初心者のパーツ交換 (1) クランクセット

グランフォンドから帰ってきて,大変だったのは,バイクの掃除です。

ずっと雨の中を走ったために,すごい汚れ方です。

とくにひどいのは,ブレーキから出た粉が雨とともに流れて,ブレーキ周辺に黒いシミ・筋がたくさん付いていること。

もう一つは,そこら中小さな砂が付いていて,可動部を動かしたり,ネジを回したりするとじゃりじゃり言うこと。

この砂と水のせいで,テールライトがダメになりました。

「パナソニック SKL090」というテールライトです。
これは,暗くなると自動的に点灯する優れものですが,接合部などにパッキンが使ってないため,雨が入り放題。
分解してみたら,中まで砂だらけになっていました。

買わない方がいいでしょう。


さて,タイヤも外し,チェーンも外し,スプロケに外して掃除となれば,部品交換のチャンスです。

クランクセットの交換をすることにしました!

Dura Ace にします!

初めてですから,ドキドキしながら始めます。

まずペダルを外します。

これは,ペダリングをする回転方向が「締まる」ペダリングと逆回転方向が「ゆるむ」です。

130912_0.jpg

つぎに左クランクから外します。

クランクセットは,FSA の GOSSAMER(ゴッサマー)です。

130912_1.jpg

まず軸の中心にはまっているキャップを,5mm のアーレンキーで外します。

130912_2.jpg

外れました。

つぎに,クランクの根元に,互い違いの方向から入っているボルトを 2 本,外します。

130912_3.jpg

ボルトが外れれば,かんたんに抜けます。

130912_4.jpg

ここまで,するするとかんたんにできてしまったので,あっけにとられるほどです。
なあんだ,クランクの交換なんて簡単じゃん!

つぎは,右クランクを外します。

と,とれない!

とれるはずがない!
チェーンがまだ外していませんでした。

チェーンを外します。
これはもう,なれた作業。

130912_5.jpg

matz さんに教えてもらった,針金ハンガーで作ったチェーンをゆるめて固定する道具を使います。

そして,右クランクを外す!

130912_6.jpg

本には,「固いときにはゴムハンマーでたたく」と書いてありましたが,そんな必要はありませんでした。


それにしても,BB 周りが汚い!

お掃除します。

130912_7.jpg

ぼくのビアンキは,マット塗装なので,いつも歯ブラシと石けん液を使っています。
これで落ちない汚れは,ウェスにデグリーザをしみこませてふきます。

きれいになったので,BB を外します。
(この工具は shigarakiyaki さんにお借りしました)

130912_8.jpg

これも,ペダリングをする方向は「締まる」,ペダリングの逆回転方向が「ゆるむ」です。

外れました。

130912_9.jpg

中を,ウェスできれいにふきあげます。


いよいよ,Dura パーツを組み込んでいきます。

まずは,女神様からいただいた,Dura の BB です。

先日,KTM さんのところへ現れた女神様が,帰りがけにうちに寄って,「探しても見つからないよ~!」と騒いでいたぼくに,Dura の BB を持ってきてくださいました。ありがとうございました。

130912_a.jpg

ラチェットレンチに着けられる,カップ型の BB 専用ソケットを使いました。

これである程度しめてから,

レンチを,トルクレンチに替えて,いよいよ,トルクレンチ様,初舞台(笑)

130912_b.jpg

推奨トルクは,30-50Nm。
このトルクレンチは,30Nm までしか使えませんが,表示は,33Nm くらいまで表示してくれますから,そのあと少し増締めしておきました。

そして,右クランクを入れ,左クランクで固定します。

もちろん,ボルトはトルクレンチを使って締めましたよ。

130912_c.jpg

マニュアル通り,ボルトを締め,脱落防止の小さな爪を押し込み,クランク軸のキャップもはめました。

ペダルを着けて,完成!

130912_d.jpg

難しいのではないかと思っていたクランクセットの交換は,意外に簡単でした!

さあ,試し乗りの前に,次回は,リアディレイラーを交換しちゃいます!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

Comments 16

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんばんは!

えっ!!!rikiさんの所にも女神さまが。・・・・・・・(;一_一)【うらやましい!】

しかし、デュラはかっこええなぁ!

お会いできる機会があったら見てみたいなあ。


いつかは、デュラ。・・・・妻が女神に・・・・・・(;一_一)【やっぱり見えない!ムリか?】

2013/09/12 (Thu) 19:42 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは!

いいでしょ~!(笑)
ホントは,女神様の居場所を突き止めたので,おじゃましたんですけどね。

デュラエースがぼくのバイクには,今ひとつ似合っていないようにも思えてしまうのですが,乗った感じは,とっても軽快です。

奥様が女神様になるかどうかは,チャップリンさん次第!?(笑)

2013/09/12 (Thu) 19:54 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんばんは!

似合ってるかどうかは、見てあげますよ!?(笑)

しかしワタクシに問題が!
スミマセン!!!よっぽどおこないが。・・・・・・・えっ女神さまになる前に角が生えてる\(゜ロ゜)/【キャ-!!!】

おとなしくしてよっかな。

2013/09/12 (Thu) 20:19 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

判定よろしくお願いします。

つ,角が!?

昔から,女神と鬼は紙一重と言いますから。
え? 言わない?

2013/09/12 (Thu) 20:37 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

グッ、ジョブ!です。

クランク周りをやっつけたら、あと強敵はヘッド周りくらいでしょうか?
これで次からフレームから組みたくなりますよ。
さ~て、どのフレームにしましょうか?(笑)

2013/09/12 (Thu) 21:02 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

ありがとうございます!

強敵はSTIの交換です。
同時にワイア交換となります。
そして,なんと,ワイアがフレームの中を通っているので,これをどうしたらいいのか,ネットで調べています。

めんどうな予感…。
ここまでめんどうなら,ついでにハンドルも交換しちゃうか(笑)

2013/09/12 (Thu) 21:12 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

僕のRADACもフレームにワイアが通っています。
(ウイキを見て)交換作業の手順はこうしています。
ご参考に!

多くのモデルではリアブレーキケーブルをトップチューブ内に通す構造を採用していた。その為、メンテナンスの際に不用意にケーブルを抜き去ってしまうと、再びケーブルを通す際にとても苦労するので注意が必要である。

トップチューブ内を通るリアブレーキケーブルの交換手順は以下のとおり。
1.古いインナーケーブルを抜く
2.新しいインナーケーブルを入れる
3.古いアウターケーブルを抜く
4.新しいアウターを通す

このようにすると、比較的楽に作業ができる。

但し、アウターケーブルを通す際は、アウターケーブルの腰が強い為、うまくトップチューブの通し穴に入れるのに少し苦労する。インナーケーブルを引っ張りながらで、うまくガイドする必要がある。

2013/09/12 (Thu) 22:46 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

ご丁寧にありがとうございます!

ところが,ぼくのバイクの場合,アウターケーブルがフレームへの入り口までで終わっており,また,出口からアウターケーブルが始まる構造です。

つまり,フレームの中は裸のインナーケーブルが通っているのです。
難敵です。

2013/09/12 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

いよいよ始まりましたね。

やってみると意外に簡単だと思いますが・・・簡単なところは。(笑)
でも、最後は慣れですね。

ワイアーの処理は引き抜く前に今のワイアーの先端に取れないように糸を付けて
引き抜けばフレームの中を糸が通りますのであとはワイアーをつなぎ変えて糸を引っ張れば簡単ですよ。

ただし糸が外れないように厳重に付けてください。
瞬間接着剤とかで固定するのもひとつのてです。

2013/09/13 (Fri) 00:03 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

いよいよ始まりましたね(^^)
走るのも楽しいし、弄るのも楽しい、想像するのも楽しい…深いなーバイクは。
早く試走したいですね( ^ω^ )

2013/09/13 (Fri) 00:34 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

ありがとうございます。

やはり糸ですか。ネットで調べていても,いろんな方法がありましたが,糸が一番いいかなと思っていました。

でも,糸をどう固定するか紹介されていないことが多く,テープで留めるというのが一つ見つかっただけです。

金属のワイアと糸を何でどうくっつけるか,アウターケーブルとこすれて,とれてしまうのではないかなど,悩ましいところです。

2013/09/13 (Fri) 07:47 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

はい,始めましたよ。

一つ部品がはずれるたびに「やったー! できた!」なんて喜んでいますから,まあ時間のかかること(笑)

でも,ひとつひとつ仕組みがわかっていくのはおもしろいです。

2013/09/13 (Fri) 07:49 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

こんにちは。

ご参考に
http://www.yoz-ami.jp/line_knot/010.html

外掛け結びでするとやり易いですよ。すべるようでしたら瞬間接着剤を薄く引いてください。

メリットはワイアーと糸が直線状になることです。
結び目も大きくなりません。
糸はテグス(つり用)を使うと細く強度もあります。

2013/09/13 (Fri) 12:09 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

何から何までていねいに教えてくださって,ありがとうございます。

なんか,自分でもできるような気がしてきてしまいました。

大いなる勘違い?(笑)にならないよう,がんばります。

2013/09/13 (Fri) 16:21 | EDIT | REPLY |   

こで314  

タイトル

デュラカッコええですね!(゚o゚;;

自分もサンタさんにお願いしてみようかなf^_^;

次はリアディレイラーですか~
怖くて触れないパーツNO.1なので、レポ楽しみにしてます!

2013/09/13 (Fri) 17:10 | EDIT | REPLY |   

riki  

こで314様

たしかに,リアディレイラーは,ぼくのような素人には少し荷が重いです。
荷が重いときには,友だちに持ってもらう,これが原則です(笑)

明日にでも書こうと思っています。

2013/09/13 (Fri) 17:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply