木曽 峠ばっかりライド (3) 九蔵峠 地蔵峠編

境峠(1480m),野麦峠(1672m),寺坂峠(1390m),長峰峠(1350m)と4つの峠をクリアしてきた SHORO's の面々。

いよいよ,残された峠は2つ。

九蔵峠と地蔵峠です。



開田高原の平地とアップダウンは,向かい風気味で,じわじわと疲れが増してきます。

131002_0.jpg

このコース上では,たぶん 2台目の貴重な自販機前での休憩。

131002_2.jpg

ぼくは,相当脚に来ています。

「ほら」と言われて振り向くと,御嶽山の勇姿が見えました。

131002_1.jpg

逆光が残念ですが,勇気づけられます。


ここで,sennmu さんから「この先の峠二つがちょっと苦しい方は,エスケープルートもありますから」と説明がありました。

「峠を迂回したいというひと?」

(シ~~ン)

ということで,全員,九蔵峠に向かいます!

「その先にあるところで,アイスクリーム食べたいひと?」

「ハーイ!」

と言うことで,九蔵峠の後アイスクリーム屋さんに向かうことも決定!



さて,九蔵峠。距離は 2km で,平均勾配は 3%。

おだやかな表情の明るい森を抜け,山肌に刻まれたくねくね道を登っていきます。

131002_3.jpg

いい峠です。

そろそろ少しきつくなってきたかなというあたりで,展望台に到着。

131002_5.jpg

あ~,よかった。わりと早めにピークが来てくれました。

展望台から見える御嶽山の姿は圧巻です。

131002_6.jpg

目の前に堂々と座する雄大な山姿。

その裾野には,小さな家や建物が点在して,まるて箱庭のようです。

ここでも,逆光がちょっと残念。

このコースを逆回りしたら,午前中にこの展望台に来られます。

そうなったら,ここからの眺めは最高でしょう。

そして,紅葉の季節なら,もっとすばらしいでしょう。

九蔵峠,ここはいい峠です!

長め最高,脚に優しい(笑)!



さて,九蔵峠を下って向かった先は,開田高原アイスクリーム。

131002_8.jpg

たくさんの観光客でにぎわっていました。

ソフトクリームはちょっと小さめですが,おいしい。
つかれた身体に沁みてきます。


デリオさん,この先もあと二つの峠があるということで,ソフトクリームを食べながら,泣きが入っています。

131002_9.jpg

かたや,駐車場の隅で,ケンさんが倒れています。

131002_a.jpg
    (ケンさんの生死を確認するなかさん)

よかった,ケンさん生きてました。

131002_b.jpg




さあ,最後の峠に向かいます。

地蔵峠。距離は 2km。平均勾配は 7%。

sennmu さんイチオシの峠とあって,いやでも期待は高まります。

アイスクリーム屋さんを出発。

131002_c.jpg

もったいないですが,どんどん下っていきます。

そして,登りに。

131002_d.jpg

スッと空気が変わるような感じがしました。

梢のすきまから空が見える明るい森の中です。

こういう道は大好きです。

青空もすてきですが,逆光に透ける木々の緑色はたまらなく好きです。

道がやや細く,針葉樹の枯れ枝が落ちていて,いかにも古い峠道という感じ。

131002_e.jpg

自然を満喫できる,という雰囲気の峠です。

しかし,きつい…。

途中,地蔵峠展望台がありました。

131002_f.jpg

ここでもブロガーとしては,止まって写真を撮らざるを得ません(笑)

九蔵峠より遠景になりますが,ここでも御嶽山がきれいです。

1310024.jpg

森の中を登ります。

131002_g.jpg

登ります…。

131002_g2.jpg

そして,お地蔵山が迎えてくれるピークに到着!

131002_i.jpg

もう,力を使い果たして,突っ伏したい気分です。

131002_h.jpg
     (riki 突っ伏しています)

お地蔵さん,木姿がとてもきれいな木の下に立っています。

131002_j.jpg


写真を撮り,少し休憩して,最後の峠に別れを告げます。

ここからは,森の中の細い道を 8km,国道361号に出てから 4km におよぶ長い下りです。

3km と少し下ったところに,滝がありました。

131002_k.jpg

唐沢の滝というそうです。

もどって写真を撮っている間に,みんな,先に下って行ってしまいました。

かなりさみしい山道をみんなに追いつくべく下りますが,全然追いつきません。

すると,二本木の湯というところで,みんなが待っていてくれました。
スミマセン…。

ここで,みんなの一番後ろに着くのですが,漕いでも漕いでも離されるばかり。

131002_l.jpg

国道に出たところで,車が来たので,Toy さんと二人,車が通過するまで待ちます。

みんなは,すごいスピードで国道を下っていきました。
漕ぎながら!

これは,たぶん,最後のスパートをみんなで楽しんでいるんだなと直感しましたが,全く脚が回りません。

すぐ前にいた,Toy さんも,ダンシングで加速し,あっという間に視界から消えていきました。

131003_000.jpg

ちょっとうちひしがれながら,マイペースでがんばります。

谷間の国道の向こうには,美しい山々が見え,日の傾き方が夕方になっています。

一人で漕いでいると,sennmu さんがサポートカーで伴走してくれました。

最後までお世話になります。
ありがとうございます。

国道19号との合流点の手前で,Toy さんが待っていてくれました。
Toy さん,ありがとう!

SHORO's は,ホントにいい人ばかりです。

Toy さんと二人で木曽福島駅までもどります。

131002_m.jpg


この日は一度もゆっくりご飯を食べていないので,ここで何かおなかに入れることにしました。

駅前の食事処かわい。

131002_n.jpg

店主の方はロード乗りで,ブログを書いておられます。
とっても気さくな方でした。

ブログには,SHORO's が立ち寄ったことや,今回のコースを上回る強烈なコースも載っていました。

お土産屋さんの方には,ロードバイクが立てかけてあり,「サイクリスト・サポート」として,タイヤ,チューブなど,消耗品などが置いてあります。

131002_o.jpg


おなかを満たして,店を出ると,暗くなり始めていました。

楽しい一日でした。
たいへんなルートでした。
でも,最高にいいルートでした。

青い空と,やわらかな緑の森がありました。
大好きな仲間といっしょに走れました。
それぞれの峠に個性があり,味わいがありました。

とくに,野麦峠,九蔵峠,地蔵峠はお気に入りとなりました。
もう一度走っても,楽しめると思います。たぶん(笑)

これも,sennmu さんの配慮の行き届いた計画・サポートのおかげです。
そして,奥様の伴走のおかげです。
そして,すてきな仲間のおかげです。

本当にありがとうございました。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 28

matz  

タイトル

おっ面白い!
もう一度、行ってみたくなりましたw

今度は逆回りで(笑)

2013/10/03 (Thu) 23:42 | EDIT | REPLY |   

なかさん  

ケンさん、寝たふり老人でしたね。
イタズラしようとしたら、近付いただけで気付かれましたw

疲れたけど本当たのしかったですね!
この場を借りて、sennmuさん夫妻、皆さんに有難うでした!

2013/10/03 (Thu) 23:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

逆回り,ちょっと行ってみたいです。

ただし,12kmにおよぶ登りが…。

でも,美しい紅葉と,あの御岳の眺めがどーんと広がることを考えると,苦しむ価値があるかも。

あ,もちろん,アイス食べて引き返しますけど(笑)

2013/10/03 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

riki  

なかさん様

あの飛び起き方はすごかったですね。
なかさんの殺気がすごかったからでしょう(笑)

本当に楽しいライドでした。
sennmu さん,ありがとう!

2013/10/03 (Thu) 23:55 | EDIT | REPLY |   

デリオ  

タイトル

rikiさんこんばんは!
ふと半年前のまっさんのライドでは金華山を登るのでいっぱいいっぱいだったの
を思い出します。
あのころに比べたらありえないくらい走れるようになりましたね~(お互いに)
ほんと一緒に走ってくれるみなさんに感謝です。
またいっぱい一緒にはしりましょうね~!

2013/10/03 (Thu) 23:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

デリオ様

なつかしいですね~。
あの金華山は,ぼくにとって,ヒルクライム初体験でした。
あのときのデリオさんと今のデリオさんをくらべたら,その伸び率は,どんな企業でもうらやむくらいでしょう。

また,いっしょに走りましょう!

2013/10/04 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   

ケン  

タイトル

寝たふり老人って・・・老人って・・・
オチオチ寝とれんわ!ですわ!!
でも、あの芝生気持ち良かったんですよ。
目を閉じると背中が沈み込んで行くような感覚になって。

sennmuさんご夫妻には感謝してもしきれないです。
皆さんにも感謝です。
すごく楽しかったです。

いずれ逆回りも行きましょう!

2013/10/04 (Fri) 00:39 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

素晴らしい天気、素晴らしいコース、素晴らしい仲間…
良いライドでしたね^ ^
でも、rikiさんがついていけないって…やはりSHOROsの皆さん、すごいですね!(◎_◎;)
あー、まだまだ頑張らないとご一緒できないな( ̄O ̄;)

2013/10/04 (Fri) 00:40 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、おはようございます!

クライマ-rikiさんのお気に入りコ-スならば、1度は経験したいなぁ。

二本木の湯はスキ-帰りに、よく入ります、体中に泡がいっぱいになるお湯でしたよ。


rikiさんのイラストも力作ですね、KTMさんに負けてないですよ。(^v^)

2013/10/04 (Fri) 04:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

ケン様

実に安らかなお顔でした(笑)

そんなに気持ちよかったなら,ぼくもやってみればよかった~。

逆回りの意欲が俄然わいてきましたよ。
ぜひ,行きましょう!

2013/10/04 (Fri) 07:33 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

ぼくは,後半,どんどん力が落ちてくるタイプのようです。

これ以上力をつけるのはなかなか難しいので,まあ,自分に合わせた楽しみ方をしようと思います。もちろん,自分の力を最大限利用するペダリングなども身につけられるようにしたいですね。

2013/10/04 (Fri) 07:37 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,おはようございます!

本当にいい峠でした。
気持ちが良かったです。

イラストは恥ずかしいのですが,状況がわかってもらえるかな~と思いました(笑)
しかし,まあ,下手ですね。

2013/10/04 (Fri) 07:40 | EDIT | REPLY |   

mako@ォッサン  

タイトル

おはようございます^^

いや~辛くも楽しそうですねー!
行きたかった・・・・ザンネン(≧ヘ≦)
でも、今度行ってみようと思います~^^

2013/10/04 (Fri) 07:45 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

おはよございます。

確認は黒藤に顔を舐めに行かせましょう。

KTMさんの記事時と並行して読んでいたのですが、えっ!落車あったのと勘違いしてしまいました。;^_^A

参加できなくて残念でしたが素晴らしいライドですね。

企画・サポート・フォローのsennmuさんお疲れ様でした。

2013/10/04 (Fri) 08:05 | EDIT | REPLY |   

riki  

mako@ォッサン様

おはようございます!

もう少ししたら紅葉が本格的に始まって,最高の眺めでしょうね。

ぼくも,ちょっとだけでいいから(笑),もう一度紅葉をのぞきに行きたいと思っています。

2013/10/04 (Fri) 08:11 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

おはようございます!

バイクの倒れた振動が2度ほど伝わってきましたが,落車と言うほどではなかったようです。

全員無事,すべての峠をクリアして帰ってきました!

2013/10/04 (Fri) 08:20 | EDIT | REPLY |   

やん  

タイトル

気持ちよさげなライドですね~
自分もいつかご一緒したいです!
しかしrikiさんのいらすと、上手~!

2013/10/04 (Fri) 08:32 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

おはようございます。

素晴らしい景色がなかったら、すぐに心折れちゃうような辛い坂ばかりだったようですね。KTMさんがほぼフィクション作家になってしまったので(笑)、rikiさんのお話はリアルで楽しめます ^ ^ 足、大丈夫でしたか?

2013/10/04 (Fri) 08:43 | EDIT | REPLY |   

maa  

タイトル

こんにちは!
お疲れ様でした!
すばらしいライドだったようですね。
お休みが合えば私も混ぜていただきたいな...
峠三昧はまだ無理ですが。(汗)
rikiさんを含めあのジャージを着た人たちは
本当に初老なんでしょうか?(笑)

2013/10/04 (Fri) 11:35 | EDIT | REPLY |   

riki  

やん様

やんさん,こんにちは!

やんさんが参加されたら,山岳賞ねらいの争いがおもしろくなりそうですね~。
残念ながら,ぼくには,それを見届けることができませんが(笑)

2013/10/04 (Fri) 13:42 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

こんにちは!

わたしくのところは,ノンフィクションで行っております。
ときどき,ちょっとした脚色は加えてありますが(笑)

次の日は,足がピキピキ言っておりました。

2013/10/04 (Fri) 13:44 | EDIT | REPLY |   

riki  

maa 様

もちろん,ぼくは初老ではありません。
りっぱな「老」です。

そうか! 最後の最後で,ぼくだけついて行けなくなったわけがわかった(笑)

2013/10/04 (Fri) 13:46 | EDIT | REPLY |   

みっちゃま  

タイトル

rikiさん  こんばんは〜♪

「ケンさんの生死を確認するなかさん」には、笑っちゃいました( ´艸`)

仲間がいるから、キツイ坂も、峠も越えられる・・・っていいですね!!
rikiさんの手書きのイラスト「もうだめ・・・」の言葉と共に、とってもその状況が想像できました(笑)

2013/10/04 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

ホントに最後は「もうダメ」でした。
まあ,一番年寄りですから,勘弁してもらいます。

キツイ峠は,仲間と走るためにある ── そんなことさえ思います。

たとえ前後に誰もいなくなっても,この道の先にみんながいると思うだけで,登れるものですね。

2013/10/04 (Fri) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Toy  

タイトル

お疲れ様でした。
楽しかったですね♪
やっぱり仲間と走るっていいですね。
ボクもrikiさんの年齢になってもこのコースを走れるように精進します。
ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

2013/10/05 (Sat) 17:35 | EDIT | REPLY |   

きいち  

お疲れ様でした!!!
(ブログ更新も3部作のriki作ですもんね)
でも、sennmu夫妻には感謝ですね。あんなにコンビニない道路あるなんて……
また、どこかへ走りに行きましょう
よろしくお願いします

2013/10/05 (Sat) 17:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

Toy 様

こちらこそ,これからもよろしくお願いします。

ぼくも,Toyさんが今のぼくの年令になったとき,いっしょに走っていられたらいいなと思っています。

無理か(笑)

2013/10/05 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   

riki  

きいち様

きいちさんも,お仕事も含めて,お疲れ様でした。

いいライドでしたね。
きいちさんともおしゃべりしながら走れて楽しかったです。

また,機会があったら誘ってください。

2013/10/05 (Sat) 18:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply