天空の里へ 栗パフェライド (2)



おいしそうでしょ。 ね。

131109_41.jpg

これが,今回のメインごほうび,栗パフェです。

ここにたどり着くには,まだまだ数々の坂道を乗り越えなければなりません。

まだその時点では,栗パフェなるものがいかなものなのかは,わかりません。

それでも,きっと,とてつもなくうまいものにちがいないと信じて,ローディーたちは登るのです。



さて,前回からの続き。

ここまでも,けっこうな登りを乗り越えてきましたが,まだまだ壁が立ちはだかります。

まずは,潮見小学校への登りです。

131109_40.jpg

笑っちゃうような登りです。

300m ほどですが,平均勾配12%。

上に行くほどきつくなります。

こんな坂を毎日小学生が登ってくるのですね。
さぞかし,足腰が鍛えられることでしょう。

131109_17.jpg

最初は,こんなところにある学校は,廃校なのではと思いましたが,りっぱな現役校です。

そして,登ってきた坂の方を見ると…。

131109_16.jpg

はるか向こうにかすむ山並みと町。

これが,小学校の校庭からの眺めなのですから,すごいところです。

写真にはうまく撮れませんでしたが,名古屋駅のツインタワーも見えました。
その向こうに,伊勢湾が見えることがあるそうです。

あ,そうか。 だから,「潮見」小学校なんですね。

かすかに,あの三国山も見えました。

こういうところで,知っている山が見えるのはうれしいですね。


ここからは,山間のアップダウンが続きます。

131109_18.jpg

それもまた楽し。

みんなの走りも急にいきいきとしてきた感じです。

131109_19.jpg

下ったところのT字路には,燃えるような色の木が一本。
見事でした。

杉林の中に入ります。

登りが苦手だという KOU さんの顔に笑みが浮かんでいますよ。

131109_20.jpg

少し開けたところに出てきました。

131109_21.jpg

天空の里 飯地高原 とありますが,はて,普通の山里に思えますが…。

もう少し走ると,ここはけっこう高いところなのだとわかります。

131109_22.jpg

遙か向こうには,下の方に山並みが続いており,左手の崖沿いに道が続いています。

崖下を見下ろすと,眼下には木曽川が流れていました。

ここはまさに「天空の里」です。



ここからは,6km におよぶ,長い下りです。

ぼくは,ひそかにチャンスをうかがっていました。

下りで,matz さんの後ろを走ってみたかったのです。

matz さんは,登りだけでなく,下りもめっぽう速い人です。

この日は,多分,matz さんにしては,ゆっくり下っていたのか,何とか着いていけたので,じっくり観察させてもらいました。


どれくらいのカーブでどれくらい減速するのか,しないのか。

どんなラインで曲がっていくのか。

ぴったり後をトレースして走りました。

無理はしないように気をつけました。

栗パフェもおいしかったけれど,この下りの方が刺激的でした。

ぼくにとって,今回のライドでの白眉は,このダウンヒルです。


matz さんの下りは,とても安定していました。

カーブのきついところでは,安全な速度まできっちり減速していると思いました。

そして,インやアウトによりすぎない,安全なラインが選択されていました。

それでいて,かなり思い切ってバイクを倒し,けっこうな速度できれいに曲がっていくのです。

すっごく,楽しかったです。



しかし!

下りでスピードの出し過ぎは危険です!!

「危険と紙一重」というところまで行ってしまわないように,安全のマージンを確保しつつ,ダウンヒルを楽しみたいものです。


さて,楽しい下りは,あっという間に終わってしまいます。

木曽川沿いまで下りてきました。

131109_23.jpg

こんな山間でも,木曽川は豊かな水をたたえています。

しばらくは平地を走り,大井ダムに出ました。

131109_25.jpg

ロードバイクに乗るようになって,いくつものダムを見てきましたが,このダムは周囲の岩のせいか,独特の景観がおもしろいです。



ここから,しばらく川沿いを走ると,恵那の町に出ます。

やっと,栗パフェに会えますね。

131109_27.jpg

恵那寿や (えなすや)です。

ずいぶん大きなお店に見えますが,ほとんどが工場のスペースのようで,店舗スペースはごくわずかでした。

131109_29.jpg

テープルも栗の形。

温かいほうじ茶が出てくるのもいいですね。


お味はというと,栗がそれほど主張しないのに,栗をたっぷり楽しめるパフェでした。

生クリームはなく,アイスクリームに栗を小さく砕いたものがかかっていて,周辺には,さいころ型の紅茶ゼリー。

栗きんとんはかなり濃厚に栗を感じますが,このパフェは淡い栗の風味でした。

何とも言えず,上品。

食べていくと,下の方から栗がゴロゴロ出てきて,最後の盛り上がりを作ってくれます。

全体に,あっさりとしたスイーツに仕上げられているので,気持ちよくおなかに収まりました。

大満足の一品。

さすが,matz さんですね。

恵那に出かけられた際には,ぜひ。

(もうあと少しだけ つづく)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

Comments 17

rr  

rikiさんこんばんは

下りはみなさん早くて天空の里からの下りは完全に千切れてしまいました(^_^;)
路面も悪くて怖かったです(;´Д`A

でもご褒美の栗パフェ美味しかったですね〜( ´ ▽ ` )

2013/11/11 (Mon) 22:50 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

いや~んrikiさん、
もっと褒めてw

僕の代わりの食レポ
的確な表現で
ありがとうございました。

また食べたくなりましたw

2013/11/12 (Tue) 00:40 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。
栗パフェ、美味しかったですね^ ^
それまでの上りの苦しさが吹っ飛んじゃいましたよ。
前半は上りでも笑ってたんですね…
自分では意識してませんでしたσ^_^;

2013/11/12 (Tue) 00:46 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

おはようございます。

栗パフェおいしそうですね~。
景色もいいし、気温もいいし、美味しいし・・・最高の時期ですね。

大井ダム・・・ブルベのときクリームパン食べながら落車したところです。(笑)

2013/11/12 (Tue) 05:42 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、おはようございます!

いろんな方と一緒に走り、いろんな方の走りを吸収して、どこまで行かれちゃうんですか!


栗パフェを食べられた*恵那寿や、馬籠の栗きんとん食べまくりライドの帰りに中津川から恵那に入る時ありました。・・・・・・(;一_一)【知ってたら絶対食べてたのに、ザンネン!】

2013/11/12 (Tue) 06:58 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

おはようございます!

こういう林道大好きです!スイーツのご褒美もいいですが、良い景色とおいしい空気はもっと好きです(*´∀`*)

下りは上手い人の後を走るといかに自分がチグハグな運転をしてるか分かりますね。ブレーキの掛け方・バイクの倒し方・・。路面が濡れていたり砂・砂利が浮いているとビビりまくりです(>_<)

2013/11/12 (Tue) 07:36 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

おはようございます!

こういう林道大好きです!スイーツのご褒美もいいですが、良い景色とおいしい空気はもっと好きです(*´∀`*)

下りは上手い人の後を走るといかに自分がチグハグな運転をしてるか分かりますね。ブレーキの掛け方・バイクの倒し方・・。路面が濡れていたり砂・砂利が浮いているとビビりまくりです(>_<)

2013/11/12 (Tue) 07:36 | EDIT | REPLY |   

みっちゃま  

タイトル

rikiさん こんにちは〜♪

潮見小学校へのあの坂は、ホントキツかったです(>_<)
あまりの勾配に、ヘラヘラ笑いながら上っちゃってました(笑)

そして、「天空の里」のあの景色はすばらしかったですねっ。
まさに頑張って上った「ごほうび」でしたっ。

天空の里からの下りは気持ちよかったですねっ。
私は、rikiさんの後ろを下ってたのですが、すぐrikiさんの姿が見えなくなってましたっ。
そんな私も、飛ばしすぎてあの後、旦那さんにちょこっと怒られてましたσ(^_^;)

私のサイコンでは、MAXスピード60km/h超えだったのですよぉ。
rikiさん、何キロまで出てたのでしょぉ??

2013/11/12 (Tue) 13:30 | EDIT | REPLY |   

riki  

rr 様

あの下りは楽しかったです。
車も全く来ませんでしたね。
いい道でした。

しかし,rrさん,登りが速い!

2013/11/12 (Tue) 18:42 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

ハイ,了解です。
ほめますよ~。

次は登りの速さをほめようかな。

おっと,着いていけないから,ほめるポイントが見えない…(笑)

2013/11/12 (Tue) 18:44 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

そうですよ。
けっこう,いろんなところで笑いながら登っていましたよ。
余裕が生まれてきた証拠ですね。
もう次からは,どんな坂でも大丈夫!

2013/11/12 (Tue) 18:46 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

クリームパン食べながら落車ですか。
その場面を想像して,思わず笑ってしまいました。
クリームパンは大丈夫だったんでしょうか。

KTM さんがイラストにしたところまで想像してしまいました(笑)

2013/11/12 (Tue) 18:49 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャッブリン様

いえいえ,どこにも行きません。
私はひたすらおとなしく走るだけです。
チャップリンさんのように,バビューンと視界から消えるような走りはできません(笑)

2013/11/12 (Tue) 18:50 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

ひろさんとは趣味が合いますね。
林道大好きです。
薄暗いようなところはとくに好みです。
そこから抜けたところにいい景色があったら最高ですよね!
ぼくもおいしいものが好きですが,おいしい空気の方がもっと好きです!

2013/11/12 (Tue) 18:55 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

笑いながら登ると,きつさが少し忘れられるので,いいですよね。

みっちゃま,60km ですかぁ。ぼくは,危ないので,そんなに出しませんよぉ(笑)
ご主人に叱られるとは,愛されてますね~。

2013/11/12 (Tue) 19:01 | EDIT | REPLY |   

Nao  

タイトル

下りでmatzさん、rikiさんの両名がかっ飛ばして
どんんどん見えなくなるのには、とてもついて行けませんでした。

自分は下りが楽しくなると、きっとメチャメチャむらっけがある
走りをするのだと思っています。きっちり安全のマージンを確保したり
ライン取りするところまで、とても気がまわりません。
更にこける悪いイメージも持たないので、よけい危ないような。

速く、上手く走れる大人のライディングを身につけたいです。

2013/11/12 (Tue) 23:51 | EDIT | REPLY |   

お名前  

Nao 様

「下りは遅いくらいでちょうどいい」とさる方から教えられました。
平地でもそうですが,速さが気持ちよくなりすぎると,知らない間に危険がすぐとなりに来ていたりするので,用心に越したことはないですね。

いつも安全を第一にするのが「大人のライディング」かもしれません。

2013/11/13 (Wed) 07:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply