ボルトの締め付けトルク ~足りなかった


ロードバイクのボルト締め付けのトルク管理が気になって,トルクレンチを注文しました。

まあ,実際の所は,適当に締めておいても何とかなる感じもするのですが,どうせなら,きちんとしておいた方がいいと思います。

注文したトルクレンチがやっと,到着。

130903_1.jpg

KTC のデジタルタイプを選びました。

定価は3万円以上しますが,いろいろ探したら,2万円で入手できました。

けっこうな予算額ですから,あんなパーツやこんなパーツを買う方がいいなあ,などとも思います。

でも,自分で交換や調整をしてみたいし,トラブルの可能性を低くできるのなら,こういう所に投資するのも大切でしょう。

安全面,健康面への投資 > パーツ・機材への投資

というくらいの方が,年寄りライダーにはいいのかなと思います。

これは内緒ですが,職場の旅行に行かなかったので,積立金がもどってきて,それを使っちゃいました(笑)


さて,新しいものを手に入れると,いろいろと触りたくなります。

まずは,自分の乗っているバイクの,ボルトの締め付けトルクを確認してみたくなりました。


以前に,ハンドルの高さを少し低くしたとき,ステムのボルトを自分でゆるめ,自分で締めました。

130903_0.jpg

あの作業はどうだったんだろう。

ステムの固定ボルトは 6 Nm の指定です。

はかってみると,イマイチよくわかりませんでしたが,たぶん 4 Nmちょっと。

けっこうしっかり締めていたのですが,自転車屋さんで「締めすぎ」と言われて,ゆるめたものでした。

もちろん,普通の六角レンチを使って締めたものです。

締め付けが足りませんでしたね。



そもそも,6 Nm とは,いったい,どれくらいのトルクなのでしょうか。


トルクとは「力」ではありません。

ものを回転させるときには,回転の中心に近いところに力を加えるか,中心から離れたところに力を加えるかで,その効果がちがってきます。

トルクとは,ものを回転させる能力(効果)を数値として表したものです。

数式で言えば,「力の大きさ × 支点からの距離 = トルク」ですから,

「 6 N・m ( 6ニュートンメートル)」 といいうのは,たとえば,

「6 N の力で,長さ 1 m のレンチを使って,ねじを締める」
  ( 6 N × 1 m = 6 Nm )

という意味です。

        ここで,N(ニュートン)は力の単位,m(メートル)は長さの単位です。

        トルクの単位は,この二つをかけ算した量の単位ですから,N・m(ニュートン・メートル)です。

        この先,N (力の単位)と Nm (トルクの単位)のちがいにご注意ください。




もっとも,上のたとえはおかしいです。

1 m のレンチなんて絶対使いません。

現実的な 4 mm の六角レンチだと,長さは 10 cm(= 0.1 m ) 程度。

このレンチで,6 Nm のトルクをかけようとすると,

  60 N × 0.1 m = 6 Nm

となります。

10 cm のレンチを使うと,60 N の力が必要なんです。


細かいことを言わなければ,1 kg のものを真上に持ち上げる力が,約 10 N。

60 N は,6 kg のものを持ち上げる力。
レンチのはしに,6 kg のものを載せたのと同じ力,ということになります。

130903_3.jpg

まとめると,ステムを固定するボルトに加える 6 Nm のトルクは,10cm のレンチなら,6 kg 分の力を必要とすることになります。

しかし,「6 kg 分の力」を,手の感覚で実現することは,ぼくたち素人には不可能でしょう。

結局,トルクレンチを使うのがかんたんに安心できるということですね。



さっそくトルクレンチを使ってみます。

4 mm のヘキサゴンビット(六角レンチの先のような部品)を装着して,電源を入れます。
トルクを,6 Nm に設定して,ボルトを締めていきます。

目標の 6 Nm 近くになると, LED と音で知らせてくれます。
液晶画面を見て,6 Nm になるほんのちょっと手前で,締め付け終了。

かんたんでした。



さて,いよいよクランクの交換!!



といきたいところですが,こんどの日曜日は,北アルプス山麓グランフォンドに参加する予定です。
白馬の麓を 100km ほど走るので,クランク交換は,次週に持ち越し。

交換したら,少し様子を見なければ,心配ですからね。

でも,お天気の方がよほど心配…。

晴れたらいいなあ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

Comments 18

ayu  

この辺りが緻密なrikiさんと自分との違いですな。ハンドルの高さを初めて変えたとき、締め付けが弱すぎたので、それ以降はニコーさんで教えてもらった、指だけでギュッと回せば大体OK、という手ルクレンチで済ませています(^_^;)
こんなことしてると、そのうちバキッ!となって二万円じゃ済まなくなるかな(笑)

2013/09/04 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

riki  

ayu 様

いえいえ,「緻密」という言葉が似合う男ではありません。

こういう機械物がけっこう好きなだけで,こり始めると,こういうものもどんどん使ってみたくなる方なんです。

要するに,使ってみたいだけで,その言い訳のような記事です(笑)

2013/09/04 (Wed) 22:47 | EDIT | REPLY |   

こで314  

タイトル

Nニュートン、久しぶりに聞きましたf^_^;)
rikiさんの解説、いつも解りやすくて読みやすいです。

今週末のグランフォンド、予報が曇り方向にきてるので、このままもつとイイですね~
気をつけて楽しんできてください(*^o^*)

2013/09/04 (Wed) 22:51 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

1mちょっとのトルクレンチ
仕事でたま~に使います。
もしご入用ならご相談を(笑)

白馬~大町
いいですね。
景色もいいし、麓ならとても走りやすそうな感じがします。

いつか
その先の糸魚川まで行きたいな~。

2013/09/05 (Thu) 00:09 | EDIT | REPLY |   

KTM  

タイトル

今日私も初めてデジタルトルクレンチを使ってみました
すると6Nでいいところを8Nで締めていました…
締め過ぎですねw
自分の感覚のいい加減なこと…
私もデジタルトルクレンチ欲しくなっちゃいました!

2013/09/05 (Thu) 01:52 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

おはようございます。

いよいよですね。
しかし、自制心が凄い!私なら何も考えずに交換しています。

白馬良いですね大町は良くいきますがアルプスを見ながら走れるんですよね。
AACRに皆さんと一緒に走りたいですね。

2013/09/05 (Thu) 05:19 | EDIT | REPLY |   

ケン  

タイトル

トルクについては理解していたつもりでしたが、よりはっきりと解りました。
rikiさんの解説は、いつも解りやすいです。
有難うございます。

KTC!
憧れです!
欲しいです!

そうそう私もトルクレンチ持っていますよ。
ただ車のホイールナットを締め付けるレンチなんで、自転車整備で使うには無理があるなぁ~(^^ゞ

今週末は何とか雨が降らなければいいですね。
出来れば晴天の下で楽しんで頂きたいです。
お気をつけて~!!

2013/09/05 (Thu) 06:02 | EDIT | REPLY |   

riki  

こで314様

ありがとうございます。
そう言っていただけると,また次の話題を書く励みになります。

なんとかお天気がもってほしいんですが…。

2013/09/05 (Thu) 07:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

おお! そんな工具が専門の世界ではあるんですね!

その長さがあったら,さぞかし小さな力でボルトが締められるでしょう…

いやいや,たぶん工具を保持するだけで,すごい力がいりますね(笑)

2013/09/05 (Thu) 07:45 | EDIT | REPLY |   

riki  

KTM 様

新しい道具は,子どものおもちゃみたいなもので,見ていても楽しいし,使うのも楽しいです。

来週は,クランクを交換するので,また,アドバイスお願いします!

2013/09/05 (Thu) 07:58 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

自制心なんて,ほとんどありません(笑)

臆病なだけです。
アルプスのスバラシイ眺めを前に,クランクが回らなくなるんじゃないか,ぽろっと取れるんじゃないか,なんてことを考えてしまいます。

2013/09/05 (Thu) 08:01 | EDIT | REPLY |   

riki  

ケン様

お褒めの言葉,ありがとうございます。
うれしいです。

日曜日の走る時間だけでいいから晴れてほしい!
周囲の美しい山の景色を見せてほしい!
できれば,道も乾いていてほしい!

願いが多すぎるか…(笑)

2013/09/05 (Thu) 08:04 | EDIT | REPLY |   

naruヲカ  

タイトル

いつもながら解りやすい説明ありがとうございます。

トルクレンチを持っていないワタクシが6Nmのトルクを体感する方法として、
右のペダルにジャンプ5冊くくりつけ左のペダルをまわしてみるというのは正しいですか?
(クランク長170mm、ジャンプ1冊700gとします)

週末は晴れるといいですね。楽しんで来てください。楽しい記事を待っていますw

2013/09/05 (Thu) 09:13 | EDIT | REPLY |   

the_32o  

タイトル

なんて解りやすい教科書でしょう!

物理でモーメントを習って距離×力とは理解していましたが、
「締め付けトルク6Nm」との表記を見てもイメージ出来ていませんでした。
これからはレンチを先から10センチで握って、6kgの鉄アレーをイメージして閉めるようにしますw

いやいや、早くトルクレンチを買ったほうがいいなw  (´∀`;)


着々と準備を進め、いよいよ作業ですね。
UPを楽しみにしてます!

2013/09/05 (Thu) 11:53 | EDIT | REPLY |   

riki  

naruヲカ様

コメントありがとうございます!

右ペダルにジャンプ5冊,左クランクを回してみるというアイデア,ナイスです!!
手で握る位置を,使うレンチの長さと同じ所にすれば,ばっちりです!

クランクと同じ太さのレンチを使うなら,もう,すべての条件クリアですね!

2013/09/05 (Thu) 16:06 | EDIT | REPLY |   

riki  

the_32o 様

ありがとうございます!
そう言っていただけると,うれしいです。

来週は,クランクセットを交換しますが,まあ,理屈ばっかりで,作業はもたもたして,たいへんなことになりそうです(笑)

2013/09/05 (Thu) 16:10 | EDIT | REPLY |   

ミワーノ  

いつも楽しく拝見させて頂いてます。先日の日記の小里川ダムに行ってみました。初めてのコースだったのでワクワク&ドキドキが止まらず楽しいサイクリングでした。ダム巡りにハマりそうです!
いつかご一緒に走れたら嬉しいです。
これからもブログ楽しみにしています。

2013/09/06 (Fri) 19:38 | EDIT | REPLY |   

riki  

ミワーノ様

コメントありがとうございます!

ダムへ行くには,坂も登るし,景色のいいところも多いですよね。

いつか機会があれば,ご一緒させてください!

2013/09/06 (Fri) 19:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply