雨の日に乗る危うさを考える

秋になると,夕焼けがきれいになります。

今週の月曜日も美しい夕焼けでした。

もう少し秋が深まると,さらに夕焼けの色は美しくなっていきます。

夕暮れ時,暗くなった青空は群青色へと深みを増していきます。

同時に,地平線辺りに夕焼けの浅い橙色が差し始め,その色もだんだんと樺色,赤色,そして赤紫色と,深い色へ変化していきます。

刻々と移りゆく,両者の織りなすグラデーション。

場所は住宅街なのに,絶景を見ている気分にさせてくれます。

2階の窓を開け,きりりとした空気を肌に感じながら,そんな様子をながめるのは,秋の夕方の楽しみの一つです。

131020_10.jpg



さて,日曜日に走った渥美半島ぐる輪では,落車して左半身の所々に擦り傷と打撲を負ってしまいました。

日常生活にも支障はありませんが,痛いです。

腰の打ち身は,赤から紫へと,日に日に夕焼けのような色の変化を見せています(笑)

もちろん,美しいものではありません(笑)



前置きはここまでにして,今回のことで学習した(懲りた)ことを書いておこうと思います。

要するに雨の日の危険についてです。


日曜日,ぼくが転んだときの状況は,以下のとおりです(たぶん)。

7人列車の4~5番目くらいを走行していた。前の方で落とし物をした人がいて,そのため,トレインの速度が急速に低下し,車間距離が次々と詰まっていった。もともと前走者との間隔が 1m くらいしかなかったために,ハスって(前走者の後輪と,自分の前輪が重なるようにぶつかって)しまい,バランスを失って左側へ転倒。

反省点として,

● 雨の日には,急制動が効かないので,車間を開けて走るべし。
● 雨の日は,注意力が低下しがちなので,前方の安全確認を怠らざるべし。
● 雨の日は,出走自体を慎重に検討すべし。




いくつか考えたことも書きとめます。


(1)制動力の変化

自転車のブレーキは,ブレーキパッドとリム面のまさつ力,および,タイヤと路面のまさつ力によって制動が効く
仕組みになっています。

しかし,両者の間に水が入りこむと,まさつ力に変化が生じます。

たとえば,小雨で,リムとパッドの接触面にまばらに極小の水滴が付くような場合には,水の粘性抵抗でかえって制動力が増します。

手のひらが多少しめっていると,すべりにくくなるのと同じです。

こういう濡れ方をしたときには,ふだん以上に制動が効くので,ブレーキを強くかけすぎると後輪が浮いて危険な体制になる可能性があります。


逆に,雨量が増えると,接触面全体が水でコーティングされるようになります。リムに水の膜が着くようなイメージです。

そういう場合には,水の粘性抵抗がほとんどなくなるので,まさつ力が大きく低下し,制動が効かなくなります。

アイススケートで,靴の刃が,氷表面の水の膜の上をなめらかにすべっていくのと同じです。

ブレーキパッドとリムの間だけにかぎらず,タイヤと路面の間にも水の膜ができますから,これもブレーキが効かなくなる原因になります。

当然,制動距離が伸びて,追突やオーバーラン,アンダーステア(カーブで大きくふくらむこと)の危険性が高まります。

雨の日は,雨の降り具合によって,ブレーキの効き具合の変化を予想し,操作は慎重に,速度の出し過ぎに注意という,ごく自然な結論になるんでしょうね。



(2)寒い

雨に濡れるだけでも体は冷えてきます。

それで走るのですから,風を受けて,体表面の水分は強制的に気化していきます。気化するときには,高い運動エネルギーを持った水分子から蒸発していきますから,体表に残るのは,低い運動エネルギーを持った分子たちばかり。結果的に,体表面の水分の運動エネルギーの総和が低くなり,温度が下がります。

要するに,濡れた体で走ればさらに寒くなるということです。

寒くなれば,思考力,判断力が低下してきます。

これは当然危ない。


ところで,体温の低い状態を脱出しようと,ローディーが取る行動はどんなことでしょう。

そう,やたら高いケイデンスでクランクを回したり,ガシガシ踏んで速度を上げたりすることで,運動量を増やし,生成される熱量を増やそうとするのです。

雨の日に速度を上げれば,これまた危険も増す,という帰結です。



(3)見えなくなる

雨降りは,ローディーの集中力を奪います。

集中力を奪う具体的な状況を,思いつくままに書いてみます。

・ 雨が顔にパチパチ当たるとなんともうっとうしい。
・ アイウェアが雨粒で見えにくくなる。
・ キャップのつばからぽたぽたと雨粒が垂れてくるのが気になる。
・ 前走者の跳ね上げる水滴が気になる。
・ 口の中がジャリジャリするので,つばを吐きたくなる。
・ 水たまりを避けるルートを選ぶため,視線が下に落ちてしまいがち。
・ 「何でこんな日に自転車に乗っているんだ」とよぶんな自問自答をする。
・ 雨が降ったのは誰のせいだ,と犯人捜しをしたくなる(笑)
・ ゴールしたあとは,どこの風呂へ行こうかと考える。

などなど,お天気のいいときには気にならない,さまざまな情報が脳に入ってきて,それを処理するために,危険情報を察知できなくなる,もしくは危険の察知が遅れることになります。

つまり,気が散って危険を見落としてしまう,ということです。



しかし,ここまで書いてきて,まあ,なんと理屈っぽい文章(笑)
われながら,あきれますね。
もっと簡単に言えばいいのに。



【結 論】

雨の日は,

(1)速度とブレーキ操作に注意する
(2)寒さで体力,思考力,判断力を奪われていることを意識する
(3)気が散りやすいので状況判断に集中する



「はじめから簡単に書けよ」 とお叱りの方もクリックしていただけたらうれしいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

あれ? このフレーズ,どこかで見たような…。
ayu さん,ごめんなさい。つい出てしまいました)

関連記事
スポンサーサイト

Comments 18

みっちゃま  

タイトル

rikiさん  こんばんは〜♪

rikiさんのブログのオープニングは、天声人語のようで、引き込まれました(≧▽≦)

(3)の「見えなくなる」は、思わず「あるある」って口にしちゃいました( ´艸`)
雨の日は、集中力が切れてしまう上に、ただただ前に進む事に必死になっちゃうんですよねっ。

来月の鈴鹿では、スコールが降りやすいと聞いたので、雨に降られちゃった時は、慎重に集中して走りたいと思います!!

2013/10/24 (Thu) 20:29 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんばんは!

写真!!!どうやって撮ったの???

兄が時々写真展を開いているのですが、こんな色・・・・・見たこと無い。
写真コンテストに出せるレベル!・・・(@_@)【スゴイ!】

雨だけでなく、風もそこそこ強かったので、いろんなものが飛ばされない様注意しますね。<(_ _)>

2013/10/24 (Thu) 20:55 | EDIT | REPLY |   

ayu  

当日、スタッフとして参加された”FOCUSの山田さん”曰く、「自分の判断基準は「楽しく走る」ことができるかどうか」だそうです。
確かに楽しく走れるのであれば雨の中でも注意力の低下も最小限で済むでしょうし、おそらくはリスクに対してスキルが上回っている状態でしょうから、理にかなった基準だなと思いました。
自分も、雨に限らず、走るかどうかの基準を確立せねばと思った次第です。

2013/10/24 (Thu) 21:16 | EDIT | REPLY |   

ポンポコたぬきのしがラッキ~!  

タイトル

こんばんは、

スズカ用の秘密兵器"塩化ビニール"の調整を終えて一息中のポンポコ狸です。

1.これは水切りと千鳥走りを使えばある程度回避できます。
水切りは一種のポンピングブレーキのようなもので一度ブレーキングすることでリム表面の水を切り再度ブレーキングして制動力を得ることです。2-3回しても良いですよ。
千鳥は前車の真後ろに着くのではなく左右どちらかにずらして付きます。
ドラフティング効果は落ちますが危険回避しやすいです。常に逃げる方向を考えておくと良いでしょう。

2.体温低下については、合羽ですが、雨除けと考えていられる方がいますがどうせ汗で濡れてしまいますので体温維持のために着るものと考えた方がいいです。
あまり蒸れ過ぎると気持ち悪いのでゴアテックスのような湿気を逃がす素材が良いです。

3.集中力の低下は・・・まっ!集中するということで。
走りなれるとあんまり気が散らなくなりますよ。

総括!!!!
好き好んで雨の日は乗らない方が良いでしょう。
ただ、マンホールスリップとか普段より運転がシビアになるので経験はした方がいいと思います。通り雨とかもありますので。

ぽんぽこタヌキの宅急便!でした。

2013/10/24 (Thu) 21:20 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

こんばんは!

私はクロスバイクで通勤していて、雨の日に乗ることはたびたびありますが、一番嫌なのが視界の悪さとブレーキの効き低下ですね。アイウェアには親水スプレーをかけて視界の確保をしています。ブレーキはもう・・本気でディスクブレーキが欲しいです。

とはいってもやはり健康やバイクのことを考えたら、雨の日に乗るもんじゃないと思います(^^ゞ ポンポコたぬきのしがラッキ~!さんのお話は集団走行で役立ちますね。ていうか、この方を知っている気がしますが気のせいでしょうか(;´∀`)

2013/10/24 (Thu) 22:14 | EDIT | REPLY |   

やん  

ついついクリックしてしまいました〜w
あと、雨の日はパンクのリスクも高まりますね。
なので貧乏な僕は基本雨の日は走りません(^^;;

2013/10/24 (Thu) 22:20 | EDIT | REPLY |   

maa  

こんばんは!
お怪我 お大事にしてくださいね。
雨天走行は2回しか経験がないのですが、視界が悪いのとよく滑ること、それから、車からの波のような水飛沫?…これはホントびっくり転ばなくて良かったです。雨の日はやっぱり危険ですね。
今さらですが、雨天走行後のホイールメンテをしていなかったので、ローテーションを兼ねて購入してから初めて(約11ヵ月)タイヤをはずしてみました。タイヤの内側にチューブがべっとり貼り付いてしまっていて、難儀しました。リヤは引っ張り過ぎたため、チューブが破れてしまいました。(T_T)
パンクしないのは有難いことですが、たまには状態を見てあげないといけませんね。(^_^;)

2013/10/24 (Thu) 22:46 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

タイトル

タイトル
ご存知の様に 私も落車(T ^ T) 雨上がりの濡れたマンホール…ほとんど止まりそうなスピードから 漕ぎ出した途端に 訳も分からず 空が見えました! 負荷がかかり空転したんですね>_<
大腿骨の付け根を打ちましたが、骨折はしていないと確認し、ブラケットが曲がった自転車をすぐにSHOPへ!右にコケたのでディレーラーが心配で!
結果 自転車は無事!(^^) でも、打ち身だけだったはずの腰が…(ーー;)
打ち身の痛みをかばって動くため 元々 障害のあった股関節に弊害が出てしまいました(T ^ T)
お年頃は 辛いです!>_<
腰を傷めた理由は 相手によって変えていますf^_^;)
自転車でコケた。 階段でコケた。(^_^;)
rikiさんも お大事にね! !!
つくづく 身体は一つしかない…って感じてます!
2013.10.24 23:07 | URL | おばさん #.LARi0hY [edit]

2013/10/24 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

みっちゃまさん,こんばんは♪

おほめの言葉ありがとうございます。

鈴鹿では,ぜったいに降らないでほしいと思っています。
ぼくが参加したイベントは2回中2回雨が降っています。
確率100%!
悪い噂が立ち始めていますから(笑)

2013/10/25 (Fri) 00:00 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは!

写真ですか。
興ざめになってしまいそうなので,ナイショ!

ぼくは,アイウェアが下がってくることが多いので,これも考えてみれば危険ですから,調整しなきゃと思っています。安全の妨げになる要素を,一つ一つつぶしていくことが大事ですね。

2013/10/25 (Fri) 00:03 | EDIT | REPLY |   

riki  

ayu 様

なるほどです。
経験を積むことで,自分の中に少しずつ基準ができていくのでしょうね。
そのためには,こうして少し痛い目をするのも貴重な材料になりそうです。

失敗したときは,「転んでもただでは起きない」,それくらい前向きに行こうと思います。

2013/10/25 (Fri) 00:06 | EDIT | REPLY |   

riki  

ポンポコたぬきのしがラッキ~!様

さすがですね。

あの,狸の置物,ふくらんだおなかの中には,こうした智恵が詰まっていたわけですね。
ありがとうございます!
一つ一つが勉強になります!

あの信楽焼の置物,急にほしくなりました(笑)
すげ笠じゃなくて,ゴッキーのホイールかぶって,来てくれないかな…。

2013/10/25 (Fri) 00:16 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

撥水スプレーでなく,親水スプレーですか。
それは知りませんでした。
勉強になります。

しがラッキー!さんは,初めてコメントを下さる方なので,どんな方かわかりませんが,ぜったいいい人だと思います。

ぼくも,まるで会ったことがあるかのような親近感を覚えました(笑)

2013/10/25 (Fri) 00:20 | EDIT | REPLY |   

riki  

やん様

そうそう。
書き忘れていましたが,ぐる輪のときは,パンクをしている方がとても多かったです。
明らかにリスクが高まるんだと感じた次第です。

つられてクリックしていただき,ありがとうございます(笑)

2013/10/25 (Fri) 00:22 | EDIT | REPLY |   

riki  

maa 様

前回のコメントでshigarakiyakiさんが指摘されたいた通りですね。
張り付いてしまうとは驚きです。

きちんとしたメンテは,知識も大切なんですね。

2013/10/25 (Fri) 00:23 | EDIT | REPLY |   

riki  

おねえさん様

年を取ると,治りが遅いです。

擦り傷は湿潤療法をしていますが,まだ半分くらいしか皮膚が再生していません。

打撲の方は,今が最盛期。紫色が美しく太もも側面を彩っています。

お互い,気をつけましょうね。

2013/10/25 (Fri) 00:26 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

雨の日に乗るのはやはり、リスクが伴いますので、乗らずに済むのなら乗らない方が良いんでしょうね…
仕方なく乗ることになった時はこの記事を参考にさせていただいて車間距離をあけて普段よりと慎重に乗りたいと思います(^_^;)

2013/10/25 (Fri) 00:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

迷うのは,イベントの時ですね。
申し込みをして,遠くまでせっかく来たのに,乗らずに帰るのはもったいないと思ってしまいます。

「勇気」というほどではないかもしれませんが,止めておく判断もできるようになろうと思います。

2013/10/25 (Fri) 08:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply