Archive

2018年06月 1/1

言葉に思いをのせて

週末の,マゴとの2泊3日にわたる格闘が終わり,ホッとしていたのもつかの間。また週末がやってきました。また,アイツらがやってくる!疲れる時間ですが,いやではありません。きつい時間ですが,楽しいこともたくさんあります。たとえば,幼い子どもたちの言葉のおもしろさに,大笑いすることしばしばあります。姉 「ねえ,リカちゃんの紫の靴,ないからいっしょに探してよ」妹 「(無視)」姉 「ねえ,いっしょに探してって...

  •  4
  •  0

高効率ペダリング練習

先週,山場を迎えていた家に帰ってからの仕事。その戦いが一段落!ようやく静かな夜が訪れるかと思いきや,こんどは,マゴが来た!娘のつわりがひどく,家に帰ってきている。それで,週末はマゴたちも面倒を見ることになり,金曜日に迎えに行った。お姉ちゃんは年長さん,妹は3歳になったばかり。2泊3日で娘と孫の面倒を見る。これがまたハードな仕事だ。家の中では,リカちゃん人形,お絵かき,あやとり,かくれんぼ。飽きてく...

  •  2
  •  0

また今日もひとりで

木曜日の午後,梅雨の合間の午後,走れることになりました。いつもの午後練習コースは,外之原から入る山道が川のようになっていると予想されるので,定光寺方面へ。下半田川沿いへ行こうとして,ふと思いつき,潮見の森へ登ることにしました。潮見の森へ行くには,どうしてもダンプのたくさん通る道を走らなければなりません。少しでも避けるために,脇道へ入りました。田んぼの端っこに,梅雨を代表する花,立葵 (タチアオイ)...

  •  6
  •  0

朝練風景

このところ忙しい。ハーフタイムで働いているので,仕事は昼過ぎで終わるのだが,家に帰ってからの仕事がいろいろとあって,かなり忙しい。というか,家に帰ってからの方が忙しい。加えて,娘の体調が思わしくなく,嫁ぎ先から戻ってきて休んでいる。そんな状況とこの梅雨空。なかなか外へ走りに出られない。最近は,お天気と体力の余裕を見て,朝練に行くだけ。5時前に起き出して,さっと着替え,5時頃に出発。多少身体が重くて...

  •  4
  •  0

夢のクランク?

最近,家に帰ってからの様々な仕事が多すぎて,日曜日は朝からダウン。少し走りに出ようという気持ちだけはあったものの,身体が動かず。寝っ転がっていたら身体がだんだん沈んでいき,とうとう15センチほどめり込みました。もう,おぼれそうでした。朝ご飯を食べてダラダラしていると,『がっちりマンデー』が始まりました。何気なく見ていると,この日は,自転車ビジネスの特集。ビーコンで盗難自転車を追跡するサービスもおもし...

  •  4
  •  0

かっこいい!

木曜日の朝日新聞に,「気高き この御国の御霊」 歌詞に賛否という見出しの記事が載っていた。ぼくはまったく知らないけれど,『君の名は。』 という映画 (これくらいは知っている) の主題歌を歌ったロックバンド。その新曲の歌詞が問題になっているとのこと。一方では,「軍歌のようだ」 との批判され,他方では,「いとしい,誇らしい気持ちを歌っただけ」 と擁護されている。曲を書いた本人は 「思想的な意味も,右も左もな...

  •  9
  •  0

TSS ? SSS ?

ここ一週間は,娘が入院していたので,走る時間を長くとることがなかなかできませんでした。午後から練習に出ることもできなくなりました。余裕のある日に,朝練をしたり,ローラーを回したりする程度。少し気になって,このトレーニングが自分にとってどれくらいの負荷なのか,普段見ない数値を見てみました。それが,トレーニング・ストレス・スコア = TSS というヤツです。ぼくからすると 「アカン人たち」 が一番よく口にする...

  •  4
  •  0

風の通り道

さて,バイク & キャンプの会場を出発します。Nao さんは,トレーラーを切り離しての出発ですが,32o さんは前後に4つのパッグを着けた重量級バイクで出発です。KOU さんの引いてくれたルートをたどります。gottu さんが KOU さんにコースを丸投げして,引いてもらったそうです。ところが,出発する段になって,gottu さんのガーミンに入れたはずのルートが消えていることが判明。結局,ぼくのガーミンに入っているルートをもと...

  •  6
  •  0

未知の世界へ バイクとキャンプ!?

gottu さんから,「今度の日曜,いなべを走らない?」とお誘いが。ぼくがまるはさんと走って,美味しいものを食べてきたので,てっきり,それがうらやましくて走りたいのかと思っていたら,ちがいました。どうやら,生きたかったイベントが開催中とのこと。BIKE & CAMP ?ああ,去年,gottu さんたちが雑誌の取材を受けたというアレね。と言ってもよく知らない (笑)話を聞くと,自転車にキャンプ道具を積んで,キャンプしに行く...

  •  4
  •  0

京都まで飛ぶ! ガーミン不調

Strava のログを開いて,たまげた。京都まで行って帰ってきたことになっている。走っているときからおかしいと思っていた。たかだか 40km ほどのライドだったはずなのに,ぼくのガーミンだけが走行距離 120km と表示されていたからだ。この日は,いなべ周辺を 40km くらい走る予定だった。KOU さんの引いてくれたルートを前日にガーミンに入れ,それをもとに走った。gottu さんもルートを入れてきたはずだったが,走り始めるときに...

  •  10
  •  0

丹後半島 景色もいいけど,仲間もね!

最後に訪れたのは,舟屋で有名な伊根 (いね)。舟屋は,1階が船のガレージになっていて,その上に住居が乗っかっている形の伝統的な建物だ。これが,海辺にずらりと並んでいる。寅さんファンとしては,いしだあゆみがマドンナとして登場した 『寅次郎 あじさいの恋』 のロケ地! 伊根の舟屋群は,新井の棚田から,ちょっとした山越えをしたその向こうに位置する。この山越え,けっこうキツかった。それでも,高いところから日本...

  •  10
  •  0

丹後半島の棚田

さらなる丹後半島の魅力は,棚田。もともと,海辺近くに田んぼがあるだけで絵になるというか,とてもいい雰囲気の景色となるのに,それが棚田となれば,さらにおもしろい。最初に訪れたのは,袖志の棚田。袖志海岸海水浴場の南側にある。右に折れる入り口は少しわかりにくいが,「袖志棚田」「萬福寺」の小さな看板がある。連続する田の枚数はそれほど多くないが,東西 2km にわたって棚田が作られている。そのため,さまざまな表...

  •  2
  •  0

丹後半島の青 (2)

いよいよ,海岸線沿いの道。青い空,青い海をすぐ脇に感じて走る道は,なんと心躍ることか。リアス式の海岸線。山から海へは急角度で切れ落ちているので,平らなところが少ない。つまり,集落も田んぼも海のすぐ近くにできるわけだ。これなんか,きれいでしょ。海のすぐ近くにつくられた田んぼへと降りていく坂道。こんなところへ入り込めるのは,自転車ならでは。ぼくなんかは,「自転車ならでは」 という場面設定に弱い。もう,...

  •  2
  •  0