Archive

2016年11月 1/1

とりとめもないこと 2

とりとめもないこと。先日,今年結婚したばかりの息子の嫁から写メが送られてきました。見ると弁当の写真。添えられた文章を読むと,「嫁が」 息子に作った弁当ではなく,「息子が」 嫁に作ってあげたものだそうです。栄養のバランスや彩りもまあまあな感じです。ウィンナーがタコさんにしてあるのも可愛らしい。朝からこんなものを二人分つくっているとは,ずいぶん嫁さんを大切にしているようです。そして,それをぼくらに伝えて...

  •  4
  •  0

とりとめもないこと

とりとめもないこと。先日,上司から 「ここへ行ってこい」 との指令を受けて行ってきました。「年金のはなし」「ご退職後 安心した生活を‥‥」毎日忙しくはたらいていると,ついつい忘れていたことです。こんどの3月で定年退職。渡された書類やら,パンフレットやらを見て,ああ,こういう歳になったかと,現実を突きつけられた感じがしました。もうひとつ,インパクトが大きかったのは,そこへ集まってきた人たち。年寄りぱっか...

  •  12
  •  0

小原四季桜と紅葉探索 (3)

「四季の回廊」 南東側が終了です。今度は,北西側を反時計回りに走ります。北西側は,県道 19号線を通ります。まず目に入ったのは,神明神社。モミジの大木です。かなりの高さがあります。こういうスケール感は,なかなか写真で表現するのが難しいです。この県道は何度も走ったことがあったので,四季桜の並木があることは知っていました。もう少し木が大きくなってきたら見事でしょうね。この先,四季の回廊は,途中で細い道を左...

  •  8
  •  0

小原四季桜と紅葉探索 (2)

さて,メインになる会場で桜と紅葉を楽しんだ後は,ちょっとした探検に出かける気分で,小さな道に入り込みます。といっても,「四季の回廊」 という名前で設定されたコースですから,それなりに見所が詰まっていることでしょう。まずは,回廊の南東側を反時計回りに走ります。小原ふれあい公園近くにある泥打観音を目印にして細い道へ。少し登っていくと,とつぜん目の前に広がる真っ赤な紅葉に息をのみました。西運寺というお寺...

  •  2
  •  0

小原四季桜と紅葉探索 (1)

久しぶりに,ゆっくりと自転車に乗れる時間が取れました。小原の四季桜がそろそろいい時期だという情報を こーさんから聞いて,見に行くことに。そう言えば,去年も SHOROs のみんなと行きました。この時期に咲く桜が珍しいだけでなく,紅葉と桜がいっしょに楽しめるのがポイントです。今年は,昨年行っていない周辺の探索もしてみようと思い,少し予習をしました。まずは,公式ホームページをチェック。この地図に出ている 「四季...

  •  4
  •  0

BROOKS のサドル

久しぶりに 「パーツ」 というカテゴリーの記事を書きます。クロモリ用に買ったサドル。BROOKS の CAMBIUM というサドル。以前,デリちゃんがクロモリロードを買ったときに付けていたサドルだ。カッコいいなあと思って,クロモリ用に買った。それが,1年以上前。なぜそんなに放置していたかというと,届いたサドルを触ってみて,とても硬かったからだ。表面にはふかふかのパッドなどがまったく入っていない。何度触っても固い。説...

  •  4
  •  0

モネの池と株杉

先週の月曜日,久しぶりに平日休みだったので,家内と出かけることにしました。平日ですから,ふだんは混でいていけないところ,ということで思いついたのは美濃です。最近,「モネの池」 という名前で有名になったところがあります。休みの日はとても混んでいるとのことで,平日ならいいだろうと,行くことにしました。実は,この池,有名になるまでずっと存在を知りませんでした。いつも美濃を走るときに休憩していた駐車場のす...

  •  4
  •  0

近所にも秋が

疲れ果てての週末。最近,仕事での疲れが溜まりやすくなって,歳を感じます。週末は,調子がよければスズカの応援に行こうかと思っていたのですが,それどころではない感じの疲れ方。土曜日の朝はなかなか起きられず,元気が出ませんでした。まあ,ゆっくり近場を走ってくるかと思っていると,マゴザウルス来襲警報が!「11時半には戻ってきてね」 と言われ,2時間ほど走ってきました。出かけたのは,小牧にある兒の森。定番コー...

  •  4
  •  0

青春の光と影 (3)

重いお腹を抱えて帰る。向かい風に脚が辛くなってくると,サッと前に入ってくれるのが ペロさん。ぼくの走りをよく観察していてくれる。ひろさんもそうだけれど,みんな優しい。ありがとう。恵那から土岐まで帰るのに,やや車通りが多い道を走らなければならないが,matz さんは細かい脇道を選んだ。このあたりの道は,脇道に入れば,当然のように登りが待ち受けている。急な登りだけれど,山里の中を抜けたり,小さな森の中を抜け...

  •  4
  •  0

青春の光と影 (2)

おそろしいほど高いところにかかる新旅足橋を渡る。眼下を流れる旅足川までの高さは 200m あるそうな。何かの加減で,この長い長い橋脚が倒れたりしないんだろうか。とまあ,そんなことを考えつつ,橋を渡る。日の光の中から,トンネルの中へ。トンネルを出てからは,路面のきれいな快走路が続く。と言っても,登り。カーブのむこうには,陽光に照らされた世界が見える。そこへと連なって走るロードバイクを見て,なんてきれいな乗...

  •  6
  •  0

青春の光と影 (1)

日曜日,SHOROs 恒例ともなった matz さん主催の恵那ライドへ。土岐から恵那にかけての山岳地帯を走り回り,美味いものを食べようというライドだ。実はこのライド,「恵那を回って美味いものを食べる」 というコンセプトには似合わない厳しい面がある。それは,matz さんの柔らかな物腰と優しい笑顔に隠された厳しさ。matz さんの光と影 (笑)その一つ目が,いきなり僕らを待ち受けている。集合場所の 道の駅 志野・織部 は次月峠...

  •  6
  •  0

滋賀の山里を走る (3)

さて,ランチは hinata というイタリアンのお店。白を基調とした明るいお店です。住宅の外に自作して作られたというスペースは,天井からの陽光がレースのカーテン越しに降り注ぐすてきな空間。エンタランスにバイクを停めさせてもらいました。ちょっとした小物にもいい雰囲気のものが選ばれています。こんなお店に連れて行ってもらえるとは,メタさんのセンスの良さが光りますね。ピザの釜ももちろん手作り。裏の畑で取れた野菜を...

  •  10
  •  0

滋賀の山里を走る (2)

さて,花折峠を下り,国道 367号線をひた走ってきましたが,途中で朽木 (くつき) 方面へとハンドルを切ります。山深いところですが,谷筋をたどるように進んでいきます。川がきれいなんです。バイクを停めて休憩した何でも無いところにも,まるで美濃の川のような美しい淵がありました。メタさん,ちゃんとリサーチして,水のきれいな場所で休憩してくれたんですね。この道は,点在する山間の集落をつなぐ道でもあります。杉林あ...

  •  6
  •  0