Archive

2015年06月 1/1

臨時漕会と奥美濃を走る

28日は,楽しみにしていたライドの日だった。以前から住友さんが 「行くよ!」 と言ってくれていて,こちらに来ていっしょに走る予定の日だった。「美濃を走りたい」 というリクエストだったので,美濃と言えば,もちろん,なかさん にコースディレクターをお願いした。住友さんが声をかけてくれて,臨時漕会メンバーも参加してくれることになった。臨時漕会の参加メンバーは以下の通り。会の顔,独特のみずみずしい感性で走ること...

  •  22
  •  0

ローラーの効果

ローラー台を買ったのは2年前の2月。心拍計をもとにして負荷を決め,ときどき回していました。しかし,ブームは2か月ほどで去り (笑),そのあとまったく回さなくなりました。その後,本格的にローラーの練習に取り組むようになったのは,昨年の11月。中古のパワータップを安く買ったことがきっかけで,ローラー台での活用を考えました。先輩の指導を仰ぎ,中心に取り組んできたのは LT ワークです。週に2回くらいのペースで...

  •  4
  •  0

尾張富士に登る

新しい相棒となった,TIME の ZXRS。実際に走ったのは,最初の試走と,富士ヒルクライムに参加した土日だけです。この前の日曜,ゆっくりといつものホームコースに連れ出しました。久しぶりに尾張富士を登ろうと思いました。富士ヒルクライムへの思いがまだ残っているせいかな (笑)この日は,課題を持って練習に臨みました。それは,ふだんよりも重いギアを回せるようにというものです。質問 「速く走れるようになるには,どう...

  •  6
  •  0

幸せが広がる言葉

この記事は,4月に書いたものです。今年に入ってから息子が新しい生活を始めた。いっしょに暮らしてくれる人ができたのだ。まだ籍は入れていないが,近々入籍の予定。ぼくの息子はなかなかたいへんな育ち方をした。保育園の頃から問題児で,担任の先生を困らせてきた。小学校に入学してからも,文字通り毎年学校へ呼び出されて先生からお叱りを受けた。「おたくのお子さんが問題を起こすのは,親の愛情不足ではないか」 と指摘す...

  •  30
  •  0

第12回 Mt.富士ヒルクライム レース当日編 (2)

長い坂を登っている時,ふとある歌やメロディーが鳴り続けることってありませんか?なぜこの歌? と自分でもおかしくなる歌だったり…。今回の富士ヒルクライムでは,なかなかいい歌がリフレインしていましたよ。もう,この長丁場ヒルクライムにぴったり!NHK-BS で放送されている 『日本百名山』 の主題歌です。大好きな さだまさし が歌っています。自分の重さを 感じながら坂道を のぼるいくつもの峠を 越えてもっともっと上...

  •  8
  •  0

第12回 Mt.富士ヒルクライム 自分の走りは?

さて,24km という長丁場のヒルクライム。初めての経験です。走り出す前までの予定では,山の空気と景色を楽しみながら走ろうと思っていました。ところがところが,全っ然そんな余裕がありませんでした。その要因の一つ目は,人の多さです。つねに自分の走るラインを見定めていないと,接触・転倒の危険さえ感じるほどの人口密度。富士山の森の空気を楽しむような走りはまったくできませんでした。ま,レースなんですから,仕方な...

  •  6
  •  0

第12回 Mt.富士ヒルクライム レース当日編 (1)

レース前夜は,大人数がひとつの部屋に入り,さしずめ修学旅行の夜。なんだかんだとおしゃべりしながら,次の日の準備です。当日の朝は,5時に宿を出発予定ですから,起床は4時。前日にコンビニで仕入れておいた朝食を部屋でとり,準備を整えて出発です。ところが,宿の外へ出てみると,すでに雨が降っていました。そういえば,今回,急に参加できなかったメンバーから,雨乞いの踊りをする写真が送りつけられてきました。あの写...

  •  16
  •  0

第12回 富士ヒルクライム参加記 前夜祭

第12回 Mt. 富士ヒルクライム に参加しました。前日のみ受付ということで,前日の土曜日から出発です。受付をして,前夜祭イベントだけに参加するのなら,ゆっくりの出発でいいのですが,「少しは周辺を走ろう」 ということで,朝の6時に出発。新東名を一路東へと向かいます。この土日は,お天気がよくない予報も出ていましたが,青空の見える日となりました。いい気分です。雨のヒルクライムなんて,イヤですからね。しかし,富...

  •  10
  •  0

明日は富士ヒルクライム

14日の日曜日は,第12回 Mt. 富士ヒルクライム に出ます。前日入りして宿泊,当日に備えます。初めての参加です。ドキドキします。コースは,富士スバルライン。富士北麓公園をスタートして,標高 2305m の五合目まで登ります。距離は 24km,標高差は 1200m を超えます。勾配は,平均で 5.2%,最大 7.8% です。勾配こそそれほどきつくはありませんが,24km という長丁場を走ったことがありません。いったい,どれくらいのタイム...

  •  14
  •  0

フレームのコーティング

孫たちと娘が嫁ぎ先に帰っていき,静かな毎日が戻ってきました。家に帰ってもホッとできます。でも,ちょっと寂しい。さて,New フレームにパーツを組み付ける前に,コーティングをしました。クレストヨンド という会社の 「ガラスの鎧」 というコーティングです。以前から,自転車の雑誌などで見かけていましたが,最近,同じく TIME のフレームを入手された hiro さんからのオススメで,導入することにしました。調べてみると,...

  •  10
  •  0

バーテープなんて嫌いだ

さて,新しく組んだタイムは主要な部分に問題はなく,気持ちよく試走できました。ぼくが自分でバイクを組むとき,一番の山場は,なんと言ってもバーテープ巻きです。もちろん,苦手という意味です。知っている人は知っている(笑)立ちはだかる大きな壁です。STI の周りに隙間があったり,テープの巻き方が均等でなかったり,エンドキャップのところにハンドルの地が見えていたり,反対向きに巻いたり。まあ,いろんな失敗をしてき...

  •  30
  •  0

Newバイク 試走!

がんばって仕上げました!土曜日の夜,仕事から帰ってくると,マゴは,まだ,寝ていませんでした …。上の子が大好きな絵本 『まないたにりょうりをあげないこと』 を何度も,何度も読まされる …。これは,ものすごくおもしろい傑作な絵本です。このあとは,まないたごっこ。もちろん,ジイチャンはまないた役。はてしなく,まないたとの会話を楽しむマゴ。寝付いてくれたのは,9時半すぎでした。さあ,やるぞ!変速調整はささっと...

  •  42
  •  0

Newバイクの組み立て (2)

一昨日と昨日で,ハンドルトステム,STI レバーの取り付け,ケーブル関連の作業をしました。バイクを組むとき,一番面倒なのはケーブル関連の作業です。とくに,トップチューブやダウンチューブのケーブル内装はかなり時間がかかります。しかし,このフレームは外装式ですから,内装式のインフィニートに比べたら楽です。フレーム付属のカーボンハンドルは,一部を下に通す形式ですが,拍子抜けするほどするっと通りました。ケーブ...

  •  16
  •  0

Newバイクの組み立て (1)

先週,New フレームが到着しました。うれしいです。なめるようにして見ています。写真で黒く見えたところは,カーボン繊維の編んだものがそのまま見える部分でした。これがまたなかなかいい感じ。クリア塗装もきれいです。ビアンキはマット塗装だったので,汚れがなかなか落ちないことに悩まされてきました。こんどは少し楽になりそうです。ビアンキ インフィニートに着いていたコンポを外して組むわけですが,それはもうすでにす...

  •  20
  •  0

2015 スズカ 春のエンデューロ参加記

2015 スズカ 春のエンデューロ。SHOROs で参加する一大イベントだ。例年はチームを作って交代で走るのだが,今年は趣向を変えて,ソロで 「アタック 120」 にたくさんのメンバーが参加。4時間以内にコースを 20周 するという競技だ。走行距離は約 120km になる。高速巡航と長距離がともに苦手なぼくには,参加できない種目だ。そこで,ぼくはチームで走ることを選択。今年は,3人と2人の2チーム。あとは全員アタック 120。さ...

  •  25
  •  0