みなさんのおかげで計画が進みます



前回の記事に,パーツの規格にいろいろあって難しいよ~,と泣きを入れたら,たくさんの方々からアドバイスと応援をいただきました。

本当にありがとうございます!

感謝感激です!
うれしいです!

あたらめて,ぼくのロードバイク人生は,たくさんの人に支えられていると感じています。



いろいろと教えてもらったところによると,ぼくが買ってきたコラムの上のフタ,ヘッドキャップは,スターファングルナット(写真左)というやっかいなものだったようです。

131205_03.jpg

軽くて価格が安いのですが,一度はめたら,取り外しはかなり難しい(ほぼ不可能という説もある)ものらしいです。

星形に広がっている部分が,コラムの内側に引っかかって,逆方向には動かなくなる仕組みのようです。

だから,入れてみようと思った時,簡単に入らなかったのですね。

プレッシャーアンカーなるもの(写真右)だと,多少値段が高くて,重いけれど,取り外しは簡単なようです。

こちらは,ねじを締めると,中の円柱形の部品がふくらんで,固定される仕組みのようです。

さあ,どうしようかな。



また,クロモリはコラムのサイズが1インチのものが多いようで,ぼくの入手したアンカーのフレームも1インチです。

しかし,最近では1-1/8インチサイズが主流になっているため,ステムやスペーサーも1インチのものは少ないようです。

しかし,これにもスペーサーをかませれば,1-1/8インチサイズのステムでも使えると教えてもらいました。

131205_02.jpg

これも「スペーサー」というと,ステムの高さ位置を調節するスペーサーと紛らわしいので,「カラー」と呼ぶ場合もあるようですね。

これで,お借りする予定のハンドルやコラムを使えそうです!
うれしい!

こうして,一つ一つのことがわかってくるのもおもしろいです。



ところで,このカラーの長さが探した中で一番長かったのは,38mm。

フレームに着いている鉄製のコラムは長さが85mmくらいあるので,2本使って,スペーサーもつかってと,いろいろややこしい組み合わせで,ステムを装着することになりそうです。


あれこれ考えて,迷って,教えてもらって作っていくのも楽しみの一つですね。

さあ,その前に,仕事をさっさと片づけなきゃ!

131205_01.jpg

今日の夕方は,金星と三日月のランデヴーでした。

絵になる組み合わせです。

しばらく見とれていました。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 10

shigarakiyaki  

タイトル

お疲れ様です。

なかなか大変そうですね。
でも、試行錯誤しているのが楽しいですよね~!

カラーの件ですがカラーはステムだけでスペーサはインチを使えばいいんじゃないですか?それとも、ずり落ちちゃいます?

2013/12/05 (Thu) 20:18 | EDIT | REPLY |   

 riki  

shigarakiyaki様

ありがとうございます!
なるほど,そういう手もありますか!

あれこれいろいろ試してみて,かっこよく,きっちり決まるところを探します。
まだ,具体的に全然動いてないのですが,ホントにおもしろそうでワクワクします!

2013/12/05 (Thu) 20:35 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

こんばんは!

コラムの問題は解決しそうですね。あと調査が必要なのはBBの規格とシェル幅ぐらいでしょうかね~。

いろいろ問題が出てくると、焦ったりしますがそれもまた楽しいですね!

2013/12/05 (Thu) 21:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/05 (Thu) 21:58 | EDIT | REPLY |   

 riki  

ひろ@bike 様

こんばんは!

おお,また新たな問題?
さっそく,BBの規格が手持ちのものと合うかどうか見てきます。
もう,いろんなドキドキがいっぱいです(笑)

2013/12/05 (Thu) 21:58 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

一人で悩んでいるよりずっと早く問題が解決していきますね^ ^
頼もしい仲間が沢山いて心強いですね❗️こうやって輪が広がっていくんですね〜。

2013/12/05 (Thu) 22:55 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU様

もう、みなさんが助けてくれるので、ほんとにありがたいです。
これだけでも、フレームを買って良かったと思うほどです。
KOUさんにも、ブログとフレームをお勧めします!(笑)

2013/12/05 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   

suzuki  

タイトル

rikiさん、こんんちは。

先日のsennmu様のコメントについて、私も、20年前とは違うのかどうかに興味を持ったので、馴染みのショップ(アンカーショップです)に自分の用事のついでに聞いてみました。

ざっくり説明すると、「タップ立て」は、BBシェルにBBをねじ込むためのメスネジの溝を切るor切ってあるネジ山を更に整えることで、「面取り」は、BBシェルのBB軸に対する直角度を高めるために、シェルの両端を削って整える作業です。どちらも、きちんと作業されていないとクランクの回転精度に影響します。

結論から言うとアンカーのフレームに関しては、そのどちらも必要ないとのことです。出荷時点で保証できる精度になっているそうです。
特に、面取りは塗装を剥がしてしまうことになるので、クロモリフレームには本当に良くないから止めてくれ、とのこと。
タップ立ても、BBを入れる前に溝のゴミ等をきちんと取ってから作業してもらえば、普通は大丈夫だそうです。どうしても入らなければ、フレームだけの状態でショップに持ち込んだほうが、工賃は安く済みます。

ジャイアントやメリダのような台湾ブランドも、購入者が面取りやタップ立てをやったら保証は効かなくなる、としているようですね。

以上、私が聞いた範囲ですが、お知らせしておきます。
長文、大変失礼致しました。m(_ _)m

2013/12/06 (Fri) 15:27 | EDIT | REPLY |   

 riki  

suzuki様

詳しい解説,ありがとうございます!
なんとなく,わかりました。
そういうこともユーザーがしなければならない時代があったんですね。
日本製品は,そのあたりの精度がきちんとしていそうで,安心です。

コメント欄にいただいた様々な知識を,まとめて記事として公開させていただいたら,役立つ記事になりそうです。ブログには,そういう使命もあると思うので,後日まとめようかと思います。

2013/12/06 (Fri) 17:14 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/06 (Fri) 23:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply