涙,涙のライド


まず始めに,この記事は,「涙,涙」という表現から,普通連想されるような内容ではないことをお断りしておきます。申し訳ありません。

25日の日曜日,matz さんに誘われて,ケンさんと3人で岐阜方面に出かけました。

集合場所は,庄内緑地なので,通い慣れた庄内川堤防を走ります。

以前は,45分くらいかけて走っていたこの道ですが,今は30分を切る速度で走ることができます。
われながらたいしたものです。

今回は平地ばっかりということで,ケンさんもmatz さんも,クロモリのチネリです。

130528_1.jpg
        (左が matz さんのチネリ,右がケンさんのチネリ)

渋い魅力です。大人のバイクっていう感じ。
ぼくの白いカーボンのバイクが子どもっぽく見える気がします。

道は,もう,matz さんとくれば,川沿い,路地,地元の人しか知らないような道の連続です。

まずは,広大な河川敷が広がる庄内川沿いから始まります。
なぜか,この風景を見るだけで,涙がボロボロとこぼれ落ちます。

感動的な風景…,ではなく,河川敷に生えるイネ科の雑草のせいです。
アレルギーなんです。

130528_2.jpg

つづいて,名古屋上水道が地面の下を走るサイクリングロード。

130528_3.jpg

どこまでいってもこの風景。
濃尾平野はなんて広いんでしょうか。
途中,太い道路や線路などで分断されますが,基本的に10km以上,まっすぐの道が続きます。

鯛焼きのお店で補給。

130528_4.jpg

ちなみに,ここの鯛焼きは,天然物だそうです。
養殖物とはひと味ちがうけんね,という九州のチェーン店だそうです。

ここからも,ずっとまっすぐ。

このあたりでも,鼻水と涙との戦い。
道の細かい振動が,体に響きます。
土曜日の疲れなのか,アレルギーの症状なのか,力が出ません。

130528_5.jpg
  (車が入らないようにしてあるのに,センターラインがある。よく意味がわからない…)

途中,祖父江町では,ちょっと変わった風景が。

130528_6.jpg

お化けのように見えるイチョウの木。どうやら,ギンナンをとるためらしいです。
秋に来ると,「幻想的」と言えるほどの世界になるようです。

このサイクリングロードは,木曽川が終点です。
ここからは,木曽川沿いを走ります。

130528_7.jpg

雄大な風景ですが,足もとには,カモガヤ,カラスムギなど,ぼくの大敵が群生しています。
ますます,涙と鼻水が…。

そのうえ,新たなる敵が襲ってきます。

130528_8.jpg

写真には写りませんが,ものすごい規模の蚊柱がここにはありました。行けども行けども,蚊柱。
何匹食べたことでしょう。
ケンさんは,耳に入られて,耳の中の羽音に苦しんだそうです。

次なる敵は…

130528_9.jpg

サイクリングロードで催されているバザー。
ぜんぜん進めません。
場違いな3人が小さくなって通り抜けさせてもらいます。

史上まれに見る過酷なライドとなりました。

木曽川沿いをどんどん走り,岐阜に到着。

130528_a.jpg

信州そばの店「更科」でお昼ご飯。
名物の,「冷やし狸」です。

130528_b.jpg

昔懐かしい,尾張地方の味でした。

つづいて,岐阜の古い町並みを味わいます。

130528_c.jpg

鵜飼い船などを見学して,おやつを食べに向かいます。

130528_d.jpg

何だ,この行列は!
1時間近く,おしゃべりしながら待ちました。
ジャージにレーパンがものすごく場違い…。

130528_e.jpg
                       (お店の名前は「赤鰐」)

でも,ここのかき氷は最高!
かき氷の芸術品でした。

ここで岐阜とはお別れ。

また木曽川沿いを走って,江南に入ります。

130528_f.jpg

最近,どこへ行っても,川沿いにはキクイモが満開ですね。
黄色の群落が見事です。

でも,ぼくは,もう,ずっと洟が出っぱなしで,ハンカチがぐじょぐじょ。
力も出ません。
元気よく走れないので,すぐに二人との間が開いてしまいます。
ほんと,スミマセン!

matz さんは,もともとこぎ出しがすごく速いので,ついていくのが大変なのですが,今日ばかりはとてもついて行けず,お二人との距離は,いつも50m くらいはなれていました。

それでも,なんとかがんばって,江南市内の和菓子屋さんに到着。

130528_g.jpg

ここでは,麩まんじゅうをいただきました。

130528_h.jpg

温かいお茶に,心が和みます。
体中に,染み渡ります。

ここから,五条川沿いを走り,春日井市内までもどりました。



今回は,ひたすら濃尾平野の平らなところを走り回りました。
ホントに広い!

そして,おいしいものばかり,食べて回りました。
ホントに,おいしかった!

そして,そして,鼻水と涙との戦い。
ホントに,苦しかった!

お二人には,ご迷惑をおかけしました。
一人だけ,テンションが低くて,申し訳ありませんでした。

これに懲りず,次回もまた,いっしょに走ってやってください。

matz さん,ケンさん,ありがとう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

Comments 12

KOU  

rikiさん、こんばんは。

アレルギー、大変ですね。
うちも、嫁がアレルギーがあるので、自動車に乗る時は窓を開けられません。

坂なしの食べまくりライド、最高ですね。僕も行きたいです^_^

2013/05/28 (Tue) 20:58 | EDIT | REPLY |   

riki  

KOU様

辛かったです~。
今までで,一番辛いお出かけとなりました。
でも,おいしいもののおかげで,何とか走りきりました。

月曜日には,すぐにお医者に行って,薬をもらいました!

2013/05/28 (Tue) 21:10 | EDIT | REPLY |   

ケン  

タイトル

ホント大変でしたね。
後ろからくしゃみを何度聞いたことか・・・
とても運動出来る状況ではなかったかと。
出来たら代わって差し上げたい・・・とは思いませんでしたが(^^ゞ

と言うことで、rikiさんは河川敷や河原はダメですね。
と言うことは、山。
そう峠です。

今度は峠に行きましょうね。

2013/05/28 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   

riki  

ケン様

できたら,代わってほしかった…。

自転車に乗りながらのくしゃみは,けっこう怖いです。
ロードバイクはスピードが出ていますから,くしゃみの瞬間目をつぶるのが怖いです。

河川敷や川沿いは大好きなんですが,この時期は無理なようです。
ということで,梅雨が明けるまでは,山ですね(泣)
峠は嫌いじゃないけど,辛いですから…。

では,また,ヨロシク!

2013/05/28 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

もう流行が過ぎ去ったのだとばかり思ってました。すみません!

遅まきながら、もしまだその気ならば試してくださいませ。

2013/05/28 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   

ツールド焼き鳥  

まさかの…

イヤ~

まさかのウチの父親も同じアレルギーなんですよ~( ̄∇ ̄*)ゞ

年齢の他の共通点でした!

父も苦しんでますΣ(-∀-;)

2013/05/29 (Wed) 00:18 | EDIT | REPLY |   

riki  

モリゾー様

ありがとうございます。
試してみようかな~。

2013/05/29 (Wed) 07:41 | EDIT | REPLY |   

riki  

ツールド焼き鳥様

そうですか~。
この時期は少数派なのですよ。
杉花粉がすっかり終わっているので,「まだ続いてるんですか」とよく言われます。
外で活動する自転車乗りには困った病気です。

2013/05/29 (Wed) 07:43 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

rikiさん、こんにちは!

rikiさんには大変だったライド、お疲れさまでした。それにしてもSHOROsのジャ-ジカッコいい。\(^o^)/(キャ-!!ステキ)

モリゾ-さんの教えを守って、カタカナの入ってない補給さすがです、rikiさんはカタカナ入りが良いのかな?。

2013/05/29 (Wed) 08:39 | EDIT | REPLY |   

riki  

チャップリン様

チャップリンさん,こんにちは!

楽しかったんですけど,辛かったです。
でも,残るのは楽しさですから,いいですね。

そういえば,今回もカタカナの入らない補給ばかりでした!

2013/05/29 (Wed) 10:45 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

今回は峠なしで楽勝のハズ
だったのですが、
思わぬ敵が多かったですね。
予想外でした。

実は
同じライドへ行った時
rikiさん目線のレポートがとても楽しみです。

これに懲りず
またお付き合い願います。

2013/05/29 (Wed) 12:41 | EDIT | REPLY |   

riki  

matz 様

本当に申し訳なく思っています。
事前にちゃんと医者に言って,薬を飲んでいれば,こんなことにはならなかったのに,ここ数年は症状が強く出ることがなかったので,油断していました。

もっと楽しめたはずのこの道なのに,惜しいことをしました。
ごめんなさい。

つぎは,山の方へ行きましょうか(笑)

こちらこそ,また,お誘いください!

2013/05/29 (Wed) 13:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply