Archive

2016年10月 1/1

滋賀の山里を走る (1)

2年ほど前から,滋賀のメタさんと仲良くさせてもらっています。楽しいコメントをブログに寄せてくださるだけでなく,いっしょに走ることが増えました。SHOROs の忘走会でいっしょに走ったり,メタさんの地元を走らせてもらったり。山の中が好きなぼくに合わせて,メタさんとしてはあまり行きたくないかも知れないコースを組んでくれて,ずいぶん楽しませてもらいました。そのおかげで,イニシャル d さんや,doggy さんなど,すて...

  •  10
  •  0

ロードバイクと瞑想

最近,テレビなどで 「瞑想」 とか 「マインドフルネス」 などが取り上げられた番組をいくつか見ました。「瞑想」 というと,禅とかヨガなど,宗教的な雰囲気をも持つ言葉ですが,最近は心や脳の健康を保つひとつの方法として取り上げられています。それには科学的根拠があるようです。脳の中心部に,「海馬」(かいば) という器官があります。これは,記憶を司る器官で,新しい記憶を整理して,大脳へと送り込むのがその仕事です...

  •  12
  •  0

足がかりを作る

この土日は,北海道へ仕事で行ってきました。自転車は持っていきませんでしたよ。乗る時間的余裕が日程の中にないからです。いつかは,と思っているんですけどね。金曜日のお昼すぎに中部国際を出発です。晴れていて,下の景色がよく見えます。これは木曽川,長良川,揖斐川。通称木曽三川。その向こうに見える山は,ヒルクライムポイントの多度山ですね。ここも二年前に登ったきりです。地球の自転と反対方向へ向かうので,日が暮...

  •  8
  •  0

犬山の里山

日曜日,のび~さんから「久しぶりにどこか走りませんか~」と連絡が入りました。お昼からは仕事があるので午前中しか走れませんが,いつも走っている地域をつきあってもらうことにしました。朝宮公園で待ち合わせ。青がポイントの,のび~さんのパイクに見慣れない色があると思ったら,何ともファンキーのワンポイントが。TIME の最新フレームにぴったりですね \(^O^)/走り出しが,寒い寒い。夏用のアームカバーだと,二の腕が...

  •  4
  •  0

差し込む陽光に魅せられる

このところ,一人で走るときにはいつも戸越峠から三国山を走っていました。土曜日は,しばらく走っていなかったところを走ろうと,定光寺に向かいました。6時の気温はウィンドブレーカーがないと走れないほどです。指切りグローブでは,冷たく感じるほど。それにしても,ビンディングはすばらしい!何と漕ぎやすいことか!シューズを忘れる経験をすると,そのありがたみがよ~くわかります。もう,パチンとはめる音さえ超気持ちい...

  •  10
  •  0

75 から 自分の年齢を引き算する

先日,新城から東栄町にかけて走ったときのことです。コンビニ休憩をしているときに,一人のローディーに出会いました。バイクから降りて歩き始める姿を見て,「あ,けっこう高齢の方だ」と思いました。少し腰が曲がっていたからです。コンビニに併設された無料休憩所でパンを食べていると,その方も入っていらしたので声をかけようと思ったら,すかさずチャップリンさんが話しかけました。聞くと,浜松からいらしたそうで,75歳と...

  •  8
  •  0

森が好き,道が好き,走るのが好き

四谷千枚田をあとにして,迂回路を走ります。イメージとしては,本来,長方形の一辺を行くはずのところ,それが通れなかったので,ほかの三辺を使って回り込む感じです。その迂回路は,17km ほどですが,そのうち 14km が登りです。そこを,チャップリンさんの容赦ない牽きで走ります。(もう少し手加減してくれてもよかったのに)しかし,山越えの後,東栄町までの下りはとても気持ちのいい道でした。森の中の下り基調。路面が荒...

  •  14
  •  0

四谷千枚田への 「やらかし」 ライド

月曜日,体育の日は,初めての地域を走ってきました。SHOROs の最長老,チャップリンさんのお誘いを受けて,愛知県の東の端にある新城市からスタートのライドです。久しぶりにケンさん号で出発。新城運動公園に集合です。三重から,KOU さんとそのお友だち。チャップリンさんと,ふだんいっしょに走っておられるそのお友だちも。なるほど,話に聞く 「とんでもない人たち」 というのは,この方たちですね。この日は,四谷千枚田を...

  •  4
  •  0

楽しいけれど疲れます

拾ってきた栗は,家内と二人で黙々と剥き続け,栗ご飯の完成と相成りました。やはり,小さめの栗は剥くのがたいへんですが,味が凝縮されていて美味いです。さて,三連休に入っても雨ばかり。といっても,いろいろと忙しくて走れません。初日は,マゴの運動会へ。雨なので大きな体育館の中での運動会です。大きな体育館といっても,すごい数の人が集まっているので,遠くからでは孫の姿などどこにも見つかりません。ふと舞台の方を...

  •  2
  •  0

路肩の危険 (下)

前回に続いて,路肩の危険シリーズ。今回は,人工の構造物。【 マンホール 】マンホールの危険は,大きく分けて3つ。(0) ふたが開いている!ま,こんなところには出会うことはほとんどない (笑)(1) 路面より盛り上がっている昨年,ぼくの記憶を飛ばしたヤツが,これだった。乗り上げると危険だ。避けた方がいい。ふたが小さなタイプでも,あなどってはいけない。まれにしかないが,こんなに盛り上がっているタイプはかな...

  •  6
  •  0

路肩の危険 (上)

自転車は転ぶとたいへん。ケガをする。すりむいたくらいで済むときもあるが,骨が折れてしまうこともある。命が危うくなることだってある。だから,気をつけて乗らなくてはいけない。ぼくも,転んでアゴを切って縫ったことがあるし,頭を打って記憶が飛んだこともある。安全に関する発信を続けている 「自転車コギコギ日記」。コギコギさんが提案するのは「危険を探すようにして乗る」という乗り方。一人で乗っているとき,そんな...

  •  14
  •  0

またしても霧の中

先週はまったく走れず,今週土曜日も走れず,今日はお天気が心配でしたが走り出しました。しばらく走っていないうちに,周囲はすっかり秋です。コソ練でよく走るようになった,二段坂から戸越峠へと向かいます。山が近づくにつれ,雲が低く垂れ込めているのが見えます。戸越峠の登りに入ると,空気が重たいです。しっかりした重さのある流体の中をかき分けて進んでいく感じです。蒸し暑く,爽やかさはありません。今日は,クロモリ...

  •  4
  •  0