ゆく河の流れは絶えずして

秋分の日を含む三連休,娘が孫を連れて遊びにきました。

娘が嫁いだ先は,とてもいいところで,大切にされているのですが,それでもやはり「嫁」という立場ですから,遠慮もあります。

ですから,うちに帰ってくると,思いっきりぐだぐだしたりしています。

朝も,もちろん親子でお寝坊です。



三連休の最終日のことでした。

娘が朝起きてくるなり,夢の話を始めました。

「朝,すっかり明るくなったけれど,寝坊を楽しんでいたら,夢で音が聞こえたの」。

話を聞くと,その音というのが,愛犬リキが元気でいた頃の音だと言うのです。



休みの日の朝,娘は,まだ寝ています。

ぼくは休みの日も関係なく,リキを連れて朝の散歩に出ます。


帰ってきて,家に入り,玄関のドアを閉めるとバタンと音がします。

「ああ,お散歩から帰ってきたんだな」 と音でわかります。

娘は,うつらうつらしながら,2階の部屋からこの音を聞いているのです。

それから,ぼくは台所へ行き,リキの朝ご飯を入れる器をもって,廊下を歩きます。
もちろんリキはぴったりくっついてきます。

大型犬ですから,足の爪が床に当たる音が大きく,ご飯の時間のうれしさも手伝って,ものすごく大きな足音がするんです。

「ああ,お父さんがリキのご飯を用意しに行くんだな」 という音が2階にも聞こえます。

そして,ぼくは階段を少し上がり,そこにあるドッグフードをステンレスの器に入れます。
固形のフードが,じゃらん,じゃらんと音を立てて器に入ります。

「一杯,二杯,ああ,フードを入れたな」 という音が2階にも聞こえます。

そして,極めつけは,台所までの帰り道。
ドッグフードがいっぱいに入った器を持つぼくのすぐ横を,リキがジャンプしながら着いてきます。

そのたびに,どんっ,どんっと着地する音が鳴り響きます。

「ああ,リキがうれしくてたまらなくて,あのジャンプをしているな」 という音が2階にも響きます。

そして,音は聞こえませんが,このジャンプの時に,大量のよだれが廊下に飛びちるのです。
これを踏むと,ヌルッとするんです。

130925_2.jpg
   (叱られてテーブルの下に避難する在りし日のリキ)


そんな,休日の朝の「音の風景」が,自分の子どもを抱きながらベッドでうたた寝をする娘の耳に,まざまざとよみがえってきたというのです。


おだやかな休日の朝,この話を家内と聞いていて,涙が出てしまいました。

すっかり忘れていました。

ああ,そういえば,そんな毎日が数年前までは我が家にあったんだなあ。

リキが年をとって,ジャンプをしなくなってからは,そんな音の風景もありませんでした。




そのときにはごく当たり前と思っていた日常も,年月とともにその姿を変えていきます。

子どもたちを保育園に送り迎えしていた日常,
子どもたちが学校へ通っていた日常,
息子が毎日絵筆をとっていた日常,
娘がケーキ屋さんで毎日忙しく働いていた日常,
雨の日も風の日も毎日リキの散歩に出ていた日常…,

すべてがそのときはずっと続くのではないかという気さえしていました。

それが,あっという間に過ぎ去り,今では,夫婦二人での静かな毎日が現在の日常です。
ブログを読んだり書いたりするのも,今の日常です。



この子は,1年とちょっと前に,ぼくの日常に加わりました。

130925_1.jpg


この子は,その3か月後にぼくの日常に加わりました。

130925_0.jpg

ぼくの毎日を輝かせてくれる大切な存在です。



そんな今の日常もまた,移ろいゆく時間なのでしょう。

「今」 を存分に楽しみたいと思います。


今日,9月25日は,愛犬リキの一周忌です。

大好物だった,そして,最後に口にしたリンゴをお供えして,思い出でも語りましょうかね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comments 23

yasu  

私も犬が大好きで犬を飼うのが小さい時からの夢でした。
自分では まだ飼った事がないのですが嫁さんの実家が犬を飼いだした時めっちゃ嬉しかったですね。
当時はまだ結婚してませんでしたが嫁さんの実家に行くのは犬(ギン)に会えるのでしょっちゅう行ってましたよ(笑)
毎日一緒に居た訳では無いけど家族と思ってました。
そんなギンも寿命で居なくなりリキさんと同じように今でもふと思い出します。

今という限りある時間を大切にしなければと常々思いますね。
過去も大事にして現在、未来も大事していきたいですね。

2013/09/25 (Wed) 19:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

yasu様

本当に家族そのものでした。

充実した今を積み重ねることが,自分なりのすばらしい未来につながりますよね!

明日も元気にやっていこうと思います。

2013/09/25 (Wed) 20:07 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

こんばんは。

うう、悲しくもよい話ですね(/_;) 私も十年前ですが、柴犬を飼っていました。彼が病気で死んで以来、ペットを失うのが怖くて、何も飼っていません。

人間、何か夢中になれるもの、可愛がれるものの存在は必要ですね。私も今はそれが自転車かもしれません。

2013/09/25 (Wed) 20:17 | EDIT | REPLY |   

riki  

ひろ@bike 様

ひろさんおっしゃるように,ぼくも,多分この先,ワンコを飼うことはないと思います。

今は,自転車と散歩をして,自転車をかわいがっている生活に満足しています。

2013/09/25 (Wed) 20:27 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

こんばんは。

実は黒藤を迎えるにあたって相当悩みました。

広島の実家では犬猫関係なく飼っていたので居なくなったり見送った事も往々にしてありましたので別れの辛さは慣れないものです。

きっかけは子供特有の「犬が飼いたい。世話はきちんとするから」ですが。
私を躊躇させていたのは私が黒藤との別れを許容できるかが問題でした。

ただ、別れの辛さより日々を送る楽しさをとり迎え入れました。
3ヶ月を迎え言葉を理解し始めた黒藤との生活は間違っていなかったと思いながら遊んでいます。

間違いなく私の方が見送ることになると思いますがその時まではしっかりと生活して行こうと思います。

いまは、黒藤が大きくなって出来ることを想像しながら日々を送っています。今月末が過ぎれば散歩解禁です。引きずり回してやるぞ~黒藤覚悟しろ!

rikiさん遊びに来てくださいね。あ奴は抜けている所があるので忘れられますよ。(笑)

最後に亡くなったあともrikiさんに思われている君は幸せものですね。
それ以上にリキ君にもらった幸せは大きかったのでしょうね。

2013/09/25 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんばんは!

時々、はっとさせられるrikiさんの感性に、まるで詩を読んでいるかのようで、ただいま目の中がなぜか大汗かいちゃってます。

我が家では、大型犬は無理だったので、ポメラニアンを。・・・・・・思いだしちゃいました、妻にはなついていたのですが、ワタクシには・・・!!!でも可愛かったです。

早起きして、走りまわって、思い出を胸に元気になろっと!

2013/09/25 (Wed) 21:08 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

ありがとうございます。

「別れの辛さより日々を送る楽しさ」「もらった幸せは大きかった」 ── 本当にそのとおりです。

遊びに行きま~す!
14日は残念ながら,盛岡にいますので,また別の日曜日にでも!

黒藤君の散歩解禁が楽しみですね。好奇心にあふれた目が輝くでしょう。

2013/09/25 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは!

おそれいります。

年を取ると,やたら涙腺がゆるくなって困りますよね(笑)
なんか,みなさんの書きこみを読ませてもらうだけで,ウウ…。

まあ,ほかのところもいろいろとゆるくなるので,仕方ないですね(笑)

2013/09/25 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

ううっ、めっちゃええ話しです(T_T)
リキ君は本当に愛されていたのですね…
子供の成長もアッという間ですよね…ついこの前までオムツ替えてたのにな。上の息子は3年前からそして下の息子も来春から独り暮しを始める予定ですので、寂しくなるんだろうな…

2013/09/26 (Thu) 00:22 | EDIT | REPLY |   

メソ  

タイトル

rikiさんおはようございます。
リキ君の足音、エサやり…ものすごくリアルな描写てますね。ホント目に浮かぶようです。
うちは小型のトイプードルですが、フローリングにあたるカツカツという足音がやっぱりとても印象的です。
机の下に隠れるリキ君かわいいですね(*^_^*)
うちと同んなじです(笑)

2013/09/26 (Thu) 07:33 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

本当にあっという間ですね。
子育てはたいへんだったのに,あっという間でした。

ぐずぐずしていると,自分もあっという間に年を取ってしまうので,毎日を元気に楽しんでおきたいと思っています。

2013/09/26 (Thu) 07:37 | EDIT | REPLY |   

riki  

メソ 様

犬好きにはあの音のことがわかっていただけますよね。
一つ一つの動作が愛おしい。

やっぱり,隠れるところは同じですか。
「耳掃除」という言葉が聞こえると,すぐに避難していました(笑)

2013/09/26 (Thu) 07:40 | EDIT | REPLY |   

the_32o  

タイトル

テーブルの下がリキ君の安全地帯だったんですね。
耳掃除嫌いかあw

娘さんは実家の匂いと空気を感じてタイムスリップしたんですね (T_T)

2013/09/26 (Thu) 12:45 | EDIT | REPLY |   

riki  

the_32o 様

安全地帯に隠れても,引きずり出されて,押さえられて,強制的に耳掃除です(笑)
それも,今となっては懐かしい思い出です。

臭いや音,空気感など,五感に訴えるものは,ときとして鮮やかに記憶を呼び覚ますようですね。

2013/09/26 (Thu) 15:23 | EDIT | REPLY |   

maa  

タイトル

こんにちは!
私も飼っていたワンコたちのことを思い出しました...
rikiさんを母、娘さんを私にすると我が家でもこの通りで、
ワンコの朝ごはんの支度の次は、私が母に毎朝たたき起こされる番でした。(汗)
拝見しながらリアルに当時の音や情景が浮かんできました...
とても懐かしく、ワンコたちのことを思い出すことができました。
ありがとうございます。

叱られてテーブルの下に避難してるリキくんの表情...たまりません!
喋れない分、目で訴えてくるんですよねェ~...早く散歩に連れて行けとか、
お腹空いたとか、反省してますとか。

2013/09/26 (Thu) 19:00 | EDIT | REPLY |   

riki  

maa 様

やっぱり同じですか。
なつかしい音ですよね。

そうですよね。目で訴えるんです。
それがまたかわいい!

ロードバイクも目で訴えてくるぐらいしてくれると,もっとかわいくなるんですが(笑)

2013/09/26 (Thu) 22:08 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

rikiさん、rikiさん。

ロードバイクは音で訴えてくれますよ。
地味~に、でも非常に気になるように・・・

2013/09/26 (Thu) 22:44 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

そうでしたね!

しかし,ワンコを飼い始めた頃と同じように,ぼくにはまだロードバイクの音からいろんな情報を聞き取る耳ができていません。

つきあいの深まりとともに,聞こえてくるかな。

2013/09/27 (Fri) 07:47 | EDIT | REPLY |   

タクフスブルグ  

タイトル

初めまして。
『戸越峠 ロードバイク』で検索していてブログ拝見しました。
僕も飼っていた犬がリキって名前でしたので思い出しました。
日曜日の朝、雨沢峠などで走っているので機会かがれば一緒に走ってみたいです。

2013/09/28 (Sat) 16:14 | EDIT | REPLY |   

riki  

タクフスブルグ様

コメントありがとうございます。

そうですか,おなじくリキですか。
ワンコつながりですね。雨沢当たりで見かけたら,声をかけてください。
黒白ビアンキのじいちゃんライダーです。

2013/09/28 (Sat) 19:39 | EDIT | REPLY |   

脂身  

はじめまして

ちょいとばかし「ウルッ」ときちゃいましたので。

うちにも8歳と7ヶ月のゴールデンがいるのですが、そうそう、よだれもよく踏みます。スリッパ必須ですね。でも、愛おしくてしかたないやつです。

あ、一応自転車乗ります。よろしくお願いします。

2013/09/30 (Mon) 07:52 | EDIT | REPLY |   

riki  

脂身様

コメントありがとうございます。

8歳ですか。まだまだ元気ですね。
楽しい毎日をたっぷりと楽しんでください。

ブログも拝見しました。
かわいい子ですね。

2013/09/30 (Mon) 08:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/12 (Mon) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply