Archive

2019年05月 1/1

安心できる居場所を持つ

目をおおいたくなるようなニュースが飛び込んできた。小学校6年生の子,小学生の父親でもある国際交流に尽力してきた人が命を落とし,たくさんの子が傷つけられた痛ましい事件だ。文科省が,子どもたちを守る警備体制を整えるために,さっそく予算を組んで動き出すという。たしかに,即効性がありそうな,そういう対策も必要だろう。しかし,こうした事件はそれで防げるのだろうか。国の教育を統括する文科省なら,もっと根本的な...

  •  4
  •  0

緑の季節

緑の美しい季節。緑3題。先週,ふらりと走りに出たいつものホームコース。なにやら,たくさんの若い人が田んぼに集まっていた。雰囲気的に,農業実習か,体験学習。青々とした苗がぎっしり詰まった苗箱を,バケツリレーのように並んで田んぼに運んでいた。びっしりのならべられた,苗のきれいなこと。若い命の輝き。人を支えてくれる,命のもと。家に帰って郵便局までママチャリで出かける。最近,チェーンがチェーンカバーに当た...

  •  4
  •  0

滋賀 新緑ライド (3) ご褒美の虹

昔からそうですが,終盤,急に力が出なくなるんです。自分の体の中にあるエネルギー量が少ないからでしょうか。補給がたりないせいでしょうか。単にスタミナがないというだけ?やっぱり,歳か…。いずれにしても,最後の大峰林道のキツいこと。「ピークだ!」とぬか喜びさせておいて,下りがまた登りに転じるというイジメ満載林道。きれいな林道なんですけどね。そんなアップダウンにしみじみと嫌気がさしてきたころ,突然,その場...

  •  4
  •  0

滋賀 新緑ライド (2) すわ 遭難!?

ここからも新緑の旅は続きます。山の奥まで入っていくと,まだ八重桜が咲き残っていました。緑ばかり見ていた目には,桜色が新鮮です。これは,ちょっと休憩した古い商店。gottu さんが 「すごい木だね」 というので,見上げると,なんか楽しい気分になる風景でした。京都の和束は,茶畑がきれいです。新緑の茶畑。覆いがしてあるところは高級なお茶を作るところなんでしょうか。いつも楽しみにしている,よもぎ餅のおばあちゃんに...

  •  2
  •  0

滋賀 新緑ライド (1)

5月5日,滋賀のメタさんにご招待を受け,新緑ライドに行ってきました。100km ,1500m アップという,ぼくにとってはけっこうキツいライドになりそうなコースです。いつものように矢橋帰帆島 (やばせきはんとう) 出発で,山の中へ入っていきます。朝の光が森の緑を浮かび上がらせて,まあ,そのきれいなこと。光と影が交錯する森は,とてもきれいです。ただし,細かい光が降り注ぐ森は走りにくいです。細かい木もれ日もきれいな...

  •  4
  •  0

ガリバーとコーヒー

阿下喜の町に入り,おやつポイントの 「ベーカリー米藤」 へ向かいます。「こめふじ」 という名前からして,昔はお米屋さんだったのでしょう。現在は,パン屋さんで,ブリオッシュが有名です。イートインのコーナーもあり,自転車イベントのエイドにもブリオッシュが出されていて,自転車乗りには人気の店です。阿下喜駅から阿下喜商店街へはなかなかの急坂。しかし,美味しいもののためならがんばれます。あれ?なんと,お休み!...

  •  6
  •  0

ラピュタへの旅 (2)

迎えに出てくれたロボットは,優しい感じだったので,ついて行ってみることにしました。何も語らないロボットが案内してくれます。せっかく仲よくなったので,SHOROs のジャージを着せてみました。往時をしのぶように,廃墟を見上げています。その背中に哀愁が漂います。写真左端には,かなり大きな建造物。この階段を上がっていくと,風穴の方へ行けるそうです。と,こんどは,元気な足音が近づいてきました。犬たちでした。 な...

  •  2
  •  0

ラピュタへの旅 (1)

連休後半に入った2日,三重の KOU さんからお誘いを受けて,いなべを走ってきました。最近仲間内でよく走っている地域を,滋賀のメタさんたちが走りたいというリクエストで実現したライドです。ついでに,ぼくが KOU さんに以前からリクエストしていた廃墟 = 工場跡にも連れて行ってくれるそうです。総勢10人でのライド。いいお天気になりました。いなべは,いつ走っても車が少なく走りやすいです。連休でもね。そして,そして,...

  •  2
  •  0

TSS 500 超の後遺症

連休最後のライドが5日の滋賀ライドでした。美しい新緑を堪能するライドでした。このライドの記事は,いずれ書くつもりですが,今のぼくにとってこれがたいへんな強度のライドでした。引っ越しで忙しくなった昨年秋から,めっきりと力が落ちていることは自覚していました。少しずつ回復させようとしてきたのですが,歳のせいなのか思ったように力がもどりません。そこへ,このライドが,なかなかのコースで,体へのダメージがかな...

  •  2
  •  0

遠くまで行かなくとも

連休3日目は,江南の曼荼羅寺へ藤の花を見に行くことに。1日目,飛騨あさひ村を走り,2日目,中山道を歩いて,ちょいと疲れた身体で自転車は無理です。心と身体のメンテナンスのつもりで,クルマで出発。ついでに,孫の顔を見てこようという目論見。というか,どっちが 「ついで」 か,微妙です。連休ですから,曼荼羅寺周辺はとんでもない混雑です。娘の家に車を止めさせてもらって,そこから歩くことにしました。といっても,...

  •  4
  •  0

恒例の妻籠~馬篭ウォーク

4月28日,連休の2日目は,毎年でもないけれど我が家の高齢,もとい,恒例,中山道ウォーキング。電車で南木曾まで行き,そこからバスで妻籠宿まで入り,中山道を歩いて馬篭宿まで歩くというコースです。新緑の美しい中,山の空気を満喫し,春の花との出会いもあります。観光旅行の気分もちょっぴり味わえます。すっかり観光地化されてしまった感の強い馬篭とくらべると,妻籠は古い宿場町の雰囲気を色濃く残していて好きです。で...

  •  0
  •  0

飛騨あさひ桜めぐり (3)

飛騨あさひ桜巡り,その3。桜が集中している地域から,少し離れた南へ向かいます。途中,トンネルを避けるため,ダム側へ回り込む道に入りました。ここにも可愛らしいトンネルがありました。なんか楽しい。しかし,ここからは雨足が強くなってきました。よく観察すると,雨粒にまざって,ウェアに当たって跳ね返る粒もあります。これは,氷の粒! アラレじゃないか!そう言えば,さきほどからヘルメットに当たるつぶが軽快な音を...

  •  4
  •  0

飛騨あさひ桜めぐり (2)

飛騨あさひ桜巡り,その2。適当に引いた登りルートはなかなかおもしろいところでした。少し登ると朝日中学校があります。と言っても,けっこうな坂です。いやいや,中学生はこんなところまで毎日登ってくるのか。雨がときどき思い出したように落ちてきます。これ以上ひどくならないことを願うばかりですが,西の方角には黒い雲がドーンと居座っています。カメラのレンズにつけてあるフィルターがぬれていて,それに気づかずに撮影...

  •  2
  •  0

飛騨あさひ桜めぐり (1)

本年度最後の桜追っかけライドに,ひとりでぶらりと行ってきました。向かった先は,高山市街地の南東にあたる山里,朝日村です。正式な地名は 「高山市朝日町」 らしいですが,いろんな表記があります。観光協会は 「飛騨あさひ」,道の駅の名前は 「ひだ朝日村」。平仮名と漢字が入り乱れ,いったい村なのか町なのか…,検索の際には,他県の朝日村もたくさん出てくるのでご注意あれ。以前から行ってみたかった地域です。桜の時期...

  •  0
  •  0

「平成最後の」 「令和初の」 ── 出遅れた!

もう辟易としていた。何にでもつければ成立する 「平成最後」。新聞,テレビ,ネット,ありとあらゆるところに踊った 「平成最後」。もう見られなくなると思うと,涙が出るほどうれしい。まあ,新しい元号に関する大フィーバーが始まっているけれど。ぼくにとっては,「平成最後」 なんかより,「今年最後の桜」 の方が一大事なのだ。ああ,もう終わっちゃう。元号が変わるからと言って,時代が変わるわけではないと思う。ぼくの中...

  •  0
  •  0