初心者のパーツ交換 (7) STI の交換 前編


さて,今日からは STI デュアルコントロールレバーの換装です。

すでに,フロントディレイラーは交換しました。

いよいよ,司令塔に手を着けます。

今回の STI 交換に伴う作業手順を確認しておきましょう。

(1)バーテープをはがす。

(2)105 の STI レバーを外す。

(3)古いケーブルを引き抜く。

(4)Dura の STI レバーを取り付ける。

(5)新しいケーブルを挿入する。

(6)バーテープを巻く。

(7)前後ディレイラーの調整をする。

(8)ブレーキの調整をする。

先は長い。

しかも,読者の方々からは「やらかす」とか「失敗の記録」を期待されています。

全く困ったものです。期待に応えずに済むよう,がんばりましょう。

さあ,作業開始。



【 1. バーテープをはがす 】

まず,右側(リアシフト,フロントブレーキ)からスタート。

バーテープをはがします。

どんな風に巻いてあるか,観察しながら外します。

ぼくの買ったショップの巻き方は,レバーの周りにできる巻き残しを,短いテープでつぶしておく方法ではなく,巧みなテープワークで巻き残しを作らない方法で巻いてありました。初めてのぼくに,この方法はハードルが高いかな。

バーテープの下は,布製の粘着テープ(ガムテープではない)で,ケーブルがまとめてありました。

131008_1.jpg



【 2. STI レバーを外す 】

バーテープをはがしたので,つぎは,105 の STI を外します。
(ケーブル内装でなければ,STI を着けたままケーブルを抜いた方が簡単でしょう)

レバーのヘッド部分のゴムカバーを上向きに思い切りべろんとめくって(けっこう力がいる),5mm のアーレンキーを差し込みます。

131008_2.jpg

うまい角度でアーレンキーを入れないと,ねじが回ってくれません。

外れました。

ここで初心者が気をつけなければならないのは,ブレーキとシフトのアウターケーブルがどのように STI の根元につながっているかを,きちんと確認しておくこと。

そうしないと,後で困ったことになります。

ぼくは,仕方なく読者の方々の期待に応えて,ここで,確認作業を怠りました(笑)

その結果は,後でご確認ください。



さあ,ここからが勝負!

フレームの中をどうやってケーブルを通すのかという難題に挑戦です!




【 3. 古いケーブルを抜く 】

STI につながっている 2本のインナーケーブルを,スーッと引き抜けば,STI がコロンと取れるわけですが,安易に引き抜くわけにはいきません。

新しいケーブルをフレーム内に通すことを考えなければならないからです。

引き抜いたが最後,フレーム内にケーブルを通せなくなってしまっては終わりです。

新しいケーブルを入れる作戦を立ててから,抜く作業に移ります。


さあ,ダウンチューブ内を通るリアシフトケーブルをどうしよう…。

新しいケーブルをフレーム内に通す方法ですが,ブログのコメント欄などでいろいろな方にアドバイスをいただきました。

実際にできそうな方法は以下の 3つ。

(1)ケーブルを抜く前に,釣りのテグスを結びつけ,ケーブルを抜いたらその代わりにテグスがフレーム内に入り,新しいケーブルを誘導できるようにする。

(2)フレーム内のインナーケーブルの先を,強力磁石で誘導する。(ケーブルが磁石にくっつくことは確認済み)

(3)そのままケーブルをつっこんで,運良く出口から出てくるまでがんばる。

どの方法でもできるように,準備だけはしました。

まず,ケーブルの出口を確認します。

131008_5.jpg

BB下のケーブル出口には樹脂製のふたがあり,これが外れるようになっています。

131008_6.jpg

外してみると,フレームからの出口は,意外に大きな穴であることがわかりました。

これなら,(3)の一番簡単な方法で行けるかもしれません。

迷った末,この方法に決定。

思い切って,リアシフトケーブルを引き抜きました。
(グリップ部分の下側にケーブルの先があります)

131008_3.jpg

さらに,レバー上の部分から,前方向にブレーキのケーブルを抜きます。

131008_4.jpg

これで,105 の STI が完全に外れます。

ちょっとドキドキします。

ここで作業がストップしたら,しばらく乗れませんね(笑)

考えてみれば,細いケーブル 4本の動きでバイクがコントロールされているわけなんですよね。




【 4. Dura の STI レバーを取り付ける 】

新しいケーブルを通す前に,Dura の STI を取り付けます。

左側の 105 が残してあるので,これを基準に高さや角度を合わせます。

131008_7.jpg

位置が決まりました。



【 5 新しいケーブルを通す リアシフト 】

さあ,いよいよリアシフトケーブルをフレームの中へ通します。

通す順は,

STI 内 → ハンドルまわりのアウター → フレーム内 →
チェーンステー横 → リアディレイラーまわりのアウター

というコースです。

まずシフトケーブルの先を,STI の下側から入れていきます。

これがけっこう難しいです。
角度と方向があって,それが違うとケーブルがレバーの内部をうまく通っていかないんです。

うまく通らないときは,ケーブルを通す穴を懐中電灯で照らして確認しておくと,スムーズにケーブルが入れられことがわかりました。

ハンドルに固定されたアウターの中を通り,ヘッド部分にケーブルが出てきました。

131008_8.jpg

いよいよ,ダウンチューブ内を通します。
こんなルートです。

        フレーム内ケーブル01

ケーブルの先を入れると,カシャカシャと音を立ててフレームの中に入っていきます。

131008_9.jpg

下からのぞき込むと新しいケーブルが見えました!

何度も引っ込めたり,送ったりすれば,そのうち出てくるでしょう。

カシャカシャ。

カシャカシャ。

カシャカシャ。


何度トライしても,ケーブルの先が穴から出てきません。


ちょ,ちょっと困ったかな…。


カシャカシャ。

カシャカシャ。

カシャカシャ。


こ,困ったな…。

出てこない…。



出てくるのは,冷や汗…。

焦ってくる。

いやに部屋の中が,暑くなってきた?


バラバラのまま,お店に持ち込むことになるのか…。


ケーブルが見えているのに,出てこないんです。





そうか! 見えるなら,引っ張り出せばいい!



先が細く曲がったラジオペンチをつっこみました。

つかめますが,ケーブルの先がどこかに引っかかってなかなか出てきません。

ガシャガシャやっているうちに,だんだん焦ってきて,力任せに引っぱったら,出てきました!

多少,ケーブルの先が曲がっても,強引に引きずり出すのが正解でした。

131008_10.jpg

やった! 成功!

ハア,ハア,ハア。

疲れた~。


フロントディレイラーのケーブルも,同じコースを通っていますから,これでうまくいきそうです。



【 5. 新しいケーブルを通す フロントブレーキ 】

次は,フロントブレーキのケーブルを入れます。

これはフレーム内を通っていないので,簡単です。

105 のブレーキケーブルは,レバーを引くと,ケーブル先端のタイコが見えるので,抜くのも入れるのもかんたんです。

しかし,Dura の STI は,ブレーキレバーを引くだけではダメです。

131008_13.jpg

レバーを引くと見えてくる小さなねじを外してから,レバー上部の化粧板を外すと,やっとケーブルを差し込む穴が出てきます。

131008_14.jpg

ここから,新しいケーブルを入れてと…。


あれ? 予想外!

こんな所から出てきてしまった!

131008_121.jpg

しまった!

STI とアウターケーブルのつなぎ方,まちがえた!

このケーブルが出てきたところに,ブレーキのアウターが来てなきゃいけないんだ!

念のため,残してある左側の 105 の STI を確認すると…,

131008_11.jpg

な,なんと,リアシフトケーブルも,STI とアウターのつなぎ方がちがう!

リアシフトケーブルは,さきほどフレーム内を通したケーブル。



ということは…,え~!?

あの苦労してフレーム内を通したケーブルを,抜いて,つなぎ直し…??

この青い布テープも,また巻き直し?


うそ~!

ウソだと言ってくれ~!!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 14

やん  

タイトル

こんばんは〜
いやぁ大変そうw
僕なら即ギブアップデス(苦笑)
もう、自転車組めそうな感じデスね
頑張ってください!

2013/10/09 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   

riki  

やん様

はいはい,もう,ここを乗り越えたら,フレームから組めますよ!

って,のんきなこと言ってる場合じゃないです!

本当に焦ったんですから(笑)

2013/10/09 (Wed) 20:42 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

交換作業、お疲れ様です!
何事も経験ですね。

アウターケーブルをハンドルの前側にするか?後ろ側にするか?
シフトとブレーキをくっつけるか?

アウターケーブルの這わせ方によってハンドルの握りっぷりが変わりますので
お好みに合わせてから、固定した方がいいですよ!って・・・
たぶん、もう完了していますよね?

2013/10/09 (Wed) 20:51 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

ハイ。
とにかく今回は,買ったときから設置してあったアウターをそのまま残す方法ですので,ケーブルの取り回しについては,今後の課題ですね。
後ろ側にするという方法もあるのですね。

次回のアウター交換に向けて,少し勉強しておきます。

2013/10/09 (Wed) 20:55 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

うそです。でも、本当です。

失敗を繰り返すほどに理解が深まりますよ。
まあ、致命的な失敗はいけませんが。
私もよく最後の部品がつかなくて組み直しって言うのは腐るほどあります。(笑)

あと、作業前に写真を色々な角度から撮っておくといいですよ。

着実にマイスターへの道が築かれていますね。

2013/10/09 (Wed) 21:06 | EDIT | REPLY |   

お名前  

タイトル

こんばんは!

分かってしまえば大丈夫でしょうが、初体験ではやりがちなミスですね・・。でも片側の105のSTIを残しておいたのは大正解でしたね!作業しながら比較ができますから。

rikiさんならこの後、割とサクッと交換されるような気がします (^^)/ 余談ですが、ブラケットカバーも色々なカラーが売っているんですねえ。

2013/10/09 (Wed) 21:08 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

マイスターへの道ですかぁ,ちょっとでも開けるのなら,うれしいです。
まだ全然その域には達しないでしょうが,これで,一通りわかった気になっています。
(ホントは,まだ知らないことがたくさんあるんだと思います)

作業前に写真を撮っておくのはいい方法ですね。
これから,意識してやっていこうと思います。

2013/10/09 (Wed) 21:20 | EDIT | REPLY |   

riki  

お名前わからなくてスミマセン

こんばんは!

片側の105を残しておいたのは,われながらカシコイと思いましたよ(笑)
喜んでバラしてから,わからなくて焦る,というパターンを避けたかったんです。

「このあと,サクッと」はないです(笑)

2013/10/09 (Wed) 21:23 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

ごめんなさい、21:08のコメントは私です。

あと、ブラケットについてはrikiさんのバイクのチェレステカラーではなく、市販品で青とか赤とか売っているということです m(__)m

2013/10/09 (Wed) 21:24 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

了解で~す。

ブラケットカバーは,ホントにいろいろありますね。
チェレステを探してみましたが,イメージチェンジをねらって,黒のままにしました。

いい年だから,落ち着いた色で(笑)
でも,いい年だからこそ,派手な色もありかな。

2013/10/09 (Wed) 21:28 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、おはようございます。

大変そうですね…
なかなか思うようにいかないと、焦りますよねσ(^_^;)
焦ると余計に進まないし…
でも、rikiさん楽しそうですね(^^)
僕は、難しそうで楽しめないかも…

2013/10/10 (Thu) 06:57 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

おはようございます。

そうなんです。
なんだかんだと言っても,楽しいのです。
迷ったりやり直したりして,やたらと時間を費やしていますが,それもまた楽し。

わかったら以外と単純ですよ。
でも,それがわかりやすく書かれている本には出会っていません。

2013/10/10 (Thu) 07:38 | EDIT | REPLY |   

こー  

rikiさんったら…
期待を裏切らない男(笑)

STIの位置決めはバイクを水平に固定する必要がありますよね?
我が家では無理か…
水平なとこ無いもんなw

2013/10/10 (Thu) 07:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

こー様

こーさんの圧力に屈しました(笑)

水平は気にせずに,相対的に両側が同じ位置に着いていれば,だいたいいいかなと,位置を決めました。

2013/10/10 (Thu) 08:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply