Loading…

夏の終わりに美濃を走る

Posted by リキ on 31.2014 お出かけ   10 comments   0 trackback


土曜日,夏の終わりにどこか涼しいところを走りたい!

急に思いついて,なかさんに連絡し,いっしょに走ってもらうことにした。

なかさんは,いつも急なお願いにもかかわらず,コースを考えてくれる。

なかさんに伝えたのは,「水に足をつけたい」 というのと,「できれば今までに走っていない道を」 というぜいたくなお願い。




道の駅 むげ川に集合。

14_0830_00.jpg

車から降りると,少しヒンヤリする。

夏の花サルスベリが満開。

14_0830_01.jpg

お天気も曇り基調のいい感じになりそう。

今日はツールケースにちょっと変わったツールを仕込んできた。

14_0830_03.jpg

はみ出ているけど,そこはファスナー式なので,問題なく収納。

これは,あとでのお楽しみ。



美濃の道は,日陰に入るとヒンヤリして気持ちがいい。

14_0830_04.jpg

ときどぎこの空気感を味わわないと,禁断症状が出る。

武儀川沿いを遡上。

途中,乳児の森神社で休憩。

真っ直ぐに立つりっぱな桜があった。

14_0830_07.jpg

解説を読むと,あの根尾谷のシンボル,薄墨桜の姉妹株らしい。

14_0830_05.jpg

桜の季節に来てみたいものだ。

周囲は,湧き水が出ていて,空気がヒンヤリしている。

緑の美しいコケが,水の豊かなことを教えてくれる。

14_0830_06.jpg

トイレもちゃんとあって,すてきな休憩ポイントだ。




さらに北上し,尾並坂峠を越える。

14_0830_09.jpg

わりと斜度が緩やかな長い登りのあと,ぐいっと短く登って終了。

気持ちのいい下りで根尾谷に回り込む。

14_0830_10.jpg

夏にいっても仕方がないかもしれないが,薄墨桜に立ちよって休憩。

14_0830_11.jpg


誰もいない。

いるのは,なかさんと,ぼくと,知らない人が二人。

全員ローディー(笑)。


暑いなあと思ったら,曇りの予報だったのに,いつのまにか夏空が登場していた。

久しぶりに夏らしい空を見た。

14_0830_12.jpg

全国のローディーが空を恨めしそうに見上げたこの夏,ひさしぶりに見る真っ青な空が新鮮だ。




根尾川沿いを南下する。

14_0830_13.jpg

小さな峠を越える。

14_0830_14.jpg

美濃はどこを走っても,日陰に入るたびにさわやかな空気を感じることができる。

最高の道ばかりだ。


伊自良湖へ抜ける道は桜の名所のようで,堤防沿いに延々と桜の木が並んでいる。

反対側の田んぼは,すでに秋の実りの色。

14_0830_15.jpg



途中,洞窟を発見。

14_0830_16.jpg

少し奥へ入ってみると,まだまだ奥に続く雰囲気。

懐中電灯がおいてあって,「自己責任でどうぞ」 とある。

14_0830_17.jpg

なかさんは,ヘビが怖いので止めておくとのこと。

ぼくは一人で行くのが怖いので,やめておいた(笑)




さあ,ここからは,平井坂トンネルを越えて,神崎川へ。

今回のお楽しみ,川遊びのできるポイントを探す。



さわやかな渓流となかさんの悲劇は次回。

乞うご期待。


(つづく)







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





スポンサーサイト

泥除けを作る

Posted by リキ on 29.2014 パーツ   12 comments   0 trackback


先月,SHOROs の大集団で美濃を走ったとき,途中で雨に見舞われました。

その折に,こうぞうさんが,便利なものを見せてくれました。

簡易型の泥除けです。



雨の日に乗ると,とにかく汚れますよね。

後輪のはね上げは背中にまでとんできます。

泥や砂はまだいいのですが,一番イヤなのは,ブレーキシューから出る汚れです。

ぼくのバイクはマットな塗装なので,泥や砂に比べて落ちにくいです。

加えて,お気に入りのジャージなどにあの汚れがつくとショックです。


そこで,ぼくもあの泥除けを買うことにしました。

といっても,しばらく忘れていて,先日も軽井沢ライドの時に濡れた路面を走っていて,まだ買っていなかったことを思い出しました。

家に帰ってからすぐに注文。



届いたのはこれ。

14_0824_01.jpg

装着も簡単。

14_0824_02.jpg

使うとき以外は,二つ折りにしておけるように,折り目がついています。

なかなかの優れもの。



ところが,ASS SAVERS という製品名が,ちょっと気になります。

ASS というのは,ぼくの知る限りでは 「おしり」 などというかわいらしい言葉でなく 「ケツ」 とか 「ケツの穴」 などという雰囲気の言葉のはず。

つまり,ASS SAVERS を直訳すれば 「ケツの穴守り隊」(笑)

BACK GUARD くらいの方がよかったのでは?



もう一つ思ったのは,触った瞬間,「アレ?」

この材質,よく知っている材質です。

手持ちがいくつもあるくらい(笑)

これを,カッターとはさみで切り抜いたら,複製がかんたんにできてしまう。

14_0824_04.jpg


ちゃっちゃと,15分くらいで完成!

14_0824_05.jpg

クロモリ用の複製ができてしまいました。

材料費は約50円。



雨の日の,楽しい工作でした。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





夏空のカンバス

Posted by リキ on 27.2014 日々の雑感   16 comments   0 trackback

今年の夏は,からっと晴れた日がありません。

もう,はやく夏が終わらないかなと思うこともほとんどありません。

大丈夫だろうかと心配になったりもします。

自転車乗りとしては,不安定なお天気は全くの困りもの。



でも,いつもの夏にはない楽しみもあります。

空の表情がおもしろいんです。

雲のせいで,めったに見られない空の色に出会うことがあります。

朝5時,庄内川にかかる橋から。

14_0827_01.jpg

練習で走っていても,空を見て楽しめます。

14_0827_03.jpg

6時になると,まったく違った色になります。

14_0827_04.jpg


この日は夕方の空がすごかったです。

南の空。

14_0827_05.jpg

空全体に,雲が重層的に広がり,それはもう見事でした。

南西の空。

湿り気をたっぷり含んだ風が,大空のカンバスに大胆な筆致で描いた芸術。

14_0827_06.jpg

西の空。

夕日が彩りを添えます。

14_0827_07.jpg

写真ではなかなかスケール感が出ませんね。

しばらくの間,ベランダで写真を撮りながら見とれていました。

東の空には虹も出ていましたが,これは写真には収まりませんでした。

写真はこちらにも。



自転車乗りにはうらめしい夏ですが,まあ,それなりに楽しんでみましょう。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









雨雲レーダーすごい!

Posted by リキ on 25.2014 練習   12 comments   0 trackback


日曜日の朝,ひさしぶりに乗れそうなお天気。

みんなが各方面に走りに行っている情報が次々とラインから入ってきました。

雨沢,二ノ瀬,知多半島,琵琶湖,開田高原…。 いいな~。

午前中ちょっと用事があって出られないぼくとしては,指をくわえて見ているしかありません。

でも,いいんだ。

この日は,ブログでコメントのやりとりをさせてもらっている 住友さん (ブログ:住友輪業の業務日報) が,地元から浜松まで 300km オーバーライドを計画していて,夕方近くに名古屋あたりを通ることになっていました。

そこで,名古屋周辺の旧東海道をいっしょに走る約束をしていたんです。

丸臨ジャージと初のライドということでとても楽しみでした。



しかし,残念ながら住友さん,滋賀県内で無念のトラブル。

計画は中断となりました。

まあ,こればっかりは仕方ありません。

またの機会を楽しみにしましょう。

ぼくが関西方面に出かけていく機会もあるかもしれませんからね。




夕方の時間が空いたので,この日は夕練に出ました。

といっても,この不安定なお天気ですから,雨雲レーダーの画像をよ~く見て,「ここだ」 というポイントで出かけました。

雨雲の動きが予想通りなら,1時間くらい,何とか走れそうです。



いつもの朝練とちがって,東の空の表情はちょっと色合いが地味な感じ。

14_0825_01.jpg



それでも,緑地内に入ると,朝には感じられない緑の美しさがありました。

14_0825_02.jpg

雨上がりということもあるのでしょうか。

うるおいのある緑色です。

気持ちいい!



ネコもまったり。

14_0825_03.jpg





おや,木の根元につやつやした茶色のものが…。

森のお掃除やさんのカワイイ姿。

14_0825_04.jpg

雨上がりで,あちこちから急にニョキニョキ出てきています。

14_0825_05.jpg

同じ種類のキノコが,別々の場所から示し合わせたように同じタイミングで生えてくるのがおもしろいです。


雨上がりのチャンスをとらえて,雨沢峠あたりにぞくぞくとローディーが現れるのとちょっと似てます。

間近で見ていたらおいしそうにも見えましたが… (笑),知らないキノコほどアブナイものはありませんからね。




4周しただけですが,朝とちがって,さすがに汗の出方がすごいです。

1時間近く走ったあと,雨が来るといけないので帰途に着きました。

すると,途中で,ポツポツとガーミンの画面がぬれ始めました。

雨雲レーダーすごい!

ぴったり予定通り1時間で雨雲がやってきました!

天気予報がまったく当てにならない昨今,雨雲レーダーのアプリは役に立ちます。



この土日に乗れた時間は,たった1時間のみ。

ちょっとさびしい週末でした。


また来週,元気に走ろう!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





ジャージの色

Posted by リキ on 23.2014 着る   8 comments   0 trackback


最近のお天気には参ります。

今週は水曜日の朝練に出られたきり,走れていません。

14_0823_01.jpg


今日,せっかくの土曜日も,朝から雨。

ちょっと晴れ間が出たかと思うと,すぐに曇ってきて激しい雷雨に。

朝から思わず耳を押さえたくなるような雷鳴が響きました。

その後,雨がやんで青空が見えたかと思うと,またまたゴロゴロと不気味な音が響きます。

こんな日に田んぼの真ん中を走っていたら,雷に打たれそうで怖いです。



結局,家でおとなしくしているしかなく,バイクの掃除をしたり,ウェアの整理をしたりしました。


ウェアと言えば,最近,着るジャージの色が変わってきました。

以前は黒が中心でした。

14_0823_02.jpg




最近は,派手な色をよく着ています。

14_0823_03.jpg

これには理由がありまして,

一つは,家内が,「もう年寄りなんだから,もっと派手な色を着てもいいんじゃない?」 とよく言うからです。

もう一つは,一人で走るときには,目だった方が安全だろうという考えからです。

車の運転手からは,1秒でも早く見つけてもらいたいです。

山の中を走ることも多いので,周囲から浮き出る色の方がいいだろうと思いました。



おもしろいもので,普段の服装などまったく気をつかわない方なのに,自転車に乗るときには,ジャージに合わせて帽子や靴下を選んだりします。


服装だけでなく,人とのつきあい方,トレーニングなど,自分の行動様式が変化してきています。


自転車に乗り始めて,自分の中にかくれていた意外な自分が,いろいろと顔を出してくるのが楽しくてたまりません。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






軽井沢ライドは雲の中 後編

Posted by リキ on 21.2014 お出かけ   8 comments   0 trackback




さて,すてきな教会を見たあとは,見晴らしのいい展望台まで登ってみることになりました。

行ってみたいと思っていた神社があるところだったので,Mさんの 「行ってみましょうか」 と言葉にすっと乗りました。

しかし,これが… (笑)



教会の前から続く道を奥へ進むだけですが,急に斜度の高い坂が登場。

14_0817_16.jpg

10%越えの坂が 2km 近く続きました。

この事実を,Mさんは知っていたのか,知らなかったのか,触れずにおいたのか…(笑)



きついです。

帰ってからルートラボで確認しても,やっぱり。

14_0817_41.jpg


まだかまだかと言いながら登ります。

このあたりの地名は,「峠町」 というそうです。


やっとのことで熊野皇大神社に到着。

おお,なんとも雰囲気のいい入り口です。

14_0817_17.jpg

展望台に向かいます。

石畳でごつごつの坂は,さすがに乗ったままでは登れません。

14_0817_18.jpg

さて,どんな展望が待っているでしょうか。











ありゃ~。

14_0817_19.jpg

ここも雲の中(笑)



関東平野が一望できるという場所は…

14_0817_20.jpg

またまた雲の中。


ま,それはそれで,霧の中の広場もいい雰囲気です。

14_0817_21.jpg

なかなか幻想的。

14_0817_22.jpg

おとなりの神社には,異様な姿のご神木があるそうなのですが,霧の見事な広場に見とれて,見に行くのを忘れたのが悔やまれます。






ということで,もう一つ楽しみにしていた,Mさんおすすめ,碓氷峠の旧道へ向かいます。

軽井沢側からは,数百m 登ればすぐに碓氷峠のピークで,あとはひたすら下るだけです。

14_0817_23.jpg

もう,この下りの気持ちのいいこと!

14_0817_24.jpg

なんと言っても,緑が美しいです。

涼しいです。

歴史ある峠らしく,道の谷側には大きなケヤキが目だちます。

きれいな路面は安心して下れます。

車は,新しくできた碓氷パイパスを走るため,ほとんどいません。


そして,谷間にかかるこの美しい建造物。

14_0817_25.jpg

国鉄信越本線が走っていた橋です。



もう少し下ると,こんどは,通称 「めがね橋」 として有名なところに出ます。

14_0817_26.jpg

明治25年に完成した,総煉瓦造りのアーチ橋。

14_0817_27.jpg

高さは 31m ,煉瓦造りとしては日本一だそうです。

何より,形がきれいです。

14_0817_28.jpg

絵になりますね。



大満足の碓氷峠ダウンヒルでした。

Mさんによれば,登っても楽しいとか。

しかし,登りとなると,安中から 20km 以上登ることになり,楽ではなさそうですね(笑)


峠の釜めしで有名な横川まで降りてきました。

14_0817_29.jpg

横川駅では,思いがけず蒸気機関車が見られました。

現役で走っている D51 で,高崎と横川の間を走っているそうです。

14_0817_30.jpg

蒸気機関車の近くは懐かしいにおいがしました。

Mさんとは同年代。
お互いに,「子どもの頃に乗ったね」 と話ができるローディー仲間は,なかなかいません(笑)



ここ,横川駅は,鉄道博物館もあって,鉄道好きな人にはたまらないスポットかもしれません。

14_0817_31.jpg




さあ,今回のライドもおしまいです。

旧中山道を走って,高崎までもどります。

写真は安中(あんなか) の杉並木。

14_0817_32.jpg






このあたりには,まだいくつもの峠があるそうで,これからも帰省のたびに楽しめそうです。

Mさん,今回も楽しいライドをありがとうございました。

次回は,軽井沢のおしゃれなカフェに入ってみますか (笑)



後編の写真は,こちら





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






軽井沢ライドは雲の中 前編

Posted by リキ on 19.2014 お出かけ   9 comments   0 trackback

群馬への帰省。

今回は,三日間のみの滞在で,真ん中の日曜日にライドです。

群馬のサイクリストMさんがまたいっしょに走ってくださるとのことで,軽井沢方面へのコースを案内してくださいました。

Mさんは,昨年末に妙義山へ案内してくださった,ベテランサイクリストです。

ブルベにも意欲的に参加されていて,600km も走られたとのこと。

先達が大先輩ですから,安心です。

今回は,高崎から二度上峠を経由して北軽井沢に入り,中軽井沢から碓氷峠を下って高崎に戻る 100km コースです。

14_0817_40.jpg
(ルートラボのコースはこちら


前回と同じコンビニで待ち合わせですが,朝から霧雨のようなお天気で,ちょっと先行きが心配です。

雨の予報が出ていないので,天気予報を信じて出発。


榛名山ヒルクライムの出発地点,室田近くから国道 406 を離れて,車がほとんど通らない県道に入ります。

今日は,雲が低いです。

いきなり,10%越えの坂道が出迎えてくれました。

14_0817_01.jpg

雲の中に吸いこまれていきます。

烏川沿いもずっと雲の中。

14_0817_02.jpg

真夏のライドとは思えない涼しさと快適さです。



数km にわたって続く直線の登りが…。

14_0817_03.jpg

はるか向こうまで,ずっと直線の登りが見えるのは,気持ち的にきついので,あまり先を見ないように登ります。

自転車のことや,ライドのことなど,気を紛らわせるようにいろんな話をしながら登ります。

14_0817_04.jpg

どこまで行っても雲の中。



たぶん,この左側は谷でしょう。

14_0817_05.jpg

雲の中に架かる橋を渡ります。



少し雨っぽくなって来ました。

久しぶりに感じた人の気配のある 「はまゆう山荘」 でちょっと雨宿り。



ここまで 27km を登ってきて,ここから先は,本格的なつづら折れの峠道。

二度上 (にどあげ) 峠まで,8.5km の登りです。

14_0817_06.jpg

ところどころ斜度の高い部分も出てきますが,緑のトンネルの中,とても涼しげな峠道です。

追い越していく車も少なく,路面もきれい。


標高も 1000m を越すと,道ばたの植物も少し様子が変わります。

シシウドやキツリフネが花を咲かせていました。

14_0817_07.jpg

真夏の日差しが照りつけるようなお天気だったとしても,快適に登れそうな峠道です。



ここ群馬のおもな峠は,カーブ一つ一つに番号がふってあり,頂上までの距離が 数百m 刻みで表示してあります。

14_0817_43.jpg

それは,

「あと少しだ!」 と励みにもなり,
「まだそんなにあるの!」 と心くじけるもとになり …(笑)





フウフウ言って,ピークに着きました!

二度上峠,標高1390m です!

14_0817_08.jpg


ふと見ると,標識の柱にこんな張り紙が。

14_0817_09.jpg

ん? どこかで見たことあるぞ…。

Carpe diem quam minimum credula postero…。

ラテン語,ホラティウスの詩の一節です。

わが SHOROs のチームジャージに刻まれた言葉でした!

14_0817_42.jpg

チームジャージには,

Mement Mori (死を忘れるな = 明日はないかもしれない)
Carpe Diem (一日を摘め = その日を楽しめ)

とあります。

この張り紙は,

Carpe Diem に

quam minimum credula postero (明日への信頼は最小限に = 明日はないかも)

と続きます。


こんなお天気の中,峠を登ってきた僕たちにはぴったりの言葉かもしれません。

ぼくが走れるのはこの日だけ。

Mさんは,休暇の最終日。

その日一日を摘め。 まさに!

この,粋な貼り紙,この峠を頻繁に走っているローディーが貼ったにちがいありませんね。



ピークの標識の向こう側には,展望台らしき階段があったので,登ってみます。




さて,その展望は!

ふしぎな光景でした。

14_0817_10.jpg

自分たちの下にある雲と,それより高いところにある雲にはさまれるようにして,小さな青空が顔をのぞかせていました。

あの青空の下が,目指す軽井沢方面であることを期待して,峠を下ります。



快適な森の中のダウンヒル。

14_0817_11.jpg

湿り気を帯びた濃厚な森の空気。

なんとも幸せな気分。



しかし,雲の中から北軽井沢に降りてくると,もう,急に下界の喧噪です。

人と,車と,観光地の賑わい。

そして,渋滞。

14_0817_12.jpg

中軽井沢までの道は,「日本ロマンチック街道」と名付けられていますが,渋滞の横を走るので,残念ながらロマンチックは感じられず。

白糸の滝方面への道は,有料道路で,これまた残念ながら自転車は入れず。


そのまま中軽井沢まで下りのつづら折れを走りますが,まあ,車の多いこと,多いこと。

有名な星野リゾートまで,車が途切れることはありませんでした。



幸いなことに,軽井沢は雨の気配もなく,お天気は大丈夫そうです。

軽井沢の駅前通りまで来ると,おしゃれな出で立ちの観光客ばかり。

ジャージ,レーパンのおじさん二人は,完全に浮いています。

おしゃれなカフェに入ることなど,ぜったいにムリです。

まっすぐに歩けない人通りの中,自転車を引いて観光客の間をすり抜け,別荘地に入っていきました。

14_0817_13.jpg

年配のご夫婦のタンデム車がいい感じです。



唯一の軽井沢観光は,この,ショー記念礼拝堂。

14_0817_14.jpg

緑が美しい森の中にある質素な礼拝堂です。

14_0817_15.jpg


軽井沢がおしゃれなところであるということは,ここ一カ所だけでも十分にわかった気になりました。



さて,このあとは,見晴らしのいい展望台まで登ってみるとこに。

しかし,これが…。


(つづく)


写真はこちらにもアップしてみました。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






軽井沢に行ってきました

Posted by リキ on 17.2014 お出かけ   14 comments   0 trackback
今日は、群馬のサイクリストMさんと、高崎から軽井沢までのライドに行ってきました。

朝から曇り空。霧雨のなか、お天気が心配でしたが、本格的な降りには出会うことなく帰ってこられました。

展望はきかなかったものの、とっても楽しいライドになりました。

こんなコースが近くにある群馬はとてもいいところだと、あらためて感じられたライドでした。

家に帰ったら、あらためて記事にする予定です。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








雨の合間をぬって夕方練習

Posted by リキ on 15.2014 練習   6 comments   0 trackback


雨の日が続きますね。

昨日も今日も,朝は雨で走りに出られず。




お昼前から雨が上がって,サイクルキャリアの装着を試みました。

ちゃんと着きました。

14_0813_05.jpg

仮止めですが,フックがそれぞれのポイントにきちんと入って,ストラップにある程度テンションがかけられたので,大丈夫です。

ゴルフ 7 にも装着可,です。

ただし,トランクドアと車体との間隔が狭いので,下側のフックはドアが閉まった状態では引っかけられませんでした。

あとは,自転車のワイヤと同じで初期伸びがあるでしょうから,走り出してからは少し頻繁にストラップの緩みをチェックしなくてはいけませんね。

これで,自転車も荷物も,娘もマゴも乗せられる!



帰省先では,昨年末に妙義山へご一緒いただいた,群馬のサイクリストMさんがまたいっしょに走ってくださるとのこと。

こんどは,軽井沢方面へ向かうコースを設定してくださいました。

群馬側から二度上峠を越えて軽井沢へ入り,旧道の碓氷峠を越えて戻ってくる 100km コースです。

楽しみです。 お天気だけが心配。



お昼過ぎからは晴れてきたので,風の具合を見て走りに行くことにしました。

お天気は夕方までは持つようなので,4時過ぎて少し風がやんだところで出発。

雨が急に降り出してもいいように,いつものご近所コースです。



今日は少し鞭を入れて走ったら,もうぜんぜんだめ。

下り区間は息が切れて漕ぐことができません。

4周目には登りきったところでたまらずストップ。

ネコの写真を撮って休憩。

14_0813_08.jpg

気持ちよさそうにしています。

14_0813_09.jpg


さあ,回復走でもう一周と思ったら,急に雨のにおいが。

これはアブナイと思った瞬間,降り出しました。

結局降られてしまった。

でも,久しぶりに走ることができて大満足。

汗をかいてヒイヒイ言う登り,風を切って加速する下り。

ローラーではこの爽快感はないんだよな~。

緑の中を走れるだけで幸せです。

14_0813_06.jpg



さあ,では,明日から三日間の短い帰省に行ってきます。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




お盆休みなのに

Posted by リキ on 13.2014 日々の雑感   4 comments   0 trackback


お盆休みですね。

14_0813_02.jpg




ラインの書き込みを見ていると,お仕事の皆様もおられますね。 お疲れ様です。

ぼくは休みを取っていますが,宿題が頭の上にのっかっているので,気分が重いです。



台風とか,なんやかんやでしばらく乗れなかったので,今日は朝練に出発。

14_0813_01.jpg

走り出しは,かなり気温が低く感じられて,さわやかでした。


しかし,ひさしぶりのせいか,1時間も走るとかなりしんどくなって,引き上げてきました。

強度を少しずつ上げて練習したいのに,疲れの強度が増している(笑)



家内が一足先に帰省しているので,今日から三日間は一人暮らしです。

自転車で遠出でもしようかと思っていたのですが,とりあえず今日は宿題です。



明日は遠出しようかと思って天気予報を見ると,ゲゲっ,明日からは雨予報です。

がっくり。

今日でかければよかったな…。




パソコンに向かって仕事をしていても,「あ~あ,休みなのにな~」 という気分でペースが上がりません。

チラ見するラインからは,お出かけの報告が入ってきます。

駒ヶ岳,乗鞍,茶臼山…。

あ~あ,みんないいな~。



しばらく休憩だ!





パソコンの画面から離れて,今朝届いた箱を開けます。

14_0813_04.jpg

家内の実家に帰省するのに使うサイクルキャリアです。

実は,これが,家内の乗っているゴルフに取り付けられるかどうかが問題です。

適合表には未掲載。

たぶんつけられるだろうと,見込みでの購入です。

明日,取り付けてみますが,ちょっとドキドキです。




さあ,もう一仕事。

明日も,元気に朝練だ!






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






台風の中,ビルクライム (笑)

Posted by リキ on 10.2014 お出かけ   28 comments   0 trackback


昨日の土曜日は,用事があって,台風が近づいているというのに,横浜まで日帰りで出かけました。

自転車は持って行きませんよ。

ピシッとした格好で出かけましたから。



とくに,観光目的で来たわけではないけれど,待ち合わせまで時間があるので,ちょっとここへ。

横浜ランドマークタワーで,ビルクライムです(笑)。

14_0809_01.jpg

獲得標高は,273m。

14_0809_02.jpg

ちなみに,ガーミンは所持しておりませんでした。

雲が低く垂れ込めているのが残念ですが,気持ちは軽やかです。






今年の6月のこと。

我が家に,若い娘さんが現れました。

なんと,「おたくの息子のお嫁さんになってあげてもいい」 という,奇特な方です。

「できの悪い息子で」 と,世の人は我が子のことを謙遜して言いますが,ぼくは,謙遜でも何でもなく,自信を持って(笑),「心配な息子である」 と娘さんに告げました。

もちろん,親としては,かわいいし,大切だし,いいところもあると思っていますが,客観的に見て,きわめてアブナイやつであることを包み隠さずお知らせしました。

すると,「知っています。それでも,彼のいいところを知っていますから」 と涙の出るようなことを言ってくださる。

その娘さんが天使のように見え,家内と手を取り合って喜びました。



ということで,相手のご両親にご挨拶に伺ったというわけです。

夕方から,とある店で,いっしょにお食事。

最初はお互いに緊張していましたが,徐々に打ち解けました。


聞けば,相手のお父様もクラシック音楽が大好きということで話が弾み,趣味の話題つながりで,ついでに出た次女の方の話にもびっくり。

なんと,妹さんは大学で自転車部に入っていたそうで,北海道から沖縄までを1ヶ月ほどで走りきった強者とか。

お父さんは彼女のロードバイクには触らせてもらえないという。


すると,家内がぼくのことを,「自転車に乗るようになってから健康になってよかった」,「ネットで知り合った自転車仲間にとてもよくしてもらっていて,生き生きと楽しそうにしている」,「全然知らない人たちとすぐに仲良くなって,いっしょに自転車で出かけていくのがすごい」 などと,相手のご両親につぎつぎと話すんです。

ふだんは家でそんなことを話したことがなかったので,驚きました。



店から出るときに,息子が 「会計は済ませたから」 というのにもびっくり。

そんな気遣いができるヤツとは思っていませんでした。

聞くと,相手の娘さんと相談して,「たまには親孝行を」 ということで,お互いの親の分を支払ったのだそうです。




そんなこんなで,うれしい日になりました。

新幹線の終電ギリギリになって焦りまくったことも,新横浜から座る席がなくて立ち通しだったことも,こちらの最寄り駅に着いたら12時を過ぎていて,駐車場から車が出せなくなったことも,風雨が強まる中,駅から歩いたことも,まあ,よしとしましょう。


五十台も後半になって,次々といい出会いがある自分の人生,捨てたもんじゃない。

14_0809_03.jpg




けさは早起きして,強風の中,車を取りに行きました(笑)

駐車料金が,はあ~ (ためいき)。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






しゅぷろけ かえるの?

Posted by リキ on 08.2014 メンテナンス   30 comments   0 trackback
先日,マゴが遊びにきました。

ぐっすりお昼寝。

あんまりよく寝ているので,娘と相談して,ちょっといたずら。








14_0802_11.jpg


「ジイチャン,しゅぷろけ,かえるの? お手伝いちゅるよお~」





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






カミナリにしかられる

Posted by リキ on 06.2014 日々の雑感   10 comments   0 trackback


今朝も小幡緑地で朝練。

この時期は,日の出が毎日1分くらいずつ遅くなっていく。

14_0802_12.jpg

8月の終わりには,名古屋の日の出は5時20分台にまで遅くなる。

季節の移ろいは,日々着実だ。



それにひきかえ,8月中に仕上げなければならない仕事が,遅々として進まない。

昔から,締め切りや期限が近づかないとペースが上がらない質だ。

子どもの頃から忘れ物が多くて,前もって準備するとか,早めに進めておくとかいうことが苦手。

これだけは歳を重ねても変わらない (笑)



しかし,自分という人間が,週に何度も朝練で汗をかくという生活をするようになるとは,夢にも思わなかった。

こんなことがあると,自分の中に秘めている可能性というのは,まだまだいろいろとあるのかもしれないと思ってしまう。

この歳でも,練習を重ねたら,もう少し強く,速くなれるのかもしれないと思ってしまう。

勘違いかもしれないが,気分がいい。

前向きな気持ちになれる。




仕事の合間に,そんなことを考えていたら,いきなりの豪雨とカミナリ!

それから1時間以上,恐ろしい勢いでカミナリが鳴り続けた。

「人生がわかったような口をきくな! まだまだだ!」 とのお叱りか (笑)

ハイ,謙虚に精進します (笑)






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






人数の少ないところで上位を目指す (笑)

Posted by リキ on 04.2014 練習   10 comments   0 trackback


土曜日,ちょっと遠出しようと思っていたら,マゴザウルス襲来の警報が鳴ったので,「早めに帰ってきて」 との指令が。

そこで,いつもの入鹿池周辺コースへ出かけました。



ここへ来れば必ず登る,兒の森。

今日はタイムを取ってみますか…。

目指せ記録更新!



かなりがんばって踏んだつもりでしたが,7分57秒。

記録更新はならず。

14_0802_01.jpg

Strava にアップしてみると,このセグメントは登る人が少ないのか,第5位。

ちなみに,第3位は,いつも仲良くしてもらっている otamir poen さん (みちくん) です。

ぼくとのタイム差は1分もあります!

この短いコースでの1分差となると,全然届きそうにないタイム差ですね。

まあ,しばらくは自分との戦いです。



ちょっと疲れたので,途中にある兒神社にたちよって休憩。

14_0802_02.jpg

めったに来ないところですが,人気が全くなくて,なかなかいいところです。

14_0802_03.jpg

夏場は虫が多いので,ゆっくりしていられないのが残念です。




続いて,こちらもセグメントが設定されている明治村への 1.9 km の登りに挑戦。

こちらもがんばってみました。

14_0802_04.jpg

第4位。

ふふふ,記録を入れてくる人が少ないセグメントは狙い目ですな。

人気のないところで上位を目指す,せこい作戦 (笑)

このセグメントのことは,みちくんには内緒にしておこう…。



明治村正門あたりにも人気が全くなく,代わりにカラスがやたら多くてちょっと不気味。

今朝は雲の表情がいい感じです。

14_0802_05.jpg

さらに下ってくると,入鹿池方面の雲もすてきなでした。

14_0802_06.jpg

釣り人がボートに乗って池にこぎ出しています。

14_0802_07.jpg

V字型の航跡が朝の静けさの中できれいに広がっていきます。




さあ,孫の顔を見に帰るかと思ったのですが,ちょっと寄り道。

前々から気になっていた,まだ入ったことのない道に分け入りました。

14_0802_08.jpg



あらら,写真で見覚えのあるところにありました。

犬山の観光ページに出ている 「ヒトツバタゴ」 の自生地。

14_0802_09.jpg

5月中旬,木全体に白い花を咲かせる木で,「ナンジャモンジャ」 とも呼ばれています。

こんなところにあったんだ。

来年の春は見に来よう。




残念ながら,この自生地から先はダートな道になっていて,向こう側へは抜けられませんでした。

ヒルクライムの新ルート開拓ならず。



途中,若いクリの実が集団でかわいい ごあいさつ。

14_0802_10.jpg

きれいな色だね。 もう少し落ちるのを我慢してればよかったのに。



お天気が曇りだったおかげで,さわやかな朝練になりました。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








朝練と激落ちくん

Posted by リキ on 02.2014 練習   10 comments   0 trackback


先週,毎日朝夕乗っていたので,朝の涼しい時間帯に走る気持ちよさを知ってしまいました。

昨日の金曜日も,5時過ぎには着替えて走り出していました。

向かったのは最近お気に入りの小幡緑地。



実は,この時期,ぼくにはありがたいアドバンテージがあります。

ふだん,7時半には仕事を開始しているのですが,夏場は1時間遅くても大丈夫。

そこで,朝練に出るにも心の余裕があります。

昼から眠くなるのには困りますけどね(笑)



5時台の空気はとってもさわやか。

家から一歩出ただけで,すーっと気持ちのいい空気を感じます。

どれだけ家の中が暑いんだっていうことですよね(笑)



庄内川に架かる橋から見る,登る直前のお日様。

14_0801_01.jpg

ロードバイクに乗るようになってから,気づきました。

身近なところにもこんな美しい景色があったんだと。

つくづくいいものに出会ったと思います。



ひたすら登り続ける毎日は終わったので,この日からは少し強度を上げて走ることにしました。

STRAVA にガーミンからデータをアップロードすると,自動的にデータを解析してくれます。

「セグメント」 というタイムを取る区間が走ったコースの中にあれば,自動的にそのタイムを取りだしてくれるので,ガーミンでラップタイムを取る必要がありません。

もちろん,セグメントを自分で作ることもできます。

この小幡緑地にも 0.9km の登り区間にセグメントが設定されているので,データを自動的にとってくれます。



さて,8800m に挑戦しているときと,ちょっとがんばった昨日のデータを比較…。

14_0801_05.jpg

アレ? そんなに大きく変わってないじゃん!

最後の周回だけは,がんばりましたね。

ここで記録をとった人の中で第5位。

上位の記録には優勝杯のマークがつきます。

ちなみに第1位の人( KOM : King Of the Mountain と呼ばれる) とは 20秒も差があります。

どこまで迫れるか,挑戦してみるかな。

短い区間なら,がんばれるんです(笑)




家に帰ってから,ナナホシさんのブログにあった 「激落ちくん」 で,ビアンキ君のどうしても落とせない汚れ落としに挑戦。

14_0801_04.jpg

あっけなく,きれいになりました!

今まで,いろんな道具やケミカル類を試してきましたが,マットな白の塗装に付着した汚れはガンコでなかなか落ちませんでした。

それが,このメラミンスポンジですっきり。

クリアな塗装に使うと曇ってしまうということですから,ちょっとした紙やすりみたいな力があるんでしょう。

14_0801_02.jpg

バーテープもけっこうきれいになりました。

14_0801_03.jpg

激落ちくん,気に入りました。

タイムが激落ちくんにならないようにしたいものです。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






  

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム