Archive

2019年07月 1/1

天空の茶畑へ (2)

見晴らしのいいところには,休憩するための小屋が設置してあって,自販機,トイレ,畳の部屋までありました。雨の中とは言え,しっかりした坂道を登ってきたため,水分補給。gottu さんに茶畑の中を走ってもらい,パチリ。雲の中から現れるハマちゃんもパチリ。もう少しいろいろと茶畑の中の道を走り回ってもよかったなと思っています。それは,また次回に。このあと,もう少し高いところのビューポイントに移動します。自転車で来...

  •  2
  •  0

天空の茶畑へ (1)

またまた雨の中を走ってきました。今回は,「岐阜のマチュピチュ」「天空の茶畑」 と異名を取る揖斐川町の上ケ流 (かみがれ) 地区にある茶畑を見に行きました。お友だちのボリくまさんが登ったという話を聞き,「連れてって」とリクエスト。二つ返事でOKをもらって,案内してもらいました。最初の計画では,大垣からサイクルトレインで揖斐川町まで乗り付ける予定でしたが,集合場所はあいにくの雨。とりあえず池田まで車で移...

  •  2
  •  0

RAPHA の新しいシューズ

今回はシューズのお話。現在,タイムは SPD-SL,クロモリのアンカーは SPD と,ペダルとシューズを使い分けています。1人でのんびり写真を撮りながら走るときには,クロモリで。仲間と走るときでも,「のんびり」 が信じられるときもクロモリで。とくに,たくさん歩き回ることが想定される場合には,SPD が圧倒的に楽です。ペダルを回すことに関しては,やはり SPD-SL に軍配が上がりますけどね。今まで使ってきた SPD のシューズ...

  •  2
  •  0

緑の中を走り抜けてゆく

梅雨時は走るコースの選択がむずかしいです。急な雨や雷がイヤなので,近場へ出かけることが多いです。よく知っているところなら,ショートカットしてもどってくる道や,いざというときに避難する場所もある程度頭にあります。しかし,いつもよい選択ができるとは限りません。この日もちょっと失敗。午後の練習としてよく走っている,外之原から内津へ抜けて帰ってくる道を選びました。雨雲もなく,空が明るいので,降ることはない...

  •  8
  •  0

早朝ハス花見

今年はハスの花に出会えていません。先日,このあたりでは有名な,立田にある 「森川花ハス田」 にも行きましたが,まだ時期が早かったし,三国山入り口にある蓮田も,今年は小さな葉ばかりで,花が着きそうな株は数えるほど。そこで,近くにある潮見坂平和公園の蓮池へ。下街道とよばれる道を走ります。下街道は,江戸時代に中山道と名古屋城を結ぶ道として栄えていたそうです。今は,国道19号線にその役目をゆずって,ひっそりと...

  •  4
  •  0

子どもにはかなわない

昨年11月に生まれた孫が可愛くて仕方がない。最近,人見知りをするようになった。1か月ほど会いに行かなかったら,ジイチャンの顔を忘れてしまったのか,抱っこしたら大泣きされてしまった。これはイカン,会いに行く頻度を高めようと家内と相談。先週日曜日にも行ってきた。こんどは泣かれずに済んだ。この子はよく笑う。だから,小さいお姉ちゃん2人が,競って笑わせようとする。最近のニュースでよく見るように,世の中には,...

  •  2
  •  0

三国山の霧

三連休の日曜日はマゴと遊んだので,月曜日は走ることにしました。幸い天気予報もこの日はくもりで雨予報なし。小渡の町がたくさんの風鈴で彩られる 「夢かけ風鈴」 を見に行こうと決めました。小渡へつながる矢作川沿いの道は,緑陰の涼やかな,好きな道の一つです。この道へ出るには,戸越峠か,雨沢峠を越える2つのルートがあります。この時期ですから,三国山入り口にあるハスの花を見てから行こうと決め,雨沢方面に向かいま...

  •  2
  •  0

チューブレス導入

ひさびさに,パーツの記事です。チュープレスレディのホイールシステムを導入しました。さまざまなところで乗り心地のよさなどが報告され,興味はあったのですが,タイヤをはめるにも,ビードを上げるにも怪力が必要とのことで,縁のないものと思っていました。そこへ,マビックの UST なる規格のチューブレスレディが登場。とてもかんたんにタイヤの着け外しができるというのです。世の製品の進化というのは,ユーザーに優しくな...

  •  6
  •  0

板取ブルーを楽しむ

髙賀神社を後にして,もう一度板取川沿いの道までもどる。不思議なもので,登りの時よりも,下りの時の方が,まわりの景色がよく見えることがある。速度は下りの方が圧倒的に早いのに,なぜか視界が広いことが多い。ふと,黄色の花が日陰にたくさんあるのが見えた。ブレーキをかけると,キツリフネだった。ツリフネソウは,濃いピンク色で,船をつり下げたような形の花。それの黄色版だから,「黄吊り船」。形が独特でおもしろい。...

  •  2
  •  0

髙賀渓谷とアジサイ

半年ぶりに美濃を走ることにした。以前は1年に何度も走っていたのに,最近はとんとご無沙汰している。アジサイには少し遅いだろうけれど,アジサイ街道を走ってみようと思ったのと,この地区のカフェをいくつか探索してみたいと思ったので,ふらりと一人で出かけた。美濃の古い町並みが保存されている地区から走り出す。ランドマークにもなっている川湊灯台。ここまで来て写真を撮っている間に,車のドアをロックしてきたか心配に...

  •  2
  •  0

「苔ペダリング」

梅雨時の天気予報は,風の中の羽根のようにいつも変わる女心。美濃を走ろうと思っていたけれど,お昼からの天気が怪しいので,中止して,いつもの小牧~犬山を走ることにした。早めに出ようとすると,予報にはない雨がパラついてくる。まったくもう,である。しばらく待つと空が明るくなってきたので,もう降られてもいいかと覚悟して出発。それでも,お昼以降は雨予報。3時間ほどで帰ってこなければ。いつもの周回コースからはず...

  •  4
  •  0

梅雨時の楽しみ スモモ

梅雨時になると楽しみになるのが,スモモです。ぼくの住んでいるところから小牧,犬山方面へ向かうと,桃山町とか,桃花台など,桃の産地由来の地名があります。いまでも,桃畑がたくさん残っていますが,同時に,梅,柿など,いろんな果樹も育てられていて,それほど多くはありませんがスモモも時期になると売り出されます。スーパーの店頭に並ぶのは,形はいいのですが,完熟少し手前のものが多く,少しすっぱいです。ところが,...

  •  2
  •  0

前傾姿勢と出力

ドグマ。自転車乗りには,言わずとしれた,ピナレロのフラッグシップモデル。さすがのかっこよさです。一方で,「ドグマ」 とは,「一見最もらしい説」「独断的な考え」 という意味でも使われる言葉です。偶然の一致なのか,ねらった名前なのか,以前から気になっています。評論などの文章では,ドグマという言葉はあまりいい意味では使われないからです。もともとは 「宗教的な教義」 の意味だそうなので,欧米の人にとっては,ま...

  •  6
  •  0

ちょっと幸せ

月曜日,せっかく午前中は時間が取れるのに,朝から雨です。それでも,9時を過ぎたころから雨が上がり,10時には空が明るくなってきました。走れそうです!あと2時間。それならと,お気に入りの kuraベーグル でパンを買ってこようと思い立ち,出かけました。まだ,細い道はかなり路面が濡れていますが,車通りが多い道に出れば,よく乾いています。雨上がりの空気は重くよどんでいますが,自転車を走らせれば,何とも言えず爽快...

  •  2
  •  0

知多のヒマワリ

豊浜の信号から内陸部に入り,観光農園に到着すると,ヒマワリがけっこう咲いていました。まだ,丈の低いものばかりですが,一斉に咲いている様子は壮観です。丈が 30cm ほどの苗もたくさん控えていて,シーズンは始まったばかり。ちょっとした撮影会のようになりました。すぐ近くでは,結婚式の前撮りをしているカップルもいました。ここからは,定番コースへ。長い直線の坂を下り,海へ向かう坂道を下ります。いやあ,何度来ても...

  •  4
  •  0