Archive

2015年08月 1/1

雨沢峠 記録更新!?

今週の土日は大阪で仕事です。仲間内で楽しそうな催し物があるようですが,参加できません (泣)そこで,木・金あたりに休みを取って走ろうと考えました。木曜日と言えばケンさんがお休みなので,いっしょに走ってもらおう。ということで,道の駅 瀬戸しなの で待ち合わせ。「このところ,あまり走っていないので,だいぶ弱っている。この脚に活を入れて欲しい」 とケンさん。ぼくでは,無理です…。とりあえず雨沢へ,ということ...

  •  14
  •  0

サイクルキャップを作ってもらった

京都に 「縁(えにし)」 というサイクルキャップを作る工房がある。昨年のあずみのセンチュリーライドで一つ目を入手して以来,ファンになった。薄手の生地で,かぶり心地が優しい。一般的なものはやや生地が厚くて,締め付け感が気になっていた。縁の製品はそういう違和感が全くない。なにより,センスがいい。その後手に入れた花模様のキャップがお気に入りだったのだが (年甲斐もなく),不幸な事故に遭ってしまった。家内が...

  •  12
  •  0

大平街道 すてきな峠道

飯田峠を越えて,大平宿に入り,お昼休憩をすることにした。一軒だけ営業しているお茶屋さんは,なつかしい昔の造り。家の中の薄暗さに気分が落ち着く。黒光りしている床,柱,梁。玄関脇のお風呂場の焚き口からは,独特の匂いの煙が流れ出てきて,薪のはじける音が聞こえていた。ここは,宿としても利用できるし,この五右衛門風呂を使わせてもらうこともできるそうだ。勝手口横にある,川の流れを引く三段の水槽にはキュウリが冷...

  •  14
  •  0

緑陰の飯田峠

ああ,乗鞍。乗鞍に,自転車で登りたい。でも,機会になかなか恵まれなかった。いつもいっしょに走る仲間で乗鞍に登っていないのは,ぼくくらいのものだ。しかし,ついにその機会が訪れた。先週の土曜日,路くんとダイちゃんに誘われて登ることになった。ところが,お天気に恵まれなかった。スタート地点にするはずだった平湯に入っても,雨は降り続けている。予報とは大違いだ。スカイライン側からエコーライン側に移動してみたが...

  •  10
  •  0

短歌的世界を走る

今夏は,2泊だけの短い帰省となった。一人暮らしの義母は85歳で,かたくなに自分の生活スタイルを曲げない人。お盆にみんなが帰省してきても,生活時間は変えない。だから,9時消灯も不変。みんなはテレビのある居間から追い出される。仕方なく寝室へ移動して,小さな声で話したり,本を読んだりする。義理の妹が,「この本おもしろいよ」 と短歌の本を貸してくれた。それほど興味のある分野ではなかったが,閑に任せて読み出し...

  •  4
  •  0

水遊びライド 青いガラスの川

これは,8月2日のことを記事にしたものです。円原の伏流水を後にして,もう一度,北山交流センターまでもどり,こんどは神崎川の本流沿いに遡上する。この川筋をたどっていった先に,「ごろごろの滝」 がある。5km ほどの道のりだ。細い道が続くが,滝は 「突然」 といった感じで左手に現れる。去年,なかさんとここへ来たときにも感じたのだが,「ごろごろの滝ゾーン」 というのがある。川沿いの道をずっと走ってきて,このゾーン...

  •  18
  •  0

水遊びライド 円原の伏流水

これは,8月2日のことを記事にしたものです。暑い。暑い。暑い。Rapha Rising の挑戦が無事終わり,その後は東京へ仕事で行っていたこともあり,一週間ローラーもまったく回さない完全休養期間にした。その後の週末ということで,土曜日はどこかへ走りに出ようかと思っていたけれど,あまりの暑さにどこへも行かず。日曜日も暑い日になるという予報だったが,この日は水遊びライドに出ることになった。向かうのは岐阜県山県市にあ...

  •  8
  •  0

matz さん復帰記念 森林浴ライド (2)

すばらしい道,七宗林道をあとにして,神渕神社へ向かいます。今回のライドでは,一番斜度のあるヒルクライムです。1.7km ほどですが,登りごたえのある坂でした。鳥居をくぐって登り始めます。これが参道なんですから,お参りするのもたいへんですね。ここもずっと森の中を登っていきます。道祖神と書いた石碑が,一定区間ごとに建っています。距離の目印でしょうか。神社入り口の鳥居に着きました。ここも薄暗い森の中。しかし,...

  •  4
  •  0

matz さん復帰記念 森林浴ライド (1)

ここのところ,数週間前の記事が続いていました。まだ,書いていないこともあるのですが,少し飛ばして,ホットな話題も書こうと思います。(と言っても,すでに一週間遅れ 笑)それは,matz さんお帰りなさいライド。matz さんと言えば,SHOROs の山岳王にしてグルメ王。ユニークな道を見つけ出す 「川沿いの魔術師」 としても,お得なランチのお店を嗅ぎつける 「ランチの達人」 としても有名です。その matz さん,お仕事の都合...

  •  6
  •  0

金勝寺 展望台でコンプリート

三国越林道展望台からの眺めを楽しんだあとは,また森の中へもどります。ここからは基本,下っていきます。途中でいくつかの里を通りますが,山間の里というのは,何となく懐かしい雰囲気があって好きです。一人だったら,まちがいなく止まっていろいろ写真を撮っていると思います。多羅尾 (たらお) という里もすてきな感じでした。ふと見ると,「甲賀市」 と書いてありました。あらら,三重県との境まで南下してきているのです...

  •  6
  •  0

大峰山と茶畑

瀬田川沿いを南下します。この日は台風の影響か,瀬田川の水量がものすごかったです。ごうごうと流れる瀬田川に架かる橋を渡り,瀬田川支流の大石川沿いに登ります。舗装の整ったきれいな道です。ここまで 8 日間の疲れもあって,のっけから全然脚が回りません。おまけに照りつける太陽がこの日の大敵です。ビワイチをしている人たちは,たいへんだろうなあ。まずは,猿丸神社の脇から大峯山へ登る道に入ります。スーッと涼しくな...

  •  4
  •  0

滋賀を走る ビワイチだけじゃないよ

ブログを始めてから,いろいろなことを書いてきましたが,ライドの報告記事はほとんどの場合,次の日くらいには書いていました。ところが最近,ライドと記事アップの間にずれが生じ始め,1 週間以上の負債を抱えております (笑)確かこれは,コギコギさんの得意技だったはずなのですが,最近のコギコギさんのアップの速さには舌を巻くほどです。遅れ始めた理由はわかっています。7 月下旬に取り組んでいた Rapha Rising のせいで...

  •  6
  •  0

瀬戸内を走る 小豆島 その3

寒霞渓では,北アルプスの高原かと思わせるような寒さを味わったあと,さらにもう少し上にある四方指まで登ることにした。「四方指」 (しほうざし) というくらいだから,よほど見晴らしがいいのだろう。もちろん,ここも今日は期待できない。しかし,すっかり冷えた体には,登れることがありがたい。真夏であることを忘れ,体を温めたいと思う (笑)ここからは 3km ほどの登り。寒霞渓を登る時には登坂力によってばらけていた集...

  •  10
  •  0

いのちの理由

小豆島のライドを書いている途中ですが,ちょっと書いておきたいことがあったので,中断します。4日(火),何となくテレビをつけていたら,NHK で 「いのちのうた/平和を願う歌の力」という番組をやっていました。きな臭い法律を巡るニュースがテレビや新聞にあふれ,平和を考えて行動する人たちが多くなった昨今,歌の力も大きいなあと感じながら見ていました。大好きな さだまさし が2曲歌いました。広島のことを直接歌った...

  •  18
  •  0

瀬戸内を走る 小豆島 その2

二つの醤油蔵を訪ねて,生素麺を食べた後は,いよいよ寒霞渓 (かんかけい) に向かう。12km の長いヒルクライムだ。下から見えるあの雲は,上に行ったら晴れてくれるのだろうか。山の雰囲気のせいか,標高 500m 前後のところを走っているはずなのに,2000m 近いところを走っているように感じる。街中から30分ほど登ってきただけとは思えない標高の高さ感。「登ってきたぞ~」 という満足感がたまらない。長いヒルクライムは,それ...

  •  14
  •  0

瀬戸内を走る 小豆島 その1

これは,7月22日のことを書いたものです。遠征2日目。昨日は前島に渡ったが,今日は小豆島。もともとこの遠征は小豆島が本来の目的地だ。港から出るフェリーの大きさが,前島行きとは違う。乗船時間も1時間と長い。船内にはゆったりと座れる座席があり,軽食もとれる。住友さんオススメのうどんもある。これがけっこうおいしかった。ちなみに,通は 〈船が動き始めてから〉 食べるのだそうだ。乗ってすぐに食べると,住友さんか...

  •  13
  •  0