池田山に登ったよ! 下りもキツイ編





さてさて,池田山ライド,前回からの続きです。

燃えるようなモミジを左右に見て,ひたすら登りました。

131117_15.jpg

これ,同じところをぐるぐるしてるんじゃないのかと思うほど,同じようなカーブの連続でした。



そして,突然,建物や看板が見えてきました。

ここがゴール?

登りの途中で一人のローディーに軽々と抜かれましたが,その方が立っておられたので,「ここがゴールですか」と聞くと,「はいそうです」と教えてくれました。

ついでに,少しお話しさせてもらいました。

なんでも,ぼくの着ていた二之瀬ジャージから,「途中で抜いた女性は,みっちゃまか?」と思ったそうです。

みっちゃまのブログをご存知だったようです。

131117_17.jpg

この方,バイクはコルナゴ。ハンドルネームは COLにっし~さんだそうです。

syu さんは,池田山を35分,COLにっし~さんは40分だそうです。

まあまあ,速いこと!

ちなみにぼくは,60分かかりました!

60分間坂を登り続けたのは新記録かな? いや,片知はもっと時間がかかったかな?

いずれにしても,われながらよくやりますね。

ちなみに,途中で写真を撮るために3回ほど引き返したことは,60分もかかった言い訳になるので言わないでおこう(笑)


みっちゃまたちを待つ間,COLにっし~さんに,こちらに行くと景色がいいですよと連れて行ってもらいました。

すばらしい!

131117_18.jpg

この山は,裾野が長いタイプではなく,平地からいきなり稜線が立ち上がるタイプの山のようで,崖がすっぱりと切れ落ちて平地につながっています。

道理で上りの勾配がきついわけだ。

眼下の町が航空写真のように見えます。

見下ろしているのは,揖斐川と根尾川が作った扇状地ですね。



こういう景色を見ていると,登ってきてよかったとしみじみ思います。

ぼくがよく峠道を登るのは,まず,道そのものが好きだからです。

それは,傾斜のある道が好きなのではなくて,山に入っていく雰囲気が好きなのです。

とくに,林道のような,森の中を抜ける道が好きです。

杉林も悪くないですが,やはり自然のままの雑木林や,自然のままな針葉樹林が好きです。

もうひとつは,何と言っても,登らなければ見えてこない景色です。

この二つの魅力があるかぎり,キツイ登りも楽しめるのです。

くり返しますが,勾配のある道そのものが好きなわけではありませんっ!



そうこうしているうちに,みっちゃまもご主人とともに到着。

131117_19.jpg

みんなで,写真を撮ったり,景色を楽しみました。

131117_21.jpg

「山頂はもう少し上」と聞いていたので,せっかくだから行ってみることにしました。

syu さんが案内してくれます。

途中,道が舗装工事中で,ダートな区間もありましたが,乗ったままで行ける範囲でした。

工事中の方も優しい人が多く,挨拶してくれたり,パワーショベルを止めて,自転車が通りやすくしてくれたりしました。ありがとう!


山頂近くも,美しい紅葉が見られました。

131117_22.jpg

そして,山頂まで出ると,眼下の景色は見えませんが,北西側が開けてきました。

伊吹山も望めます。

131117_23.jpg

伊吹山ヒルクライムにも,参加してみたいですね。



さて,登りもきつかったのですが,この池田山は,下りもかなりたいへんです。

まず,勾配がきついですから,ブレーキをゆるめるわけにはいきません。

ブレーキをにぎる手がきつくなってきます。

そこへ下り後半は,あのガタガタ舗装が再登場。

ブレーキかけなきゃならないわ,ある程度しっかりとハンドルを握らないと路面の凹凸にハンドル取られるわ,逆に握りすぎると盛大な振動で腕をやられるわ…。

もう,どうしたらいいんだぁ! って,叫びたくなります。





道の駅に着いたときには,相当疲れていました。

131117_26.jpg
     (かわったバイクスタンド)



さて,ここからは,谷汲山へのライドに切り替わります。

揖斐茶がこのあたりは有名だそうですが,茶畑の中,けっこうなアップダウンのある道を走ります。

131118_01.jpg

目的地の谷汲山華厳寺(たにぐみさん けごんじ)は,桜と紅葉の名所として知られるところです。

そして,ぼくの大好物,田楽が有名なところでもあります。

池田山を登った後ですが,田楽のためなら多少走ってもいいか,という心持ちです。

本当は峠を越えてこちらへ向かう予定でしたが,みっちゃまご主人が峠道ではなく,平地主体の道へとまちがえてくれたので,助かりました。

131118_04.jpg

谷汲山に着き,縁日のような賑やかな参道を歩きます。

131118_07.jpg

入った店の田楽は,とびきりうまくはありませんでしたが,十分おいしくいただきました。

131118_06.jpg

ぼくは,神社でも寺でも,手を合わせることのない不信心者ですが,寺社仏閣の雰囲気は好きです。

131118_08.jpg

古い参道の雰囲気もすばらしいし,紅葉も見事でした。

131118_09.jpg

ぼくは,てっきり,ここへ来るのは初めてだと思っていたのですが,どうやら,小さいころに来たことがあるようです。

「かいだん めぐり 入り口」 と書いてある札を見たとたん,お寺の中の暗いところをずっと母に手を引かれて歩いた記憶がフラッシュバックしました。

131118_10.jpg

多分,ここに違いありません。

久しぶりに母の手の感触を思い出しました。

131118_14.jpg

そう,お寺とか神社というのは,ぼくにとってありがたい場所でも,神聖な場所でもなく,なつかしい場所なのです。

そして,心のおだやかさを感じる空間なのです。だから,好きなんでしょう。

131118_11.jpg

初めて行くお寺でも,なんとなく懐かしさや癒やしを感じます。
日本人の血が流れているということでしょうか。



帰り道は,もう疲れがたまってきていたので,またまた,みっちゃまご主人が,アップダウンの少ない道へとコースをまちがえてくれて,助かりました。

131118_12.jpg

そして,最後はおまけの足湯。

何もしゃべらずに,ボーッとつかっていました。

131118_13.jpg
  (男二人の足でスミマセン)




池田山,登りの下りもきつかったけれど,今回も楽しいライドでした。

また,桜の季節か,新緑の季節にでも登ってみようかな。

131117_25.jpg


syu さん,みっちゃま夫妻,ありがとう!

またね!








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 18

みっちゃま  

タイトル

rikiさん こんばんは〜♪

えぇ〜!!あの池田山の傾斜で、3回も引き返してたのですかぁ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
新緑の季節の池田山の景色は、今回見たのとは違う、またキレイ景色が見れそうですねっ。
その時は、予定してた2つの峠も、上りたいですっ( ´艸`)
ぜひ、来年の池田山も、ご一緒させてくださいませっ(≧▽≦)

あとは、鈴鹿スカイラインを閉鎖前に行けたらいいですねっ( ´艸`)

2013/11/21 (Thu) 18:58 | EDIT | REPLY |   

Toy  

タイトル

池田山は20年前に彼女と夜景を見に行きましたね。もちろん車です。
SHOROsの主要メンバーも上ったようですので、ボクも来年ひっそりと上ってみます。
谷汲山もいいですね。今年は寄れなかったので、これまた来年、薄墨桜を見にいくついでに行ってみようと思います。

2013/11/21 (Thu) 19:10 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

3回のうち1回は,足を着いて写真を撮ったのはないしょです(笑)

桜,新緑の季節にも行ってみたいですね。
鈴鹿も計画してくれる?
ヨロシクね!

2013/11/21 (Thu) 19:33 | EDIT | REPLY |   

riki  

Toy 様

おお,Toy さんの若き日の思い出ですね!

来年,ひっそり行くときには,いっしょに行きましょうか(笑)
淡墨桜も見てみたいです!

2013/11/21 (Thu) 19:35 | EDIT | REPLY |   

デリオ  

タイトル

池田山お疲れ様でした。
登りもえらいけど下りでは僕も手が
痛くなりました。
池田山,片知渓谷はタイムは計ってはいけません。
死んじゃいますww

rikiさん写真撮るのうまいですね~!

2013/11/21 (Thu) 19:44 | EDIT | REPLY |   

riki  

デリオ様

ありがとう~!

しかし,デリちゃん,あの山をよく一人で登りましたね。
登りはキツイし,あっちこっちに,クマ注意って書いてあって,不安でしたよ。

タイムは二之瀬の1.5倍と聞いていましたが,みごとに2倍でした!

2013/11/21 (Thu) 20:02 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

こんばんは!

坂そのものが好きでない・・なるほど安心しました。しかし僕はまだ半信半疑です。坂を3回も引き返すなんて怪しいです。

やはりrikiさんは・・ってそんなことどうでも良くなるほど美しい写真と引き込まれる文章です(*´∀`)

今度から僕もご褒美のために登るって切り替えて挑戦します (≧ω≦)ゞ

2013/11/21 (Thu) 20:37 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

まあ,ローディーの言葉ですから,信用できませんよね(笑)

引き返すと言っても,「あ,今のところよかったな,写真撮ろうかな~。よし,もどろう」って感じですから,何百メートルももどったわけではありません。

ご褒美のない坂は嫌いです。

2013/11/21 (Thu) 22:15 | EDIT | REPLY |   

suzuki  

タイトル

rikiさん、こんばんは。

ご褒美のためとはいえ60分も坂を上り続けられるのですから、rikiさんは十分立派なヒルクライマーだと思います。大丈夫です(何が?)。

紅葉の色が濃くなってきていますよね。
今日行った風張峠も、赤と黄色がとても鮮やかでした。
秋の深まりを感じます。

久々のロングを走ったら足がぁぁぁ~。
今夜、足攣っちゃうかも…。(T_T)

2013/11/21 (Thu) 23:21 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

まさに日本の秋を満喫ですね❗️
やっぱり、素晴らしい景色は仲間と走るから楽しめるんでしょうね。
一人だと登るの精一杯で楽しむ余裕がないんですよねσ(^_^;)
って、僕だけか…

2013/11/22 (Fri) 00:10 | EDIT | REPLY |   

riki  

suzuki様

大丈夫ですと太鼓判,ありがとうございます(何が? 笑)

風張峠って,なんかかっこいい名前ですね。
名前のいい峠はあこがれます。
きっといいところなんだろうな~。

2013/11/22 (Fri) 07:55 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

仲間といけるから楽しめることもありますが,長い峠はみんなばらばらになってくるので,一人で登ることも多いですね。そういうときは,やっぱり,景色だったり,ふだん考えないようなこと考えてたり,妄想に耽ったり,歌を歌ったり,いろんな楽しみ方をしています。

苦しさは,なにをやってもさほど変わりません(笑)

2013/11/22 (Fri) 07:59 | EDIT | REPLY |   

the_32o  

タイトル

谷汲山の紅葉もきれいですね~!

久しぶりに池田山に行きたくなりました!
冬季閉鎖される前に行っておなねば (^ω^;)

池田山の道は上から順番に舗装を直してきてましたので、そのうち下の方も綺麗にしてくれるだろうと期待しています。
気持ちよく下りたいですよねw

2013/11/22 (Fri) 10:17 | EDIT | REPLY |   

rr  

rikiさんこんにちは

池田山も良さそうですね^ ^
ただ、よく知らなかったんですがかなりキツそうですね>_<

伊吹山アナウンスありましたね^ ^

2013/11/22 (Fri) 15:54 | EDIT | REPLY |   

riki  

rr 様

きついけれど,楽しいところでした。
季節ごとにちがう表情を見せてくれるでしょうね。
夏はやめておいた方が無難かも知れません。

いよいよ伊吹山の募集スタートですか。
どうしようかな…。

2013/11/22 (Fri) 17:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

the_32o 様

上から順番だったんですね。
今は山頂付近をやっていますので,まだまだ先になるんでしょうね。

もっとも,いい道になると,車やバイクがふえるかも知れませんね。
いずれにしても,いいところだと思いました。

新緑の季節に,山頂でコーヒーなんかよさそうです(笑)

2013/11/22 (Fri) 18:00 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/25 (Mon) 14:41 | EDIT | REPLY |   

 riki  

Re: ブログ拝見

こんにちは!
おほめの言葉ありがとうございます。
また,ときどきお立ち寄りください。

2013/11/25 (Mon) 16:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply