかげです。
ぼくは,「こんなのできたらいいな~」って言っただけでして(笑)

2014/01/23 (Thu) 15:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply