木曽 峠ばっかりライド (2) 寺坂峠 長峰峠編

木曽福島を出てから,旧中山道を北上し,薮原で中山道とわかれて,県道26号線を境峠に向かいました。

楽しく境峠をクリアした後,峠を下り,寄合渡で野麦街道とぶつかったところを左折。野麦街道を野麦峠へと向かいました。

峠にあるお助け小屋で休憩。乗鞍岳の展望を楽しんだ後,野麦街道を下り,寺坂峠へ向かいます。



野麦峠からの道は,狭い下り道です。
急なヘアピンカーブがいくつもありました。

131001_00.jpg
  (写真提供:ケンさん)

スピードを出しすぎると危ないです……。

熊野神社をすぎ,宿泊施設「野麦の館」の手前にある店の前で休憩しました。

131001_0.jpg

一応,何か食べられそうな感じでした。
このコース上で,こういう何かを食べられそうな店は,ここ一軒のみ。


ここからは,本日3つめの峠,寺坂峠への登りです。

寺坂峠へは,3km,平均勾配は 6%です。

ピークはこんな感じで,特に何かがあるわけではありません。

131001_1.jpg

すでに2つの大物峠を登っている足には,このダラダラとした登りがじわじわと効いてきます。



寺坂峠からの下りは,途中から道が広くなり,快調に飛ばせます。

131001_2.jpg
  (大自然の空気を全身で味わう KTM さん)

すばらしい青空と山々の景色を見ながら下るのは最高です。

131001_3.jpg

北区のクダリストと異名をとる KTM さん。

ぼくは,その後ろを走ったのですが,なんとモーターバイクの集団とトレインを組んでいます!

同じスピードで下って行くんです。さすがです。

KTM さんの後ろ姿を見ていて,下りの速さの秘訣は,安定感かなと思いました。
ゆっくり下っているように見えるほど安定しているんです。


バイクに乗った人たち,驚いていたかも知れませんね。
すぐ横を自転車が並走しているんですから。

(下りで写真を撮るのは危険なので,もう止めます)


最高の下りを楽しんでいるうちに,きれいな湖が見えてきました。

131001_4.jpg

高根ダムがつくる,高根乗鞍湖です。

131001_6.jpg

ここで,休憩。

131001_5.jpg

みんながそれぞれにサポートカーに積み込んだ補給食を食べます。

休憩の時間はホッとします。
そして,楽しいです。

水はいいです。

山の中を走っていて,水の流れを見たり,音を聞いたり,突然現れる湖に目を奪われたり。

131001_7.jpg

そして,この日は,とにかく,どこまでもどこまでも青空。


橋を渡り,木曾街道を南下して,4番目の峠である長峰峠に向かいます。

長峰峠へは,平均勾配こそ 4%と低めですが,ここへ来て 6km の登りは,かなりキツイです。

なかさんと KTM さんの背中を見ながら,必死で着いていきました。
二人が楽しくおしゃべりしているのに,もう,ぼくは言葉を発する余裕なし…。

少しの間,ススキがきれいな平坦路を走りました。

131001_8.jpg

ちょっと休憩。

広い駐車場と,グラウンドがあるのですが,近くにあったらしい店は,全部閉まっています。

131001_9.jpg

「まだ,峠のピークに達していない」と聞いて,愕然。

もう少し,登りが続きました。

長峰峠のピークは,ちょっとした小屋がある何でもない感じ。

131001_91.jpg

ここでも休憩しましたが,この日は,デリオさんの調子が悪そうでした。
足が攣りそうということで,エアーサロンバスを足にふきまくっていました。
その量たるや,峠周辺に霧がかかるほど!

もちろん,ぼくも疲れていました。

休憩時間には,ずっとストレッチをしていました。
焼け石に水?

長峰峠から開田高原に下りる下り道がどんなところだったか,全く覚えていません。
そうとう疲れていたようです。

気がついたら,開田高原の平坦路を,向かい風と戦いながら走っていました。

もう,ある程度の速度を維持するだけで精一杯…。

ぼくの前に入ってくれたケンさんの後ろにぴったりくっついて走らせてもらいました。
ありがとう,ケンさん。

残る峠は二つ。

九蔵峠と,sennmu さんイチオシの地蔵峠!

どんな峠なのか期待は高まりますが,脚が……。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

Comments 16

shigarakiyaki  

タイトル

本当に気持ちよさそうですね。

上りは辛いですがスタート・ゴールが同じならゼロサムなので理論上平地です。
と強引な理論を展開していますが。30-40km程ジミーな上りも結構効きますよ~。(笑)

さあ、ラストの敵をやっつけてください。

しかし、sennmuさんの腰周りは惚れ惚れしますね。

2013/10/01 (Tue) 21:18 | EDIT | REPLY |   

なかさん  

今回は中々ハードな道のりでしたね。
あと、下りは気をつけましょうね!

2013/10/01 (Tue) 21:29 | EDIT | REPLY |   

デリオ  

タイトル

調子が悪いのではなく遅いのです!!
言い訳するなと言われそうですが、
野麦峠で自分なりに頑張りすぎました。
ペース配分は考えないといけなかったです。

2013/10/01 (Tue) 22:01 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

タイトル

sennmuさんイチオシの峠は まだ先なんですね(´・Д・)」

2013/10/01 (Tue) 22:12 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

理論上平地! すばらしい発想の転換!

でも,だまされませんよ~(笑)
キッツいんです。

sennmu さんの腰回りの安定感はすごいです!

2013/10/01 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   

riki  

なかさん様

はい,わかりました(笑)
下りは気をつけます!
ぼくも,何度もひやひやしました。

2013/10/01 (Tue) 22:15 | EDIT | REPLY |   

riki  

デリオ様

いやいや,デリオさんは,もう十分速い人です。
ぼくは,あっという間に抜かされて,置いて行かれましたからね。

ぼくはずっと無理せず登ったつもりだったのですが,最後の二つはもう,ヘロヘロでした。

2013/10/01 (Tue) 22:17 | EDIT | REPLY |   

riki  

おねえさん様

はい,そうなんです。

次回までしばしお待ちください。

2013/10/01 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

みっちゃま  

タイトル

rikiさん こんばんは〜♪

2つの峠を越えて、また3つめ、4つめの峠の平均勾配が6%と4%って、もぉ汗がじんわり出て来ちゃいます( ´艸`)

雲のない青空が、とってもステキです。
高根乗鞍湖の写真が、絵はがきになりそうなぐらいキレイですね。

あと峠は2つ。どんな峠が待っているのでしょぉ〜。

2013/10/01 (Tue) 23:29 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

休憩場所に,あの湖があったおかげで,ずいぶんと心が安まりました。
ホントにきれいな景色でしたよ。

最後の二つの峠は,とても雰囲気が良くて,おすすめの峠です。
お楽しみに。

2013/10/02 (Wed) 07:39 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、おはようございます。

天気、最高ですね(^^)
そして、峠もたくさんで…
僕なら脚攣りまくりでしょうね(~_~;)

2013/10/02 (Wed) 07:57 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

ほんと,お天気最高でした。
秋の抜けるような青空の下,次々と現れる峠と格闘しました(笑)

いざとなったら,サポートカーに乗れるという保険も着いていますから,脚がつっても大丈夫です!

2013/10/02 (Wed) 10:47 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

おはようございます。

sennmuさんのような達人にはお気楽でも、一般人?にはキツそうな峠ですよね ^^; 下りは気持ちいいのですが、斜度10%を超えるような下りの急カーブだと、怖いです。バイクを思い切って倒せばよいのですが、細いタイヤなので飛びそうで怖い。慣れなんですかね?

2013/10/02 (Wed) 10:50 | EDIT | REPLY |   

sennmu  

タイトル

先日はお疲れ様でした。皆様方が予想以上の走りをされ素晴しい一日でしたね。
私も「ゼロサム平地理論」賛成ですね・・・気休めになりますし(笑
今回のコースも初めて走った時はダート区間も多く、渓流を噛む様な細い道で今以上に味わいが有りましたョ
ちなみに、私の腰周りはレーパンよりも「化粧まわし」の方が似合いそうですが・・・

2013/10/02 (Wed) 12:58 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

そうそう,バイクを倒すのは怖いですよね~。
たぶん,ぼくが考えているよりもずっと限界は高いところにあるのだろうけれど,ずるっと横滑りしたらどうしようと思ってしまいます。

やっぱり,十分に減速してカーブに入るのが安全なんでしょうね。

2013/10/02 (Wed) 16:03 | EDIT | REPLY |   

riki  

sennmu 様

日曜日は,本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

細かい配慮をしていただき,存分にライドを楽しむことができました。

以前はもっとワイルドで,もっと自然に近いところにある道だったんですね。
今回のコースも,峠がすてきでした。
また,よろしくお願いします!

化粧まわし ── スミマセン,くすっと笑ってしまいました。

2013/10/02 (Wed) 16:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply