ロードバイクとの出会い その2

(2012年9月のこと)
ロードバイクを買った!
もううれしくてたまらない。
早く乗りたい!

しかし,ロードバイクを買うということは,いくつもの試練の連続でした。

まず,ペダルが着いていない。「え~? ペダルが着いていないってどういうことだ!」という疑問から出発です。調べるうちに,ビンディングペダルなるものの存在を知り,そこからペダル選びがはじまりました。本格的なビンディングペダルは,靴底に着くクリートという器具のせいで,「ペンギンのような歩き方」になるという記述があちこちにありました。「ペンギンのような歩き方ってどんな歩き方だ?」という疑問がわいてきましたが,とりあえず「ふつうの歩き方がしたい」という気持ちを優先させ,クリートが靴底からはみ出ないタイプのものにすることを決めました。「4面キャッチができる」といううたい文句も気に入り,クランクブラザーズのエッグビーター(泡立て器!)というペダルにしました。

130103エッグ



次なる試練は置き場です。「軽いからかんたんに持ち去られる」との情報で,家の中におくことに。家人から「家の中って,どこにおくの?」と言われ,「たしかに自転車を家の中におくところなどない…」と困惑。そこで,縦置き型のスタンドを購入して,廊下に置くことになりました。

130103縦置き
(ハンドルに家内の帽子が掛けられている…)


そして最大の難関が「乗る」ということ。

いきなりビンディングは怖かったので,ふつうのスニーカーで乗りました。こんなペダルによく乗れるなと思う方もいるかも知れませんが,これは意外にいけます。

そんなことより怖いのがサドルの高さです。販売店で「これくらいですよ」と決めてもらったのですが,くらくらするような高さです。足が着かない。どうやって乗り始めるの? どうやって止まるの? 本で乗り降りの仕方を勉強し,あとは練習しました。ようするに,少しこぎ始めてからおしりをサドルにポンと載せるわけですが,慣れるのに2~3日かかりました。

こぎ始めてからも怖いのです。ハンドルがふらつくのです。ゆっくりだとまっすぐ運転できません。歩道のはしの車止めのボールのあいだをすり抜けることができません。情けない…。

少し慣れると,こんどは,首の痛みでした。前傾姿勢になれないせいか,少し乗るだけで首の後ろが痛くなるのです。

とんでもないものを買ってしまった ── とは思いませんでした。ぐいっとこぐとすっと前に出るその感覚,スイスイと加速していく快感,風を切るような気持ちよさ ── やっぱり,買ってよかった!

次なる難関は,やはりビンディングペダルでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

瀬戸の住人  

明けまして、寒いですね~

昨年中はお世話になりました、本年も宜しくです

それにしても寒いですね~、正月以降、初乗りの気持ちになってきません。
皆さんのブログを拝見していると、夫々頑張っておられるようなので、私も
明日(5日)は思い切ってーー、と考えてますが、北風がピュンピュン吹い
ている様だと、どうしようかな?

独立したサイクルブログ、楽しみにしております。

P/S(私は立ちゴケが怖いので未だにスニーカーです)

2013/01/04 (Fri) 19:48 | EDIT | REPLY |   

riki  

タイトル

>瀬戸の住人さま
ブログコメント第1号,ありがとうございます。

少し日が高くなるとどんどん風が強くなってくるような気がします。
風にむかって走るのはつらいですよね。

また,ときどきお立ち寄りください。

2013/01/04 (Fri) 20:51 | EDIT | REPLY |   

ayu  

タイトル

こんばんは~
素敵な自転車ブログになりましたね。引き続き、楽しませて頂きます。

自分もロードバイク買って直ぐの頃、「前傾がきつい」、「ハンドルが遠い」とブログに書いていましたよ。いまでも疲れてくると、そうなんですけどね(笑)

2013/01/04 (Fri) 21:15 | EDIT | REPLY |   

riki  

ayuさま

コメントありがとうございます。
まずは,買ったばかりの頃のことをまとめて書いておこうと思っています。
みなさんのブログの最初の頃の記事を読むのがけっこう好きです。

2013/01/04 (Fri) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply