はじめてのタイヤ装着

昨日のスプロケット装着に続き,今日はタイヤをはめます。
もちろん,初めての作業です。

トレーニング用タイヤに選んだのは,Vittoria ZAFFIRO PRO HOME TRAINER です。
静かさで多少ほかよりよいとの評判がいくつかあったので決めました。

チューブは自転車屋さんで「まあ,これでいいでしょ」と言われた,SCHWALBEのごくふつうのもの。
これ,ドイツ語読みで「シュヴァルベ」。
カラヤン・ベルリンフィルの黄金時代を支えた往年のコンサートマスター,ミシェル・シュヴァルベと同じ名前。
なんか,親近感がわきます。

まあ,そんなことはいいとして,さっそく作業開始。
手順は先日のパンク修理講習会で身につけたはずなので,そのおさらいです。

まずは,「トレーニング用タイヤはかたくてはめるのがたいへん」という評判なので,ストーブの前にしばらく置いて柔らかくします。

片側のビードはあっさりとはまりました。

130123_1.jpg

つぎは,チューブに軽く空気を入れて,タイヤの中に入れていきます。

130123_2.jpg


チューブが入ったら,反対側のビードをはめていきます。
自転車屋さんに「かたいそうですけど,はめるときにコツはありますか」と聞いたら,「気合いです!」と言われました。そこで,気合いを用意して臨んだのですが,タイヤレバーを使うこともなく,あっさり素手ではまりました。ちなみに,親指よりも,手のひらではめていく方が楽です。

チューブがタイヤとリムの間に挟まれていないか,十分確認しました。
このシマノのホイールは,リムの内側が青くなっているので,チューブがかんでいればすぐにわかります。ここに黒以外の色をつけるというのはいい工夫ですね。考えた人,えらいです。

完成!

130123_3.jpg



ちゃんと,タイヤのロゴと,シマノのロゴも位置を合わせたつもりが…。
ん? ちょっと左にずれました。
いやいや,タイヤのロゴと合わせるのはバルブでした! あちゃー!
ま,初めてだし,許してもらいましょう。

130123ロゴ合わせ

ちょいとしたミスがあったものの,われながら,スムーズな作業に満足!
たいしたもんだな~。しばらく見とれていました。

ドキドキしながら空気を入れます。空気圧が高まっていくと,ピチッ,ピチッとタイヤとリムのこすれる音が!
怖い,怖い。とつぜん,バーンと音がしたらどうしようと思いながら入れました。あんまり怖かったので,今日は5Barまでで許してもらいました。使うときに指定の空気圧まで上げましょう。

さあ,かんじんのローラーはいつ来るのかな…。






関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

まっさん  

タイトル

こんにちは。

うわぁ~、なんかものすごく初々しい感じですね^^。タイヤ交換お疲れ様でした。ロゴ合わせるのはパンクした時、チューブの穴からタイヤの破損場所を特定するためですけど、室内練習用ならパンクしないから適当で良いのでは?と思ったりします^^;。
あの空気が入っていく時のミシミシ音。恐怖ですよね(笑)。
ではヽ(´▽`)/

2013/01/24 (Thu) 10:17 | EDIT | REPLY |   

riki  

Re; まっさん様

アハハ,その通りですね!
ロゴあわせなんて,何の必要もありませんでした!

あの,空気が入っていくときの音の恐怖については,どこのブログでも読んでいなかったので焦りました。
へたなホラー映画より怖かったです!

2013/01/24 (Thu) 12:31 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

タイヤが固くて今だかつて素手ではまったためしがありません。
みなさん、力があるんですねー。

2013/01/24 (Thu) 13:11 | EDIT | REPLY |   

riki  

Re; モリゾー様

いやいや,どう考えてもモリゾーさんよりぼくの方が非力です。

たまたまでしょう。それとも,ストーブで暖めて柔らかくしたせいかな?

2013/01/24 (Thu) 13:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply