大晦日 榛名山ヒルクライム 後編



この記事は,大晦日に榛名山ヒルクライムコースを走ったときのものです。



さて,榛名神社コースのゴールからは,真っ直ぐ登ると榛名神社の中へ入っていく道です。
両側には,休憩所やお土産屋さんが立ち並んでいます。
しかし,激坂。

ヒルクライムコースは,ここで大きく左折です。

いよいよこのコースの最終局面,榛名湖への登りです。

140107_16.jpg

はい,これも激坂ですね。

このコースでもっとも斜度のキツイ部分がいきなり現れます。

ぐりんぐりんと回って登ります。

140107_17.jpg

途中で工事中のところがあり,片側通行になっていて,信号がありました。

この斜度で停車!? マジかよ~,勘弁してくれ~!

と,横を見ると,工事車両が出入りする平らに近いスペースがあったので,そこへ入りこんで,なんとか再スタートできました。

日陰の登りに入ると,周辺は一気に雪山の様相を呈しました。

140107_18.jpg

それでも道には雪がまったくなかったので,登り続けます。

道に雪が積もっているようだったら,すぐに引き返すつもりです。

雪に囲まれた薄暗い谷間を登っていると,聞こえるものは自分の息づかいと,バイクが奏でるわずかな音だけ。

孤独ですが,ちょっと気持ちがいい。

内省的な時間です。

「無心」という境地がどんなものか知りませんが,それに近づいていたかも知れません。

生きていることを実感する,なんて大げさですが,そんな楽しさも感じます。



樹林帯を抜け,青空が見えてきました。

140107_19.jpg

これは,ピークが近い証拠です。

しかし,斜度は緩くならない!

140107_20.jpg

残り,0.5km!

140107_21.jpg

ホントに残り 0.5km ?

もう,かなりヤバイ状態です。

コーナーのイン側はきつすぎるので,大回り。

対向車も後ろからの車も来るなよ~。

幸い,ほとんど自動車は来ません。

0.5km って,こんなに長かった~?

道の脇にそそり立つ岩が 「男ならがんばってみせろ!」 と応援しています。

140107_22.jpg

岩の見た目と名前,おまけにしめ縄! 体はキツイのに,クスッと笑う。
しめ縄,おもしろすぎ!
まだ笑う余裕があった!
そして,写真撮る余裕も残っている(笑)

よしっ,がんばる!

とうとう,ピークに到着!

140107_23.jpg

看板の「記録計測終了」 という文字が,もの足りません。

「ヤッター! ゴール!」 とか,
「お疲れ様~,着いたよ!」 とか,

もっと気持ちのこもった看板にしてくれないかなぁ。



さて,このカーブを右に回り込むと,ヤッター! 榛名湖が見えました!

これが見たくて,登ってきたんだ!

でも,足もとを見て ドッキリ…。

榛名湖まで 300m ほどの下りがあるのですが,ここは日陰になっていて,路面には踏み固められた雪とおぼしきものが見えます。

路面全体が黒いのですが,何とか見える細い轍は,かろうじて露出しているアスファルト面に見えたので,そこを慎重にたどりました。

ここまできて,湖畔に下りられないのは悔しすぎますからね。

反対車線も同じように,細くアスファルト面が見えているので,帰りも登れるでしょう。


湖畔は,銀世界でした。

140107_24.jpg

よく見ると,湖も凍結しています。

榛名富士と呼ばれる形のいい山が,凍った湖面に映ってきれいでした。

遠くの眺望はありませんが,榛名湖周辺の景色は,雪と相まって美しいものでした。

140107_25.jpg

寒さも尋常ではありません。

道路もほとんどの部分が真っ白です。

かろうじて,店の前などに路面が少し見える程度。

とてもロードバイクで走れる状態ではありません。

湖畔一周は即中止。
元来た道を帰るしかありません。

でも,せっかくだから,何枚も写真を撮りました。

140107_00.jpg

雪の中のロードバイクなんて,なかなか撮れませんからね。


写真を撮っているだけでも,体がじんじんと冷えてきます。

さあ,もどるか。

あれ,クリートがはまらない。

雪がつまったかな。

すると,店の方から,「お兄さん,休んでいかない」 と声をかけられました。

お兄さんと呼ばれちゃ,素直に従わないわけにはいきません。


店の中を歩くと,どうもなんかおかしい。

シューズの裏を見ると…

140107_26.jpg

これじゃ,クリートはまらないね。

わりばしを一本もらって,取ろうとしましたが,全然取れない!
ストーブで少し温めさせてもらって,やっと雪をかき取ることができました。

温かいおでんを食べて,下山します。

140107_27.jpg


このあとは,16km のダウンヒルです。

もう,寒い,寒い。

しかし,このコースは,路面が非常にきれいなので,安心して下れます。

もちろん,スピードは出しませんよ。

街中まで下りてきたときには,さすがにホッとしました。

やっぱり,一人のライドは緊張しますね。



次は,suzuki さんとリベンジライドでここへ来たいと思います。

そのときには,水沢うどんも味わって,頭文字Dの話も聞いて,楽しい一日を過ごしたいですね。

suzuki さん,よろしくね!

そして,誘ってくれてありがとうございました!

遠く離れたところにお友だちができてうれしいです!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 12

ひろ@bike  

タイトル

ヒエエ~ よくこんな場所をお一人で登られましたね! 僕ならすぐコタツの中へ行きますよ。でもrikiさんを待っていたのは素晴らしい景色と美味しい?おでん。盆休みは宇都宮までどうぞ (・∀・)ニヤニヤ

2014/01/09 (Thu) 21:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike 様

ご提案ありがとうございます。
宇都宮,けっこう本気で考えようとしてます!

2014/01/09 (Thu) 22:01 | EDIT | REPLY |   

みっちゃま  

タイトル

rikiさん こんばんは〜♪

あと◯kmとゴールまでのカウントダウンの表示があるのは、上ってる側としては、うれしいですねっ。
ただ、あと0.5kmとあっても、斜度がキツイと、永遠と続く上りにみえたりしちゃう時あるんですよね〜(笑)

湖に鏡の様にに映ってる山がとってもキレイです。
実物はもっと感動的なのでしょう。

あぁ・・・ローラーはもぉ飽きました(泣)
坂がのぼりたーーいデス!!

2014/01/09 (Thu) 22:03 | EDIT | REPLY |   

リキ  

みっちゃま様

みっちゃまさん こんばんは〜♪

登り切った満足感と寒さと相まって,感動的でしたよ。別世界!

ローラーは飽きるよね。やっぱり実走の楽しさには敵いません。
ローラーは爽快感が無いからな~。意欲を保つのが難しいです。

2014/01/09 (Thu) 22:57 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。
景色は綺麗ですが、激坂…そして、一人…僕ならめげるかも^_^;
それにしても、雪景色にロードバイクってミスマッチがまた、いい感じですね❗️

2014/01/09 (Thu) 23:11 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

う~ん
見ているだけでも
寒いですw

おでんくんが沁みますw

2014/01/10 (Fri) 00:37 | EDIT | REPLY |   

masa  

rikiさん おはようございます。

山道気持ちよさそうですね。登りきった時の充実感はたまらないでしょう。
ただ、最後の看板は素っ気ないでしたね。
それにしてもいい環境 ~

ヒルクライムは挑戦したいので、走り込みたいと思います。

2014/01/10 (Fri) 07:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん,おはようございます。

一人でも,残り何kmの看板に助けられました。
一人で走るのも,意外に楽しいかもと思ったりしましたけどね。
仲間と走るときとはちがう楽しみ方もあるみたいです。

2014/01/10 (Fri) 07:39 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

付いたときは体がホカホカでしたが,あっという間に冷えてきました。
見た目の薄いおでんでしたが,おいしかったですよ。
店から出たときには,何でこんなところに一人でいるんだとの自問自答(笑)

2014/01/10 (Fri) 07:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

masa 様

masaさん おはようございます。

山は気持ちがいいです。
山の空気が大好きです。
山へ行くにはどうしても坂を登らなければなりません。
ぜひ,一緒に行きましょうね。

2014/01/10 (Fri) 07:44 | EDIT | REPLY |   

suzuki  

タイトル

rikiさん、おはようございます。

お友達認定、ありがとうございます!
こちらこそ、よろしくお願いいたします!!
次にいらっしゃるのは、お盆の時期ですよね。休みが重なるといいなぁ。

しめ縄が巻かれていた岩ですけど、意外に短…おっと、女性も読んでるブログだったσ(^_^;)
でも、そう思いませんでした?

2014/01/10 (Fri) 07:48 | EDIT | REPLY |   

リキ  

suzuki様

suzukiさん、おはようございます。

けがを押して,遠くから来てくれたんですから,もう大切なお友達ですよ!

たしかに短いけど,太さがスゴ…おっと,危ない!
もう,ぼくの品性が疑われるから,やめてくださいよ(笑)

2014/01/10 (Fri) 10:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply