締め付けトルクの管理 ~" 降伏 "



今日は,shigarakiyaki さん宅におじゃましました。

ブログ上で工具のことを聞きたいとリクエストしたら,「ちょうどモリゾーさんが来るので,どうぞ」とお誘いいただき,遠慮なくおじゃますることにしました。

KTM さんやモリゾーさんのブログで紹介されている shigarakiyaki さんですが,ちょっと怖い感じの人かなと思っていました。

ところが,実際にお会いすると,おだやかな優しい目をした方でした。

第一印象は,若いけれど,徳の高いお坊さん。

永平寺で修行した経験がありそう。

「マフィア」との噂もありましたが,全然そんな感じではしませんでした。


さて,玄関先におじゃますると,すぐに目に付くのが何台もある自転車。

あれやこれやと話しているうちに,ごついマウンテンバイクが登場。

shigarakiyaki さんがまたがったと思ったら,なんと,乗ったままトントンと,玄関先の階段を下りていきます!

マウンテンバイクというのは,階段が走れるんだ!

いかにもという感じの,ダブルサスのカーポン製マウンテンバイクです。
すごくごついのに,見た目に反して軽い!

ギア比もロードとはまったくちがっていて,かなりの坂を登れるそうです。

モリゾーさんの目がキラキラと輝き,「ちょっと乗ってもいいですか」「あの公園で乗ってきてもいいですか」。

もう,手に入れたいとばかりに現実的な質問が相次ぎ,「これ,やばいです」と言っていました。

ぼくも乗らせてもらいましたが,ロードとはまったく別の乗りものです。
これはこれで,おもしろそう!



モリゾーさんが公園で乗っている間に,ぼくは,今日の本題であるワンちゃん,工具のことを聞きます。

130824_1.jpg

「何が必要か」「何が大切か」という話を聞きました。

一番印象に残ったのは,shigarakiyakiさんは,ものや道具を大切にしておられるということです。

きちんとした使い方をしてあげないと,大切な機材を台無しにしてしまうということです。


今回のメインの話題はトルク管理。

「このボルトを,大小二つのレンチで締めてみてください」と,レンチをわたされました。

ごく普通の,頭が六角のボルトです。

自分の感覚で「ネジが締まったな」というところまで締めました。

そのあとで,shigarakiyakiさんが,デジタルのトルクレンチで,ぼくがどれくらいのトルクで締めたかを測ります。

すると,適正トルクの何倍もの力で締めていたことがわかりました。

しかも,大きいレンチで締めたものは,同じような締め方のつもりだったのに,小さいレンチの2倍のトルクがかかっていました。

そして,ここからがおもしろかった!

このネジをshigarakiyakiさんが,さらに増し締めしていきます。

トルクレンチの数値がどんどん上がっていきます。

「そろそろですよ」

何が?

突然,レンチをいくら回しても数値が止まったままになりました。

「これが "降伏" です」

そして,あと,数回レンチを回すと,ポチッという音とともに,ボルトの頭がとれました。



その仕組みを,shigarakiyakiさんが説明してくれました。

ぼくは,その説明にいたく感動しました。

ネジなんて,ふだん何気なく使っているものにも,きちんとした仕組みがあるのだとわかったんです。



ぼくの説明では,うまく伝わらないかも知れませんが,自分一人で納得してはもったいないので,紹介します。

これを図で説明すると,次のようになります。(自信はありませんが,多分)

A は,まだボルトの頭が浮いている状態。

B は,頭が着いて,これから締めていく状態。

C は,トルクをかけていくことで,ネジ部分が下に入りこんで,ボルトが伸びている状態。

ネジの原理

普通,考えにくいかも知れませんが,金属も力をかけると伸びます。

ボルトをねじ込んでいくと,図 C のように,頭の部分は止まってるけれど,ネジ部分が先へ進んでいくので,ボルトの頭とねじ山の間の部分がほんの少し伸びます。

金属もゴムやバネと同じように,伸びたらもとにもどろうとする力を出すので,その力でボルトの頭が部品に押しつけられ,その部分の摩擦力が高まって,ネジとしての役割を果たすわけです。

しかし,伸びた部分がもとにもどろうとする力がきちんと発揮されるのは,限界があります。
伸びすぎるともどらなくなるからです。

一般にこれを弾性限界と呼んでいますが,弾性限界を超えると,もとにもどらなくなるのです。
パンツのゴムが伸びてしまった状態ですね。

ボルトも同じで,伸びきるともとにもどりません。

これが,たぶん(多分ですみません)「降伏」と呼ばれている現象です。

さらにこれを越えると,破断が起きます。

shigarakiyakiさんによると,一番怖いのは,そして,ありがちなのは,適正トルク以上に締めてしまって,ボルトの破断につながることだそうです。

「回せるだけ回す」
「まだ締まるからといって締める」

これが危ないそうです。

適正以上のトルクがかかれば,降伏を招きます。
強く締めたことで,かえって,そのボルトは役割をはたさなくなってしまうわけです。
ましてや,ころんと頭がとれてしまっては事故につながりかねません。

ということは,長い間使っているうちに増し締めが必要なボルトがあったとすると,それはゆるんだのではなく,伸びてしまった可能性もあるということですよね。

頭に置いておきたいことです。



これは,ボルトの側から見た,適正トルクの管理の問題です。

部品の側から見ると,部品も,ボルトの頭が押しつけられることで,変形します。

その変形にも限界があって,金属なら,もとにもどらなくなったり,カーボンなら,パキッと割れてしまうわけです。


もう,トルクレンチを買うことに決めました(笑)




さてさて,ほかにもいろいろとお話を伺いましたが,もう,時間が足りなくなるほど楽しい時間でした。

よだれの垂れそうなフレームに,これまたマニア垂涎のパーツ満載のバイク。

130824_2.jpg

オルトレはビアンキ乗りのあこがれですね。


その上,ベランダに,この子ですよ!

130824_3.jpg

もう,この世に,子犬と孫ほどカワイイものはいません。

このワンちゃんに会いに,また来たいと思ったほどです(笑)

shigarakiyakiさん,ありがとうございました。

また,ワンちゃんに会いに, 自転車のお話を聞きに行ってもいいですか?


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

Comments 27

shigarakiyaki  

タイトル

rikiさん>こんにちは
今日は楽しい時間をありがとうございました。
MTBはトレイルコースを走るとすごく楽しいですよ。

以外にえっ!こんなもの?って感じだったでしょ。>規定トルク
ただ、規定トルクで締めているから緩まないかというと緩みます。
ですから「増し締め」ではなく「締め直し」が必要です。
メンテ毎に主要部分をチェックすると安心ですよ。
手間を掛けるほど愛着も沸きますから。

いつでも、遊びに来てください。黒藤の子犬時代は短いですから。
しかし、私の人物像はどんなんだろう(笑)
ちなみに坊主なのは白髪とカッパ禿隠しです。

2013/08/24 (Sat) 19:09 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんばんは!

今回も思いっきり勉強させていただきました、今まで疑問にすら思わなかったこと、目からうろこが落ちました。
サドルのポジションなど、ちょこちょこと弄るのですが(手ルクレンチ)で適当に締めちゃいます。
素人のワタクシでもわかりやすい解説、ありがとうございました!

追伸
明日、まっさんさん主催の雨沢TT挑戦してきます。(*^_^*)

2013/08/24 (Sat) 19:20 | EDIT | REPLY |   

riki  

shigarakiyaki 様

こちらこそ,ありがとうございました!

shigarakiyakiさんの人物像は,もちろん「とってもいい人」です!

自転車乗りの人に会うたびに思うのですが,どうして,こんなにいい人が多いんだろうと,しみじみ思います。素人相手に,懇切ていねいに話してくださる姿は,尊敬です。

2013/08/24 (Sat) 19:44 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは!

明日は予定しているライドに行けるかどうか,ちょっと心配な天気です。

雨沢TT祭り,無理せずにがんばってくださいね。
まっさんの報告を楽しみにしています!

2013/08/24 (Sat) 19:48 | EDIT | REPLY |   

パンちゃんパパ  

タイトル

私もトルクレンチ持ってないから、大きいことは言えないけど、
締め付けトルクは、確か降伏点の70%~80%位だと思うので、荷重が掛かった時に、破断しないか心配ですね。力をかける長さは分かりますので、力は目分量で、、、。
0.2軸力が残っていれば、一応緩まないので。。。

ボルトの破断は、ネジ部でなかったですか?応力集中しますから単純な計算式には、乗ってこないかと。

グリスを塗るか塗らないかで、軸力が変わるし、増し締めしたら、軸力が変わったりと色々難しいですよね。


2013/08/24 (Sat) 19:50 | EDIT | REPLY |   

riki  

パンちゃんパパ様

コメントありがとうございます。

何せ,ぼくは素人ですので,難しいことはわかりません。
ごめんなさい。

わかったのは,できる範囲できちんとした管理をすることが大切だということです。
どこまで「きちんとした管理」ができるかどうかわかりませんが。

2013/08/24 (Sat) 20:32 | EDIT | REPLY |   

maa  

こんばんは!
適切なネジの締め付けは結構難しいですよね。自転車に使われているネジは細いので締め付け過ぎには注意ですね。
ワンちゃん、カワイイですね…仔犬
は特に…たまりません。(^^)
自転車のお話しもしたいですが、ワンちゃんのお話しもしたいな。(笑)

2013/08/24 (Sat) 20:57 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

タイトル

ワンちゃん…「自転車をかまってばかりで 遊んでくれないんだもん…グレるヨン」って言ってそう(o^^o) カワイイ!
ネジの締め付け…先日 シートポストを抜いて掃除した時 どれ位締めたら良いのか とても迷いました( ; ; ) 加減が分からないんですもの( ; ; )これまた 勉強しないといけませんね!

2013/08/24 (Sat) 21:57 | EDIT | REPLY |   

riki  

maa 様

ホントにかわいい子でした。
独特の目つきがたまりません。
撮ってきた写真を,家内に見せて,二人で盛り上がりました(笑)

あ,自転車の話でないレスですみません(笑)

2013/08/24 (Sat) 22:29 | EDIT | REPLY |   

riki  

おねえさん様

そうそう,ちょうどそんな感じで,少しすねたような目をしていました。
また,そこがカワイイ!

ぼくも今まで,シートポストを固定するときに,いつパキッていうか,ビクビクしていました。一度自分の締め具合がどれくらいなのか,測ってみたら安心できるかも知れません。

2013/08/24 (Sat) 22:31 | EDIT | REPLY |   

メソ  

タイトル

目から鱗です(O_o)
適性トルクって、かなり高いもんだと思ってました。
弾性限界…すごく勉強になりましたm(_ _)m
カーボンはきをつけないといけませんね。

ワンちゃん可愛いですねー和みます(^.^)

2013/08/24 (Sat) 22:51 | EDIT | REPLY |   

riki  

メソ 様

ありがとうございます。
お役に立てれば,うれしいです。

ちなみに,パーツに書いてある数値は上限だそうです。
締めすぎが多いようですね。

メソさんのブログの絵も和み系ですよね。
密かなファンです。

2013/08/24 (Sat) 22:57 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

おっ、KTCだ!
工具の世界も奥が深いですよ。

2013/08/25 (Sun) 00:38 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

明日(今日)の天気はどうでしょうね。少しでも、乗りたいですね(^^)

ボルトの締め付けトルク、難しいですね。いつも適当なのでいつかやってしまうのではないかと思ってたんですよね^^;
クルマでもタイヤ交換で締めすぎてボルトを折ってしまったって話しも聞きますものね。
気をつけねば…

2013/08/25 (Sun) 01:31 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル


MTBやらワンちゃんやら楽しかったですね~!

ネジ・・・なるほど!そういうことだったのですね!やっと理解できました(笑)

2013/08/25 (Sun) 02:47 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

なるほど,知っている人が見たら,「おっ,KTCだ」というものなんですね。
今度,知っているふりをして「おっ,KTCだ」と,言ってみよ(笑)

2013/08/25 (Sun) 08:08 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

今朝はけっこうな雨でした。
雨で走れなくなるということが,ずっとなかったので,けっこうショックですね。
梅雨の季節も,ずっと土日は走れていましたからね。

ゆっくりバイクの掃除でもしようかな。

2013/08/25 (Sun) 08:11 | EDIT | REPLY |   

riki  

モリゾー様

モリゾーさんが「よくわからない」と言っていたので,モリゾーさんを思い浮かべながら,書いてみました(笑)

ラブレターみたいに,伝える相手がはっきりしていると,文章がうまく書けることがありますからね(笑)

2013/08/25 (Sun) 08:12 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんにちは!

悪天候!

本日ザンネンでした!嫁の許しもでていたので、4時にとりあえず出発。
何事もなく豊田東まで下道で、東海環状の瀬戸に入る前のトンネルの表示が、・・・・・・出口雨!しかもジャ-ジャ-。

結局まっさんさんにも会えづに、帰ってきました。

道はしっかり覚えましたので、走る機会があれば誘ってくださいね。
第3回雨沢TTまでに、自己タイム測らなくっちゃ!!!

2013/08/25 (Sun) 10:04 | EDIT | REPLY |   

the_32o  

タイトル

shigarakiさんのMTBだらかグレードも高い物でしょうね (゚∀゚)
そんなバイクを借りて乗っちゃう未経験者のモリゾーさん、懐の広いshigrakiさん。
見ていたらハラハラしちゃいそうですw

ボルト締めのお話は勉強になりました。
先延ばし先延ばしにしていたトルクレンチを買う決心がつきましたw
コンポ組み換えチャレンジ頑張って下さい!

最後の写真にはやられました。
難しい物理の話を呑み込もうと集中していたところでワンw

2013/08/25 (Sun) 10:18 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんにちは!

それは残念でしたね。
でも,瀬戸しなので待ち合わせれば,いっしょに走れるということですね!
いっしょに雨沢を走りましょうか。

2013/08/25 (Sun) 12:21 | EDIT | REPLY |   

riki  

the_32o 様

そうでしょう。ホントにかわいい子でした。

コンポの組み替えの準備を着々と進めています。
こういう準備だけでも十分楽しいです。

2013/08/25 (Sun) 12:25 | EDIT | REPLY |   

みっちゃま  

タイトル

rikiさん  こんにちは〜♪

私のお家の近くまでいらっしゃってたのですね〜。
多分なのですが、shigarakiyakiさんとご近所なのですぅ〜( ´艸`)

主人がrikiさんのブログを拝見して、「楽しそう〜」って言ってました(≧▽≦)
自転車の組み付け&整備は主人に任せっきりなので、只今勉強中なのですが
ネジ1つ適当に締めても、大事故につながると感じました。
我が家もトルクレンチ購入します!!

それにしても、子犬ちゃんカワイイですね〜。
小さい頃のわんちゃんって、足が短くて、お尻ぷりぷりしながら歩くところがまたたまらないんですよね〜。
わんちゃんは、柴犬ちゃんなのでしょうか??

2013/08/25 (Sun) 16:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/08/25 (Sun) 17:42 | EDIT | REPLY |   

riki  

みっちゃま様

みっちゃまさん,こんにちは♪

いや~,トルクレンチ業界から広報大使に任ぜられるかな(笑)

すぐ近くまで行ってたんですね。
shigarakiyakiさんのところは,自転車乗りにとってはたまらない空間でしたよ。

ワンコ好きにもたまらないところでした。
柴の子犬ですね。
子どもはどんな動物でも体の割に顔が大きいところがカワイイです。

2013/08/25 (Sun) 18:28 | EDIT | REPLY |   

こで314  

タイトル

降伏って物理用語なんでしょうか?
なぜかこの手の用語はかっこ良く感じてしまいます(*^o^*)

ネジの締め付けは回せるだけ回すが正解と思ってたので、とても勉強になります。

コンポ組み替え、楽しみですね。
ちなみに中古パーツって、どこで手に入れてらっしゃるんですか?
やはりヤフオク?

2013/08/26 (Mon) 17:44 | EDIT | REPLY |   

riki  

こで314様

ちがうかもしれませんが,降伏は物理用語ではなく,工学系の用語だと思います。
たしかに,カッコイイですよね。

ぼくも,思い切り締めてました(笑)

コンポの組み替えは,相当苦戦しそうです。
ちょっと勉強してから始めようと思っています。

2013/08/26 (Mon) 19:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply