妙義山を走る



この記事は,12月29日のことを書いたものです。

家内の実家へ帰省するのに,ロードバイクを持っていくことにしました。

帰省先で乗り回そうという計画です。


家内の実家が,群馬県高崎市にあります。
高崎は,周囲を山に囲まれています。

有名なのは,「上毛三山」 と呼ばれる,赤城山,榛名山,妙義山です。

このうち,赤城山だけは少し離れているので,今回刃の帰省では,榛名山と妙義山に登ることにしました。

そして,ありがたいことに,夏に帰省したとき,ブログにコメントをいただいた,群馬県のサイクリスト Mさんが,案内をして下さることになりました。

もう,行く前からうれしくてうれしくて。


さて,当地は朝夕の冷え込みがきびしいので,ゆっくり目の9時にスタートです。

Mさんは,ぼくとほぼ同年代の方。

はじめまして。

140104_01.jpg

Mさんの愛車はコルナゴ。デュラのC35チューブラーのホイールです。
かっこいい!

山を回り込んで,安中へ入ります。

140104_02.jpg

信号の向こうに見えるのが,今日登るギザギザの山,妙義山です。

少し遠回りをして,景色のいい道に案内してくれました。

両側は広大な畑,前方に妙義山と,雪をかぶった浅間山です。
すばらしい!

140104_03.jpg

ちょっとバイクを止めて記念撮影。

140104_04.jpg

いいところです。
その上,最高の天気に恵まれました。

さあ,ここからは,ヒルクライムの始まりです。

140104_05.jpg

ギザギザが近くなってくると,少しずつ斜度が上がり,Mさんの後ろ姿が,だんだん小さくなります。

140104_06.jpg

まって~。

登坂速度が全然ちがいます!

そして,道の駅に着きました。

140104_07.jpg

でも,お店は開いてませんでした…。
なんで~?

仕方なく,出発。

さらに登ります。

「裾野は長し赤城山」と上毛カルタに歌われる赤城山が雪をかぶっていました。

どこまでもきれいな景色が続きます。
最高!

140104_08.jpg

でも,坂はきつい。

また,後ろ姿が小さくなる(笑)

140104_09.jpg

どんどん小さくなる…。

140104_0910.jpg

そして,見えなくなった…。

140104_11.jpg

独特のギザギザ形が見事です。

駐車場のある,中之嶽神社前に到着。

140104_12.jpg

群馬というと,なんといっても上州のからっ風が有名ですが,この日は風も穏やか,お日様も出ていて青空。

それでも,肌にぴりりと来る,乾いた冬の空気感は,独特です。

ここにくらべたら,愛知の冬はもう少し優しいです。


さて,この日のきびしい登りはここまで。

下仁田へのダウンヒルです。

140104_13.jpg

下りはMさんに着いていけました。

下仁田の街道へ出てからも,Mさんは35km/h以上で牽いてくれますので,休めません(笑)

着いた先は,下仁田駅近くの食堂。

140104_14.jpg

カツ丼がうまいということで,下調べして下さっていました!

残念ながら,店の名前わからず(笑)

2枚の大きなカツがどんぶりからはみ出していました。(写真なしでスミマセン)

もちろん,食べながら,いろいろとお話を伺いました。


Mさんのロードバイク歴は,大学のサイクリング部からだそうで,昨年からはブルベにも熱心に参加されているそうです。

年季の入り方がちがいます。

同年代の方で,桁違いに早い方も全国にいらっしゃるわけですね。

励みになります!

気になっていた渋峠の話を聞いたり,Mさんオススメの二度上峠のことを聞いたりしました。

碓氷峠の旧道もいい道だそうです。

次に帰省したときも楽しめそうです。



たっぷりとおなかを満たしたあとは,富岡へ向かいます。


案内してくれたのは,ブロガーへの配慮があふれるところでした。

それは,貫前(ぬきさき)神社。

その神社の参道。

140104_15.jpg

「自転車で行くかどうか,見て決めましょうか」と,Mさんが意味不明のことを言っておられたのですが…。

これだったんですね。

激坂です。(写真はあとから撮りました)

「ハイ,行きますね~」と軽い言葉でMさんがひょいと曲がります。

ぼくも,「ハイ~」と,答えたものの,この激坂です。


しかし,ぼくもこの1年で鍛えられてますからね。

一瞬で,自分の身に起こったことを理解し,即座にギアを落としましたよ。

われながら,えらい! ね,すごいでしょ,ほめて下さい。

そして,がんばって登りました。

ぼくが登り切ったのを見て,Mさんは心の中でこう言ったはずです。

「むむ,登りおったか…。それなら,これでどうだ!」

実は,写真の坂のピークと,その上にうっすら見える鳥居の間に階段があります。

この階段と同じ斜度の,さらなる激坂が階段の左側にあるのです。

これはすごかったです。

かろうじて読めたガーミンの表示は23%!

ここをMさんはシッティングで登っていきます!

ぼくはダンシングなのに,バイクが止まりそう。

止まったらこけるしかありません,死ぬ気で登るしかない!

そして,ここも何とかクリア!

Mさん,すばらしいブログネタ提供,ありがとうございます!

物腰やわらかな紳士であるMさんですが,まちがいなく自転車乗りでした(笑)




激坂をロードバイクで登ったあとは,クリートの着いた靴で激坂を下ります(笑)

140104_16.jpg

群馬の神社本殿は,カラフルなところが多いんです。

140104_17.jpg

富岡からの帰り道も,妙義山が見えています。

140104_18.jpg

この日は,一日ありがとうございました。

ブログを書いていてよかったと,つくづく思いました。

初対面の方と待ち合わせをして,こんな楽しいライドがいっしょにできるなんて,夢のようです。

しかも,細かくコースをひいて,ライドの計画を立てて下さっていました。

そして,風もなく,鮮やかな青空と澄んだ空気!

本当に,感謝,感謝です。

Mさん,ありがとうございました!

次の機会があったら,ぜひ,またお願いします。!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

Comments 14

KOU  

rikiさん、こんばんは。
いい景色、いい天気…そして、登り三昧❗️変態のrikiさんには最高のライドでしたね^_^
全国には色んなところがあって世界がどんどん広がりますね^ ^

2014/01/04 (Sat) 23:59 | EDIT | REPLY |   

Mです。  

ありがとうございました

リキさん

妙義山サイクリングをすばらしいブログにしていただき
ありがとうございました。
また、楽しいサイクリングをありがとうございました。
なお、食堂は、下仁田町のきよしやさんでした。

また、機会があればご希望の方面へご案内させて
いただきます。(29日は、最高の天気でした。)

群馬の冬は、爆風(北風)で自転車に乗ることが億劫になる季節。
リキさんが群馬に滞在している期間は、とても良い天気でした。
また、良い天気とともに 群馬に来てください。

Mより。

2014/01/05 (Sun) 00:50 | EDIT | REPLY |   

Nshima  

タイトル

はじめまして。

ランキングから立ち寄らせていただきました。
Nshimaといいます。

すごい壮大な自然ですね。
そして、どうなんでしょう。
想像するに、すごい距離は知ってそうな。。
慣れてる人にとっては、大したことがないかもしれませんが。

それは、カツ丼もうまかったでしょう!
写真が見たかったw

私も、脱サラして時間ができるので、
運動も兼ねて、昔から好きだった海に行きたいと思います。
冬は、無理ですねw


そんな私が、後輩にせがまれてブログを立ち上げました。

リーダーであるには、という感じで、
潜在意識、あり方、コミュニケーションなど、仕事をする上で
身につけるべき普遍的な事柄を、大手企業でリーダーとう立場で
実践した内容とともに掲載しています。

http://atunaka02.blog.fc2.com/

何かの参考になればと思います!

って、これ、宣伝ですね。
すみません。
おじゃましました。

2014/01/05 (Sun) 08:38 | EDIT | REPLY |   

shiga  

あういう山を見るとHCではなくCLIMBしたくなるのは・・・性ですね。

ドンドン坂成分が強くなってきましたね。
私も負けないようにロングライドと坂成分を多くします・・・SR600;^_^A

2014/01/05 (Sun) 09:28 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

ふだん走らない地域というのは,空気感が全然ちがうのでとても新鮮です。
世界が広がるという感覚がとても好きです。

2014/01/05 (Sun) 09:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

Nshima様

お立ち寄りいただき,ありがとうございます。
ブログがんばって下さい。

2014/01/05 (Sun) 09:44 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shigarakiyaki 様

600! 200以上は,まだ見ぬ世界です。

妙義山は,道路のすぐ横から登山道が何本も山側へ延びていますが,さらりと「上級者コース」と書いてあったりします。そうとう険しい岩登りが続くそうで,危険なところは,入山禁止になってしまったようです。

2014/01/05 (Sun) 09:47 | EDIT | REPLY |   

リキ  

群馬のサイクリスト M様

妙義山ライド,本当にありがとうございました。
榛名山にも行きましたが,いろんな山が美しく見えるという点では,妙義山周辺の道にはかないませんね。
安中から磯部,松井田周辺の道はすばらしいです。

また,太平洋側の好天をつれて群馬へ行きますので,その折はよろしくお願いします!

2014/01/05 (Sun) 09:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/05 (Sun) 09:54 | EDIT | REPLY |   

リキ  

こちらこそ

コメントありがとうございます。

それは楽しみですね。
納車されるまでのドキドキと,納車されてからのワクワクは,もう,すばらしいものですよ。
ご一緒できる日を楽しみにしております。

2014/01/05 (Sun) 10:14 | EDIT | REPLY |   

こー  

タイトル

rikiさん
あけましておめでとうございます。

年末年始タップリ満喫のご様子で!
バイクが一緒なら毎年の帰省も楽しみですね

前記事…「冷たさの中でこそ」
すばらしいです。あの締めの言葉を胸に秘め
僕の2014は締めたいと思いますw
こんな感じですが今年もよろしくお願いします(笑)

2014/01/05 (Sun) 15:00 | EDIT | REPLY |   

リキ  

こー様

こーさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

ところで,こーさん,もう2014を締めるの?

2014/01/05 (Sun) 21:35 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

こんばんは!

rikiさんと同年代の方でパワフルな走りをされるんですね!僕ももっとがんばらなきゃって気持ちだけは持ってますw 今日はお会いできなかったですね…残念。

2014/01/05 (Sun) 21:39 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike 様

こんばんは!

お目にかかれず,残念です。
急に仕事が入ってしまって,早々にshigarakiyaki邸を離れました。
またの機会に!

2014/01/05 (Sun) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply