明王山 ~ 激坂とコーヒー


今日は,こでさんに誘われて,激坂で有名な明王山に行ってきました。

最近よくいっしょに走ってくれる,みっちゃま夫妻もいっしょです。

131014_00.jpg

ここ明王山は,SHORO's の仲間もけっこう登っています。

デリちゃんが なかさんから,「ここを足つきなしで登れたら入門を許可する」と言われ,2回目にして足つきなしで登れたという話を聞いたことがあります。

一人ではこんなところへ来られないので,自分の庭のようにここを走っている こでさんが案内してくださるのはまたとない機会です。

各務原にある山ですから,自走でも行ける範囲にあるところですが,出張明けでやや疲れ気味なので,県営各務原公園の駐車場までクルマで行きました。

ここから5分くらい坂を登っていくと,入り口のゲートに着きます。

131014_01.jpg

写真では伝わりにくいですが,「おおっ」と思わせる坂です。

131014_02.jpg

明るい雑木林の中を,いい気分で登っていきます。

ただし,こでさんが,「谷に落ちないでくださいね」と注意してくれたように,片側は切れ込んでいます。

道幅は 2m。落ち葉や枯れ枝,小石などが散らばっているので,ラインを慎重に選びます。

それでも,みんなで登っていると,気分がよく,いわゆる激坂の部類なのに,楽しい!

もちろん,心拍は上がりっぱなしです。

ちょっとした広いスペースがあったので,みっちゃまを待ちます。

迎えに行った,こでさんが登ってきました。

131014_03.jpg

余裕のピース。

みっちゃまもがんばって登ってきました。

131014_04.jpg

ここからは,さらに斜度が上がるそうです。

最大は22%とか…。

ムム…,たしかにすごい!

「こういう坂って,もう,笑うしかないよね」とみっちゃまと,笑いながら登りました。

しかし,そんなに甘いものじゃありません。

ダンシングをしていても,クランクの回転がゆっくりすぎると,止まりそうになってしまいます。

シッティングで行こうとして,一気に大きなトルクをかけると,一瞬フロントが浮きそうになり,冷や汗。

狭いので蛇行は不能。

2度目に現れた急斜面は,スピードをつけたダンシングで乗り越えました。
ゆっくりすぎると,止まりそうになるんです。
距離的に長くないので,これが有効でした。

下りが現れたので,頂上かなと思ってバイクを止めました。

131014_05.jpg

このあたりでは,この山がぽつんと高い位置にあるので,眺望がすばらしいです。

131014_07.jpg

360度までは行かず,270度くらいの展望。
みっちゃまご主人とすばらしい景色を楽しんでいると,後ろから来たこでさんが「そこは頂上じゃありませーん」(笑)

ということで,もう少し登ったところが頂上でした。

電波灯の階段を上り,施設の横をすり抜けていくと頂上です。
SPD-SL のクリートでは登りにくいです。

131014_12.jpg




さて,ここから,「明王山にようこそ」と,こでさんの,お・も・て・な・し。

喫茶「こで」の開店です。

131014_08.jpg

お湯を沸かして,

131014_09.jpg

本格的なドリップのコーヒー。

131014_10.jpg

最高のロケーション。

131014_11.jpg

コーヒーで乾杯。
(ベルギーワッフル付き!)

そして,楽しい語らい。

話題の中心は,みっちゃまがブログに描いたイラスト。

shigarakiyakiさん宅で開かれた自転車井戸端会議の参加者がイラストで描かれているのですが,ぼくは,その中のマウンテンバイクに乗ったトモロッチさんのイラストが忘れられません。最高です。

デザイナーをしているご主人によると,みっちゃまのイラストは「ものすごくうまくなった」そうです…。

上達の過程が見たかった(笑)

大笑いしながらの楽しい時間でした。

ふと北に目をやると,あの激坂,片知渓谷を擁する瓢ヶ岳の姿が!

131014_13.jpg

さすがに向こうは高いですね~。
よくあそこまで登ったよなと思います。

明王山からの下りは,怖いです。

ブレーキをかける手がしびれてきますし,かなり道が荒れているところがあるので,要注意です。

この後は,ぐるりと反時計回りにこのあたりを回って,反対側からこの山に登ってくるコースを走ることになりました。



木曽川沿いを東へ向かいます。

131014_14.jpg

途中から,お気楽なサイクリングロードに入ります。

131014_15.jpg

美濃太田へぬけて,中山道太田宿でちょっとひと休み。

131014_16.jpg

焼きたてパンのカフェをのぞいてみましたが,お休み。
連休中にお休み? 残念。

美濃加茂の道の駅「半布里の郷とみか」でお昼ご飯を食べたあとは,みっちゃまご主人がひいたルートで各務原に戻ります。

131014_17.jpg

広い田んぼの中や,地元道を縦横無尽に走る,みっちゃまご主人ならではのスリリングなルート設定。

これは内緒ですが,みっちゃまが「うちのだんな,ぜったい,迷ってます」と言っていました。

でも,こういうのんびりした道は大好きです。

車は来ないし,周りはすべて田んぼ。
こういう道こそ,自転車で走る醍醐味が感じられるというものです。

無事に,明王山がある迫間不動の山に戻ってきました。

裏側からのヒルクライムです。

131014_18.jpg

こちら側からの登りの方が,緑が豊かで気持ちのいい道です。

みっちゃまと二人でのんびり登ります。

山側の斜面は,岩肌が露出しているところが多く,味わいがあります。

その岩肌を見ると,かなり細かく劈開,風化していて,古くから開かれた道であることがわかります。

由緒ある霊山とのことですから,不動明王の祀られた神社への古い参道だったんでしょうね。

その雰囲気がたしかにあります。

ぼくは不信心者ですが,古くから人に大切にされてきた宗教や,それにまつわる神社仏閣,参道などは嫌いじゃありません。

日本人としての感覚が自分の中にたしかに息づいているのを感じることができます。

たかが,坂を登っているだけなのに,ちょっと大げさですね。

131014_19.jpg

この雰囲気あるトンネルがピークです。


ここを抜けると,迫間不動のあるところへ出ます。

昭和の香りが漂う,極楽茶屋。

131014_20.jpg

コーラやバヤリースがびん入りです! なつかしい。

売られているお菓子も,子どもの頃見たような昔の雰囲気をたたえたものがいっぱいです。

隣の骨董品屋さんも,おもしろいものがいっぱいです。

もっとおもしろいのが,これ。

131014_21.jpg

唖然とするような激坂。

裏明王山と呼ばれる坂道らしいです。

こんな坂,ロードで登れるの?

「じゃ,お目にかけましょう」と,こでさんが登って見せてくれました。

車道からかなりのいきおいをつけて進入しないと登れないそうです。

みっちゃまご主人も挑戦。

131014_22.jpg

ぼくとみっちゃまは,もちろん挑戦しませんでしたよ。

後ろ向きに転倒しそうで,命の危険を感じたからです。

このあと,車を止めた駐車場までもどり,解散。



楽しい一日でした。

こでさん,おもてなし,ありがとう!

いっしょに走ってくれたみっちゃま夫妻も,楽しいライドをありがとう!

またね!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 26

KOU  

rikiさん、こんばんは。

激坂三昧、しっかり満喫したようですね(^^)
SPDで激坂って立ちゴケしそうで怖いですね…
でも、展望台でコーヒー、いいですね。
しんどい思いしてからだから余計に美味いでしょうね。
こでさん、粋ですね❗️

2013/10/15 (Tue) 00:27 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

おはようございます!

昨日は迫間不動へお出かけになったのですね!二之瀬じゃなくてそちらへ行けばよかった。お会い出来たかも・・。各務原は自宅から近く、迫間不動へはよく行きます。

あの不動の展望道を登ったのですね!初めてで足つきなしですか?2度ほど登ったことがありますが、もうイヤです(笑)。

夏には極楽茶屋対面の産直で、よく野菜を買って帰りました。下りの道は道路が大きく盛り上がっていて走りにくいですね。

2013/10/15 (Tue) 07:41 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

距離が1.7kmと短いですから,きつくても何とかなる感じです。
もう一度登ってもいいかなと思えるくらい(笑)

珈琲が最高でした。
ああいう楽しみ方もありだなと思いました。

2013/10/15 (Tue) 07:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

お近くでしたか。

もちろん,しっかり2度も足を着いて登りましたよ(笑)
珈琲で楽しい思い出ができたせいか,また今度は足つきなしで行ってみようと気楽に思えるのが不思議です。

何より,展望が見事でした。
いいところですね。

2013/10/15 (Tue) 07:48 | EDIT | REPLY |   

ayu  

ダンシングでも,クランクが止まりそうになる・・・
走りながら立ちゴケ?する自分が目に浮かびます。近寄らないようにしよう(笑)

2013/10/15 (Tue) 07:56 | EDIT | REPLY |   

the_32o  

明王山へ来られたんですね!
なんか嬉しいです ( ´∀`)

山頂でのコーヒーは癖になりますよ。
冬場はたまらなく旨いんです。
重いのに荷物を背負って上るようになってしまいますwww

バックバック症候群は感染します。
バックパックやバーナーを探してネットサーフィンしていたらアウトですw

2013/10/15 (Tue) 09:42 | EDIT | REPLY |   

Toy  

タイトル

フフフッ、さすが変態rikiさん(笑)
あの坂は「ネタ」にしかならないと思います。頂上で一杯やれば別ですが。
もう一度上ろうとは思わないですね。
でも、rikiさんが絡むと楽しく思えていいですね♪

2013/10/15 (Tue) 11:19 | EDIT | REPLY |   

みっちゃま  

タイトル

rikiさん こんにちは〜♪

昨日は、ありがとうございましたっ(≧▽≦)
明王山の坂は、想像以上の勾配でした。
あの静かで、細くて逃げ道がない坂に、もう一度挑戦したいですっp(* ̄O ̄*)q
喫茶「こで」のコーヒーも、最高においしかったですねっ。

後で、明王山の勾配を角度から計算されてるブログがありまして、見てみましたら
表の明王山の最大勾配(2つめのつづら)が、38%で
裏の明王山の最大勾配は60%
だそうです。前輪が浮くはずです(笑)

2013/10/15 (Tue) 13:42 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

こんにちは。

30%??60%???? 無理。登れません。Λ^^;;

HCは苦手なのでたぶん明王山自体登れないと思います。
山頂コーヒーは憧れますね。こでさんストーブはJETBOILですね。
ていうか、水持参?ウエイトハンデは何キロでしょうか。Λ^^;;;;


2013/10/15 (Tue) 16:10 | EDIT | REPLY |   

こで314  

タイトル

rikiさんこんにちは。
昨日は楽しい時間をありがとうございました。

rikiさんがいらっしゃるならと、いつもより高いコーヒー(数百円ですが)にしといて良かったですw
喫茶こで、また開店しますので明王山一緒に行きましょうね。
もちろん普通のライドもf^_^;

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2013/10/15 (Tue) 16:47 | EDIT | REPLY |   

トモロッチ  

タイトル

rikiさんのブログでイラストの件を知った
トモロッチですw


明王山はMTBでしょ!

それ以外の方はTOYさんの言う通り、ブログネタです(笑)

2013/10/15 (Tue) 17:05 | EDIT | REPLY |   

riki  

ayu 様

いやいや,「近づかない」なん,そんなこと言わずに,近くをちょっと走るだけだから,こんど,明王山方面,いっしょに行きましょうよ!

あの坂には絶対連れて行きませんからぁ~(笑)

2013/10/15 (Tue) 17:53 | EDIT | REPLY |   

riki  

the_32o 様

ま,まずい…。

あの小さなコンロみたいなの,いくらぐらいするんだろうって検索入れてみようかって,考えていました。

ブルブルブルッ。危ない,危ない。
こでさんの布教活動にはまって,感染してしまうところだった(笑)

こんどは,ぜひ,ご一緒願います。

2013/10/15 (Tue) 17:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

Toy 様

フフフ。
Toy さんの噂もしていたので,くしゃみが出たでしょ。

こんなところをよく一人で登るよね~って。
しかも,この後,片知渓谷へ行くなんてね~って(笑)

みんなでワイワイいくと意外におもしろいところだと思います。

2013/10/15 (Tue) 18:01 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

はい,もう一度行きましょうね。

次回は,新たな犠牲者を連れて行くことにしましょう(笑)

こんどは,ぼくがおいしいもの持って行きます。
2リットルのペットボトルは…,無理です(笑)

2013/10/15 (Tue) 18:03 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

いやいや,shigarakiyakiさんが登れないなんてことはあり得ません(きっぱり!)

みっちゃまのご主人が,2kg の水を頂上まで運んでくれました。

ああいうコンロは「ストーブ」と言うんですか。
なるほど,検索してみようかな…。
いかん,いかん,はまってしまいそうだ。

山頂コーヒーは最高です。

2013/10/15 (Tue) 18:07 | EDIT | REPLY |   

riki  

こで314様

いや~,最高の気分でした。
ありがとうございました。

喫茶こで,20枚綴りの回数券買いますので,よろしくお願いします。
次回は,甘いもの,持って行きます!

裏の激坂を登る姿,かっこよかったです!

2013/10/15 (Tue) 18:09 | EDIT | REPLY |   

riki  

トモロッチ様

プフッ。
見ました? あのイラスト(笑)
最高でしょ!

引き延ばして,玄関に飾るといいと思います。
(責任は取れません)

2013/10/15 (Tue) 18:12 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

タイトル

素敵な仲間に素敵なコース !*\(^o^)/*
景色を眺めながら 達成感を味わい 美味しい珈琲まで味わえるなんて 贅沢!の一言に尽きますね!(o^^o)

2013/10/15 (Tue) 20:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

おねえさん様

ほんとうに,ロードバイクに乗り始めて一番うれしいのが,すてきな仲間との出会いです。

今回のおいしいコーヒーは,坂道を登る達成感に花を添えてくれました。
贅沢なひとときでした。

2013/10/15 (Tue) 21:03 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

二十数年前、近くの鵜沼に住んでいたことがあります。
その頃はなんとなく近寄ってはいけないような雰囲気だったので
一度も行ったことがありません。

でも今度
思い出探しに
行ってみようかなw

2013/10/15 (Tue) 21:16 | EDIT | REPLY |   

メソ  

ヒルクライムとドリップコーヒー

ヒルクライムとドリップコーヒーなんて最高の愉しみ方ですねー(*^_^*)
ニンジンじゃないですけど、激坂もがんばっちゃいますね!

2013/10/15 (Tue) 21:54 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

たしかに昔はそんな雰囲気だったでしょうね。
わかります。

今は,バックパックを背負った中高年の人や,家族連れが登っていました。

岐阜ですから,すてきなカフェも見つかりそうですね。

2013/10/15 (Tue) 21:57 | EDIT | REPLY |   

riki  

メソ様

なかなかふつうのロード乗りにはできない楽しみ方でした。

すてきな仲間に感謝です。

坂だけでも楽しいですが,おまけには弱いです(笑)

2013/10/15 (Tue) 22:01 | EDIT | REPLY |   

rr  

rikiさんこんにちは

厳しい坂ですね∑(゚Д゚)
私も色々行きたいですが計画立てるのが苦手でいつも同じようなルート走ってます^_^;

雨沢も行きたいんですが中々行けていませんf^_^;)

山頂でのティータイムは最高ですよね(^ω^)

2013/10/16 (Wed) 14:00 | EDIT | REPLY |   

riki  

rr 様

rrさん,こんにちは!

こんど11月に二之瀬に行きます。
お目にかかれたらうれしいです。
また,楽しいお話,聞かせてください。

2013/10/16 (Wed) 19:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply