美濃 川浦渓谷へ 後編

川浦渓谷の看板の下には,消えかかった字で「吾妻清水 2km」と書いてありました。

130624_0.jpg

2km なら行ってみましょうか,ということでさらに道を奥へ進みます。

すると現れたのが,これ。通行止め。
あら,残念。

130623_9.jpg

でも,このバリケードの手前にクルマがいっぱい止まっていたんです。
クルマがいっぱい止まっている割には,人が全然いない。
ということ,ここにクルマを止めて,この通行止めの先に進んだ人がけっこういるわけですね。
ちなみに,清水の先には,滝への入り口もあるようです。

通行止めにしてあるところを突破するという悪いことは,ぼくたち二人にはとてもできませんから,横から回り込みました。

さすがに通行止めにしてあるだけのことはあります。

130624_1.jpg

コンクリートで固めてある壁面が崩落しています。

おお,怖い。

当然のことながら,クルマは一台も入ってきませんから,のんびり走ります。

壁のあちこちから水がしみ出しています。
岩石の劈開面が乖離して,そのすきまから,降った雨がどんどん下に降りてくるのでしょう。こりゃ,壁面が崩れやすいわけだ。

しみ出てくる水が豊富なので,目の前にこんなものが。

130624_2.jpg

モリアオガエルの卵です。
樹上の枝の先に泡状のかたまりがあり,この中に卵が産み付けられています。
このあわの中でオタマジャクシがかえり,下にある池や水たまりに落ちるという孵化の仕方です。

こんな間近で見るのは初めてです。

岩石の壁面には,初夏の花,ギボウシが薄い紫がかった花を咲かせています。
本当に静かで,水が谷のはるか下を流れる音,鳥の声,タイヤが小石を踏む音だけが聞こえます。

突然,トンネルが現れました。

真っ暗だし,長そうなので,細い脇道で回避することにしました。

しかし,この脇道がたいへん。

130624_4.jpg

これは,マウンテンバイクで来る道だろうって感じです。

角のとがった石が流れてきて道をふさいでいます。

130624_6.jpg

倒木が道をふさいでいます。

130624_5.jpg

パンクしたり,すべったりしないよう,下を見ながら,慎重に走ります。
けっこう大きめの怪しいフンが,そこここに落ちています。。
熊じゃないといいねと話しながらも,ちょっと怖い。

こんなサバイバルロードから,トンネル出口の車道に出たときにはかなりホッとしました。

ここからしばらく行くと,ありました。

130624_7.jpg

清水です。

塩ビパイプがちょっと風情に欠ける…。

グローブを外して,さっそくいただきます。
とっても冷たい水でした。
ただし,味はイマイチ。
まずいわけではないけれど,「ああ,おいしい」という感じがない。

やっぱり,大きな岩の裂け目をサーッと通ってきたのでしょう。
ゆっくりとミネラル分が溶け込む時間がないので,甘く,ほんのりした味わいがありません。
これはちょっと残念。

でも,それは贅沢かな。
目の前で岩肌からどんどん水があふれているのを見るのは気分のいいものです。
人気のまったくないのもいい感じ。
一人ではちょっと心細いですけど。

ゆっくり休んでいると,なんと,人が通りかかりました。
大きなコンテナをガラガラと引いています。
かなりの重装備。
聞くと,ヤマセミの写真を撮りに来たとのこと。
このあたりは,人気がないので,鳥もリラックスした姿を見せてくれるのだそうです。

さて,帰りもあのサバイバルロードを通るのはいやだなと思っていると,すかさずなかさんが「帰りはトンネルですね」というので,文句なしの賛成。

ところが,トンネルに入ると,本当に真っ暗で,何も見えません。

ぼくのライトは町乗り用で,ぽーっと前が何となく見えるくらい。
いや,「ほとんど見えない」が正しい表現。
なかさんのライトは……,え? なかさん,ライトないの?
それで,よく「トンネルですね」って言いましたね(笑)

出口が見えればいいんですが,曲がっているらしく,見えない。

暗ーい電灯が途中 3 か所ほどあったのですが,その前後数メートルが見えるだけで,また暗闇の中を進みます。

途中,ヤマセミのおじさんが一人で歩いていました。
この真っ暗なトンネルの中を,よく一人で歩けるな~。
趣味が高じると,ふつうの人には理解できない行動をするようになるんだよな。

このトンネル,わずかに下っているため,すーっと前らか引っぱられるようにバイクが進みます。これがまた怖い。

下には水がしみ出ているらしく,タイヤが水の中を進む音がします。これがまた怖い。

長くて真っ暗なトンネルは怖い!

出口の光が見えたときには,生き返った気分でした。

130624_8.jpg
           (うつむいたまま,しばらく動けなかったなかさん)


そして,反対側から見た崩落現場はやっぱりすごかった。

130624_9.jpg




さあ,帰り道は飛ばしましたよ。

下り基調ですから,アップダウンのインターバル区間をぬけると,どんどん速度が上がります。なかさんも,ぼくのトレーニングのために,30Km/h 台後半の速度でガンガン走ってくれます。疲れました~。

でも,やっぱり美濃の道は最高!
でも,かなり脚に来ました~。

ということで,ごほうびのカフェへ。

といっても,こんなところにカフェがあるの?

130624_a.jpg

口には出しませんでしたが,ぼくは,なかさんがぜったいに道をまちがえていると思っていました。

木材加工か何かの工場以外,ほんとに何もないんです。

ところが。

「絶対,こんなところに店はないだろう」という所に忽然と現れたおしゃれなお店。

130624_b.jpg

店の名前は「 Le Cours せきや 」。
Le Cours (ル・クール)はフランス語ですが,「もちろん」という意味だそうです。

どうせなら,「意外」とか「驚いた?」なんていうフランス語の方がよかったかな。


とにかく,木々の間から,突然こんなお店が現れます。

130624_e.jpg

エンタランスは緑のトンネル。

130624_f.jpg

お店の周りにはさまざまな山草が植えられています。

川の見える席がいいですね~。

130624_d.jpg

ところが,メニューを見てびっくり!
バタートースト850円,シナモントースト850円,ピザトースト850円…。
何でトーストがこんなに高いんだ~。
やっぱり,この場所代か。
観光地価格? いや,ここは山の中!

しかし,どうしてもおなかがすいていたので,ピザトーストを注文しました。

あ~,高いトーストたのんじゃった……と思いきや,

130624_c.jpg

思いっきり大盛りのプレートだった!

トーストは一枚だけれど,それを上回る大盛りのサラダ,フルーツが 4 品,温泉卵,大きなカニかまぼこ。それに,甘いお菓子と,なぜか漬け物~(実は漬け物がちょっと苦手)。

二人でわけても,けっこうおなかいっぱい。

いつも通り,ゆっくりコーヒーをいただきながら,自転車談義。
これが楽しい。

今回は,なかさんから「どういうトレーニングをしているのか」という話をじっくりと聞き出しました。

それについては,また,機会があれば紹介します。

今回は,これにて。


なかさん,本当にありがとう。

月一くらいで美濃におじゃましますけど,いいよね~。
(デリオさんも,今度はいっしょに走ってよ~)

もちろん,二人とも返事は 「Le Cours」 だよね!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

Comments 20

ayu  

rikiさんも、段々、常軌を逸した行動をする趣味人になってきましたね。落石、倒木の道とか、前が見えないトンネルなんて、自分だったら絶対走れませんよ。でも、気持ち良さそうとも思う自分が怖いです(笑)

2013/06/24 (Mon) 22:23 | EDIT | REPLY |   

デリオ  

タイトル

楽しそうなライドですね~。
しかしがけ崩れとか怖すぎです。

もちろん今度は参加させてください。
しかし先日明王山を登り、足をついて歩いて登ったとなかさんに言ったら
「あそこを登れないなら破門だ」(笑)と言われてしまい
あそこを走破することが優先事項になりました(笑)
(でもあの坂、異常と言うか狂ってます。)
難しいけどがんばろう!と思います。

PS
最後のオチうまいです!
座布団三枚!!!

2013/06/24 (Mon) 22:52 | EDIT | REPLY |   

ケン  

タイトル

素晴らしいコースじゃないですか!
何を隠そう、私はこう言うコースを走るのが一番好きなんですよ。
歩き、上等!
担ぎ、上等!(笑)

京都ではこの様なコースへ気軽に行けましたが、愛知に引っ越してからは
近くになくて、いつもモンモンとしていました。

次回美濃へ行かれる時は、是非お供させて下さい。



2013/06/24 (Mon) 22:52 | EDIT | REPLY |   

rr  

rikiさんこんばんは

キレイな場所ですねー^ ^
私も一度走ってみたいです( ´ ▽ ` )ノ

でも山道には通行止め付きものですよね(>_<)
こちらも大雨、台風の後はどこかしら通行止めになります( ;´Д`)

数ヶ月〜数年通行止めになったりもしますから残念です。

最後のカフェも良さそうですね!

2013/06/24 (Mon) 22:52 | EDIT | REPLY |   

フィリック  

こんばんゎ!

大自然の恵み満喫&恐怖体験 と夏(チト早いか:)にピッタリな最高ライドでしたね♪
自転車には坂ありき・・・と悟りの境地もソンケーです(^^)v
それにしても、rikiさんと居る時の なかさん…とってもイイ人 …w

2013/06/24 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

riki  

ayu 様

まだ,常軌の内側を走行しているつもりでしたが(笑)
ayu さんも,はまること間違いなし。一瞬でナカマになれますよ(笑)

2013/06/24 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   

riki  

デリオ様

あれあれ,明王山に挑戦ですか!
すごい!

でも,昨日,なかさんが「明王山みたいな激坂は練習になりませんよ」と言っておられたような…。ぼくの記憶違いかな…。

でも,師匠の言うことはきちんと聞かないとね!

2013/06/24 (Mon) 23:08 | EDIT | REPLY |   

riki  

ケン様

ケンさんの印象は,会うたびにアチラ方面に変わっていきます。
歩き上等,担ぎ上等という人だったんですね(笑)
なんとなく,見えてきましたよ~。

次はいっしょに行きましょう!

2013/06/24 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

riki  

rr 様

岐阜はいいところがありますね。
rr さんのところへも,近々おじゃましたいです。
また,連絡しま~す。
よろしくお願いします!

2013/06/24 (Mon) 23:13 | EDIT | REPLY |   

riki  

フィリック様

ほんと,夏向きの涼し~いライドでした。
二の腕がゾワッとしたこともありましたが(笑)

なかさんは,ほんとうにいい人ですよ。
モリゾーさんのブログに登場するなかさんは,幻影です(キッパリ)!

2013/06/24 (Mon) 23:16 | EDIT | REPLY |   

なかさん  

タイトル

本当の事言うと、バリケードから先は止めておこうと思ってたんですよ。

口には出しませんでしたが、突破しようというrikiさんを見て、人はこうやって壊れて行くんだなと思っていましたw

トンネル、何とかなると思ったけど、マジで怖かったですね~w

2013/06/25 (Tue) 08:49 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんにちは!

なかさんって、ワイルドな面もあるんですね!・・・・・発見!

まだ岐阜はどこも走ったことはありませんが、いいところばかりですね、なかさんのセレクトが良いのかな?最後のご褒美は絶対行きたいです!!!!!!!!!!!

2013/06/25 (Tue) 09:03 | EDIT | REPLY |   

まさやーん  

おはようございます
お疲れ様です(・Д・)ノ
またまた今回のライドも素敵な所に行きましたね
場所によっては川口探検隊ばりの場所ですね((((;゚Д゚)))))))
今回も勝手に脳内エアーツーリング⁈かましました⁈
( ゚д゚)
あっしもはやくバイクのりたいなぁ
♪───O(≧∇≦)O────♪
その前に持病の痛風なおそぉ
皆様ぇ痛風を舐めてかかるとひどいめにあいます
登場する方々皆さん健康におきおつけて

2013/06/25 (Tue) 09:03 | EDIT | REPLY |   

riki  

なかさん様

壊れていく現場を見られてしまったんですね。

自分では,そんなつもりはなく,ああ,崖が壊れているなと思ったんですが,実は自分が壊れていたと…。おそろしい…。

あのトンネル,ほんと怖かった。へたなお化け屋敷以上ですね。
一人で歩いているおじさんの後ろ姿が一番怖かった(笑)

2013/06/25 (Tue) 13:47 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんにちは!

なかさんセレクトの道は最高ですよ!
(本人曰く,こうして,ハードルを上げるのはやめてもらいたい)

いつか美濃の道をご一緒できたらいいですね。
ぼくが案内できるようにしておきます!

2013/06/25 (Tue) 14:10 | EDIT | REPLY |   

riki  

まさやーん様

痛風なんですか。
あの,顕微鏡で見ると,とても美しい結晶が体の中にできてしまったのですね。
早く乗れるようになるといいですね。
それまでは体のケアをがんばってください!

2013/06/25 (Tue) 14:13 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

冒険でしたね^_^
一人では、恐ろしくて行けそうもないところですね。でも、ああいうシチュエーションだとつい行ってしまうような気もするし•••男の子の冒険心くすぐられますね。
ハッキリ言える事は、rikiさんはもう立派な変態だという事ですね^_^

2013/06/25 (Tue) 22:11 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU 様

いえいえ,私ごときがそんな称号をいただくのは恐れ多いことでございます。
ごくふつうの初心者でございまして,まだまだ修行の身とあらば,ひたすら精進するのみと心得ております。

2013/06/26 (Wed) 07:41 | EDIT | REPLY |   

the_32o  

タイトル

rikiさん、おはようございます!

>趣味が高じると,ふつうの人には理解できない行動をするようになるんだよな。

ヤマセミのおじさんも同じように感じていたかもしれません。
rikiさんも立派な変態自転車乗りですw

Le Coursはモーニングもいいらしいですよ!

2013/06/26 (Wed) 09:00 | EDIT | REPLY |   

riki  

the_32o 様

コメントありがとうございます。

ありゃりゃ,それは気がつきませんでした!
あのおじさんにも,そういう目で見られていたかもしれませんね。
真っ暗なトンネルを二人して自転車で通っていくなんてね。

同病相憐れむ,といったところですかね。
32oさんは,ブログを拝見するに,そうとう重症だと拝察しておりますが(笑)

2013/06/26 (Wed) 10:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply