Loading…

エクストリーム出社 で花見 (2)

Posted by リキ on 31.2014 お出かけ   12 comments   0 trackback


さて,エクストリーム出社の続き。

笑面寺の枝垂れ桜をあとにして,次へ向かう。

また,来年も来ますよ。




旧41号線を犬山市街に向かってひた走る。

わずかな登り基調の道だが,30km/h で走る。

屋根に大きな「ね」の字が書かれている「ねこてい」が目印,ここを左折。

100m ほど進むと,圓明寺がある。

小さなお寺だが,大きく枝を伸ばした枝垂れ桜は今が盛り。

140328_05.jpg


先客の女性が三脚にカメラを構えていた。

枝の先の方を撮っているというので,前に出させてもらい,下から眺める。

140328_07.jpg

滝のように桜の花が落ちてきて,体がふわっと浮くような錯覚を覚える。

しばらく座りこんで,眺めた。

勢いのある木だ。

勢いのあるものは,見事だ。

自分の人生には,そんな瞬間があったのだろうかと思う。

それは今? もし,そうだったら,うれしい。


おっと,鐘楼の下の日陰に,「私も見てよ」 とばかりにボケの花。

140328_06.jpg

名前はちょっとかわいそうだけど,カワイイ花だ。

ちゃんと写真も撮ったからね。


あまりゆっくりもしていられない。

こんどは,もう一つ北の信号,余坂を東に入り,妙感寺。

ここは,エドヒガン桜の大木がある。

140328_10.jpg

ここも,今が全盛期のりっぱな桜。


時間がない! そそくさと写真を撮ってすぐに出発。


matz さんに教えてもらった川沿いの道へ向かう。

果たして,あの八重ザクラ街道は?

ああ~,まだだった。

つぼみばかり。

でも,少し走ると,先の方に濃いピンク色が!

全部同じ品種であろうに,この木だけ,咲いていた。

140328_11.jpg


全部咲き上がるのは,あと数日先かな。


こんどの土曜日は,どうだろうか。

ソメイヨシノも満開だろう。楽しみだ。



そんなことをのんきに考えている暇はない。

ひた走る。ひた走る。

この川沿いの道は,何カ所か太い道を横切る。

朝のラッシュが始まっていて,なかなか道を渡れずに焦る。

とばす,とばす。

なんとか出勤時間に間に合った!

もうあと30分余裕がないと,心臓に悪い。

焦ると,事故につながるかも知れない。



エクストリーム出社は,余裕を持って,ですね。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





スポンサーサイト

意外な出会いが

Posted by リキ on 30.2014 ロードバイク   6 comments   0 trackback
土日と、尼崎でお仕事でした。

帰りの新幹線の中で書いてます。


今朝はかなり強い雨。



ホテルの前の桜も雨にけぶっていました。

休み時間に先輩に声をかけられました。

ロードバイクに乗ってるんだって?

はい…。

おれ、トライアスロンやってるんだよ。

え~! じゃあ、TTバイクとか乗ってるんですか?

ということで、話が弾みました。
意外なところで、自転車の話題となり、楽しい休憩時間を過ごしました。

何でも、シーポという国産のTTバイクフレームに、ボーラ2、電動のデュラ、というすごいのに乗っているそうです。

もっとすごいと思ったのは、宮古島のトライアスロンに、年齢制限で出られないのが悔しいと言っていたことです。

ちなみに、65歳がその制限で、先輩はそれ以上の年齢だということになります。

まだまだ50代なんて、ヒヨッコですね。

真っ白な短髪に、スリムなジーンズ姿が眩しかったです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ロードバイクで エクストリーム出社 (1)

Posted by リキ on 28.2014 お出かけ   4 comments   0 trackback


木曜日の夕方,NHK のニュースを見ていると,「犬山の枝垂れ桜が見頃」 と聞こえてきた。

急いで画面を見るも,すでに,次のニュースに。


そうだ! 去年も見にいったあの桜!

今が見頃のはず。

見に行かなきゃ!

でも,今週の土日は,尼崎に出張。

明日の早朝しかない。


こういうのを,「エクストリーム出社」 というらしい。


その定義は,以下の通り。

エクストリーム出社とは、早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツである。このスポーツのプレイヤーは、一般的な通勤者と区別して、出社ニストと呼ばれる。



ということで,朝5時半少し前に出発。

犬山の桜をいくつか見て回り,8時半に滑り込みセーフで出勤の予定。



朝焼けのなかを走るのは,今年初めて!

140328_01.jpg

去年は,いつも朝焼けのなかを走っていたのに…。

指切りグローブも今年初。
(走り始めはさすがに冷たかった)

140328_02.jpg

オーバーシューズなしも今年初。

140328_03.jpg


県道27号線 (名犬線) ぞいに飛ばす。

蝉屋の信号を過ぎたところで左折。


住宅街の中にひっそりとたたずむ笑面寺。

ひと頃は隆盛を極めたであろう,りっぱな枝垂れ桜。

140328_04.jpg

太い幹は枯れ,今は,東側に伸びた太い枝を一本残すのみ。

この桜の生涯最後に近い輝きを放っている。

去年見に来たときには,痛々しくも見えたのだが,今年は,何かしら余裕のようなものを感じた。

ゆったりと歳を取った,笑顔 (笑面) のお年寄りの風情だ。

こんな歳のとり方もステキだと思った。



出張の準備で,記事の続きを書く時間がなくなりました。

スミマセン,続きは帰ってきてから。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





レーパンの中のお気に入り

Posted by リキ on 26.2014 着る   6 comments   0 trackback


【 お気に入り その1 レーパンの中の下着 】

みなさんは,レーパンの下に下着はきますか?

はかない人が多いのかな,きっと。

ぼくは,ある事情から (恥ずかしいから聞かないでね) 下着なしは抵抗があります。

そこで,今までいろいろな下着を試してきました。

その結果,一番よかったのが,パンダーニのインナーです。

一番のポイントは,ライディング中に多少しわが寄っても,違和感がないことです。

140325_03.jpg
(追加で2枚買ったら,すてきなカタログが着いてきた)


試してみた他の下着は,ペダリングによってしわが寄り,そのしわが脚のつけ根に集まって,違和感をもたらす場合がほとんどです。

その点,パンダーニのインナーは,化繊ですが,もともと肌触りがよい素材ですが,それに加えて,多少しわが寄っても,いやな違和感がないんです。

お値段は,2980円。
お手頃とは言えませんが,この使用感なら,出せる値段です。




【 お気に入り その2 RAPHA の ウィンドジャケット 】

ウィンドブレーカーは,パールイズミの黒いものを使ってきました。

しかし,最近 「一人で走るときには,安全のため,目立つ色を着なければ!」 と思うようになり,派手な色のものに買い換えることにしました。

そんな折,「 RAPAH のウィンドジャケットは,風にバタつかない」 という情報を読み,買ってみることにしました。

しかし,値段を見てびっくり。

年末のセール価格なのに,2万円以上!

たかが,ウィンドブレーカーじゃないか!

こんな高いウィンドブレーカー,買えるか!

まったく,なんてメーカーだ!

それとも,「たかがウィンドブレーカー」 ではないんだろうか。

本当のところ,どれくらいのコストがかかっているんだろうか。



などと,文句をつけながらも,ほしい…(笑)

ということで,正月明けからまた,中古品を探すことにしました。

ところが,なかなか見つかりません。

海外の中古品は,MサイズやSサイズがなかなか出てこないのです。

いいものが出てきたとしても,「欧米ならいいけど,日本には送ってあ~げない」 という場合も多くて,なかなかチャンスが巡ってきませんでした。

待つこと2か月。

型落ちですが,出てきました!

派手なオレンジ色!

値段も納得。

ねらっていたのは,ピンク色でしたが,オレンジ色もなかなかいいです。

尋ねてみると,「日本に送ってあげてもいいよ~」 との返事。

買いました。

140323_09.jpg



中古のウェアは,程度がよくない場合もあります。

今回は,多少の汚れのみで,まあまあ。

黒ずんだところは,歯ブラシと洗剤でていねいに洗ったら,きれいに落ちました。

ちゃんと洗濯してから,売りに出せばいいのに。

外国から中古のウェアを買うと,洗剤か,香水か,体臭か(笑),独特のニオイがあります。

気になる人は,絶対ダメでしょうね。

ぼくの場合,まあ,二~三回洗濯すれば気になりません。


先日,強風の中で使ってみましたが,ほとんどと言っていいほどバタつかないのには,ちょっと感動。

腕の部分が自然にカーブしたカットになっているので,ライディング姿勢でもしわが寄りにくくなっています。

ほかにも,袖口に伸縮性の素材が使われているのと,ウィンドブレーカーにはめずらしく,ポケットがあるのも気に入りました。

ただし,バタつかない素材のせいか,たたんだとき,それほど小さくはなりません。

それでも,後ろのポケットには入ります。

なかなかのお気に入りとなりました。


ちなみに,この春,新価格になってからは,34500円というとんでもない価格に!

これがもっと安く手に入ればな~。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








のんびり三国山

Posted by リキ on 24.2014 お出かけ   12 comments   0 trackback

日曜日は,ポカポカといいお天気でしたね。


朝はゆっくり寝て,午前中は庭仕事。


お昼ご飯を食べて,のんびり庭を眺めていると,「こんないいおてんきに,はしらなきゃ,もったいない!」 という気持ちがムクムクと。


そうだ! 森を走ろう! 三国山へ行こう!

(三国山がどんなところか,まったく忘れている…)


2時過ぎに出発。

瀬戸しなの を3時に通過。

横目で見るが,バイクスタンドは空。


雨沢峠に向かう道の途中,上品野のバス停で県道363号線を右横に外れて,三国山への登りを開始。


あれ~,こんなきつい道だっけ?

土曜日にけっこう登ったせいかな。
ぜんぜん,脚が回らない。
だいぶ疲れてる。

心拍を見て,130台キープで登ることにする。
このペースなら,それほどきつくないだろう…。


それでも,やっぱり脚がきついので,ところどころ 蛇行 & 休むダンシング で登る。

休むダンシングが少しできるようになった。


三国山への道前半は,しばらくの間,水の音と鳥の声だけ。

いい感じの森の中。

途中,水の音を聞いて,休憩。

140323_02.jpg

こんどは,ショウジョウバカマのかわいらしいピンク色を見つけて,休憩。

140323_01.jpg

次は,写真ポイントとして有名な,つづらにうねる道の撮影のため,休憩。

140323_03.jpg

一人で走ると,休憩ばっかり。

でも,好きなものを見るのに,好きなように止まれるのもいいところかな。



それにしても,三国山,こんなにきつかったかな。

もう,ずっと蛇行,蛇行…。

心拍は,140台に上がってしまった。

暖かい午後を,のんびりと走るはずだったのに,目的地の選択をまちがえた…。


電波塔が見えてきてホッとするも,まだもう少し登りは続く。

140323_04.jpg



4時,やっと,頂上の展望台。

140323_06.jpg


すでに夕方の寒い風が吹き始めていた。

残念ながら,春霞のせいか,遠くまでの展望はなし。

140323_05.jpg


御岳,伊吹山はまったく見えず。

雪の衣装を脱ぎ始めた恵那山と,夕日を浴びる中央アルプスの一部がうっすらと見えるだけ。

それでも,ここからの眺めは,いつ見ても好きだ。


水子供養のお地蔵さんに囲まれた山頂も,きらいではない。

140323_07.jpg


山頂付近には,なぜか材木が積まれていた。

ログハウスでも作るんだろうか。

140323_08.jpg

切ったばかりの杉の木の,いい香りが辺りに漂っていた。

杉の花粉はきらいだが,針葉樹の香りは大好きだ。


夕方になる。

急いで下山。

寒い,寒い。

とちゅうで,ウィンドブレーカーを着る。



夕日に向かって走るのは,初めてかも。

140323_10.jpg

ちょっと寂しい感じ。

心細い感じ。

夜まで走るブルベは,ぼくには向かないだろうな…。


ゆったり過ごせた,いい日曜だった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





早春の 二之瀬, 多良峡

Posted by リキ on 22.2014 お出かけ   14 comments   0 trackback

今日は,二之瀬を登ってきました。

二之瀬も雪がすっかりなくなり,ふつうに登れるようになったので,二之瀬をホームコースとしている rr さんが,養老山地周辺のライドを企画してくれました。

道の駅 「月見の里」 に集合。

140322_01.jpg

参加者は,企画の rr さん,Toy さん,きいちさん,matz さん,みっちゃま,みちくん。

さっそく,二之瀬を登ります。

140322_02.jpg

雪も融け,春の息吹が感じられます。

速い人はみんな先に行ってしまい,いつも通り,みっちゃまとゆっくり登ります。

途中,ウグイスの美しい鳴き声。

すっかり上手になっていますから,初鳴きではありませんね。

恋の季節の始まりかな。

みんなが20数分で登るなか,頂上まで32分かかりました。

140322_03.jpg

しばし,歓談。
といっても,毎回のように rr さん,独演会(笑)

いつも愉快です。

rr さん,matz さん,みちくんは,二回目! を登るそうです。


このあと,養老山地の北側を回り込んで一周します。

ヒガンバナで有名な,津屋川沿いを北上します。

140322_04.jpg

のんびりした田舎道ですが,写真に写らない強い向かい風。

養老公園の北からは,真っ直ぐな農道を走ります。

140322_05.jpg

春の陽ざしが温かです。

しかし,強い向かい風に,みんなのウィンドブレーカーがハタハタと鳴り続けています。

140322_06.jpg

空の色がきれいです。

ときどき,高いところでヒバリが鳴いていました。



さて,養老山地を回り込み,南へと下ります。

道は登ります(笑)

140322_07.jpg

多良峡への登りです。

さほど長い登りではありません。

140322_08.jpg

渓谷沿いの道は,いい感じの山道で,夏のライドにはもってこいでしょう。

途中にある多良峡森林公園に立ち寄ります。

渓谷に架かる吊り橋があるそうです。

140322_09.jpg

この激坂風のところを下りると駐車場ときれいなトイレがあります。

140322_10.jpg

けっこう,しっかりした作りの吊り橋です。

140322_11.jpg

歩いてもほとんど揺れません。

140322_12.jpg

川の水は,緑の深い色。

140322_13.jpg

森は,春の色には,まだまだ。

空は,春の色。

140322_14.jpg

森の小径には,山の春を告げる花,マンサク。

140322_15.jpg



さて,さきほどの激坂風のところを登ってもどります。

登ってくる matz さん。
matz さんを知っている人には,この写真の貴重さがわかるでしょ(笑)
登りで matz さんの先に出ることは不可能ですからね。

140322_16.jpg

腰を痛めている Toy さん。
今回も,痛み止め服用ライド。

140322_17.jpg

みっちゃまと rr さん。

140322_18.jpg

「かっこよく撮ってね~」とダンシングする,みちくん。

140322_19.jpg

なぜか,きいちさんは,写真を撮っているぼくの後ろを通っていく。
なぜだ~。写真が撮れないよ~。


この後,過酷なアップダウンを乗り越えて,中里ダムへ。

残念ながら,ダムカードはここで配付していないとのことで,ゲットできず。
(検索してみると,ダムカードは日本昭和音楽村管理事務所で配付しているそうです。)

ダム湖の向こうには,雪をしっかりと冠した伊吹山。

140322_20.jpg

伊吹山ヒルクライムのコースは,短いコースになりそうですね。


二之瀬の裏から登ろうという計画でしたが,いなべ梅林公園への道が渋滞していて,予定した道が走れません。

140322_21.jpg

せっかく登った道を下り,またいくつかのアップダウンを乗り越えました。

予定を変更して,もう少し南へ回り込み,県道25号線を北上して,裏から二之瀬を登りました。



かなり脚に来ました~。

78km 走って,獲得標高は 1200m 超。

今回も,よく登りましたね。

楽しい早春のライドでした。


企画してくれた rr さん,いっしょに走ってくれたみなさん,ありがとう!

またね!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




誰が重い病気だって?

Posted by リキ on 19.2014 練習   16 comments   0 trackback


先日,職場の親しい人から,驚くような質問をされました。

「あのう,こんなこと聞いていいかどうかわからないけど,ごめん,心配だから聞くね」

「病状はどうなの?」

「???」

「ガン…なんでしょ」

「誰が!?」



どうやら,ぼくがガンを患っているという噂がまことしやかに流れていたようで…。

そういえば,最近,久しぶりに会う人からは,よく 「やせた?」 と聞かれます。

土曜日,半年ぶりにあった人からは,「やつれた?」 なんて聞かれてしまいました。

確かに1年前の今の時期よりも,2kg 体重が落ちています。

ひところよりも,首から顔にかけて,かなりやせて見えるようです。

もともとやせてるんだから,そんなことないように思えるんですけどね。

15年前,大腸ポリープが発見されて,そのポリープの先がガン化していたことがあったので,そのことを職場でも話したことはあります。

まあ,そういういろいろなことが合わさって,そんな噂が出たのでしょう。



先日,いつものフィットネスクラブで,体組成分析を受けました。

一年に二回,測ってくれます。

機械の上に立って四肢の先を電極に触れているだけで,筋量,脂肪量などの組成を測定できる装置です。


昨年の11月には,夏とくらべて体重も内臓脂肪もふえていて,ドキッとしたのですが,今回は…

140319_01.jpg

データは,昨年の3月,6月,11月,今年の3月です。

体重も,体脂肪量,内臓脂肪,体脂肪率ともに下がってます



そして,うれしいのは…
140319_02.jpg
骨格筋量が,わずかずつですが,増えていることです。

一度も下がっていない!

ただし,筋肉バランスの内訳を見ると,両腕は貧弱です。

体重に対する発達率 (100% = 標準) が,80%台です。

しかし,体幹と両脚の筋肉量は,体重に対する発達率が 100%を超えていました!

ハハハ,やったー!

57歳の体でも,筋肉は発達させられるんですね。



しかぁし!

体の組成と,自転車に乗ったときの速さはちがいます…。

matz さんやケンさんなんて,足が細いですからね~。

いったい,あの人たちの筋肉はどうなっているんだろう?




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





家族と 枝垂れウメを見に

Posted by リキ on 17.2014 お出かけ   8 comments   0 trackback


昨日,日曜日もいい天気でした。

風もなく,絶好の自転車日和!

しかし!

断れないお誘いにより,ノーライドに …。


マゴと枝垂れウメを見に行くことになったんです。

久しぶりの家族サービスです。


目的地は,昨年も訪れた,犬山の大縣(おおあがた)神社。

いいお天気の日曜とあって,まあ,人の多いこと。

駐車場もいっぱいで,なかなか車が止められません。

平日にゆっくり見られたらいいんですけどね。

神社境内の奥の斜面が梅園になっていて,枝垂れウメばかりが植えてあります。

140317_04.jpg



梅園に入ると,むせかえるようなウメの花の香り。

140317_01.jpg

桃ではないけれど,桃源郷のよう。

140317_02.jpg




梅園から下りてくると,こんどは,お醤油のこげるようないい香り。

屋台でみたらし団子と五平餅を買いました。

最近は上品な薄味が増えてきた中,昔ながらの濃い味。

かぶりつくマゴザウルス。
右は,おいしいときの お顔です。
ウーン,たまりませんな~。

140317_07.jpg

この顔に,大笑いしました。

娘が,「おいしいね~」という時の,顔をまねているんだそうです。

もっとよこせと手を出すので,手首のあたりがみたらしや五平餅のタレでベトベト!

娘はプンプン怒っていますが,ジイチャン,ばあちゃんはニコニコ。



この梅園,ライドで立ち寄るところではないかもしれません。

土日ともなれば,お年寄りから赤ちゃんまで,家族連れでごった返していますし,梅園の斜面や,なぜか一段一段に傾斜のある階段は,クリートの着いたシューズでは危険です。

ここ大縣神社は,梅園以外にも見所があって,おもしろいところなんですけどね。

どんな見所かは,ここに書けませんのであしからず。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





入鹿池まで ウメを見に

Posted by リキ on 15.2014 お出かけ   10 comments   0 trackback


ときどき,うんと暖かい日がありますよね。

春がいよいよ間近になって来ました。

そういえば,去年のこの時期はよく入鹿池周辺を走っていたなと,ふと思い出しました。

そこで今朝は,少しだけ(笑)早起きして,入鹿池へ出かけました。


昨年の冬は,夜明け前に走り出して,とちゅうで夜明けの空の色を楽しんでいましたが,今年は,夜明け前のスタートは一度もなし…。

肌が痛くなるような寒さの中で,入るか池に浮かぶワカサギ釣りの船を見ていた昨年でしたが,すでに日が高くなって,寒くありません。

140315_0.jpg


さあ,光陽寺のウメでも見に行きますか。

お寺の前に少し植えてあるだけなんですが,好きな場所です。

140315_2.jpg

それほど大きな木ではないのですが,古い木で,味わいがあります。

紅白のウメが,青空に映えて美しい。

140315_1.jpg

このあと,もう少し北にある,1周 8km の周回コースを周り,カントリークラブの横を抜けて,入鹿池にもどりました。

途中,生まれて初めて立ちゴケをした地点を通過。

ショウジョウバカマを見たかったのですが,ちょっと時期が早かったのか,咲いていませんでした。

と思ったら,一株だけ!

140315_3.jpg

うれしい!

咲いたばかりのときは,写真には表しにくい,もう少し紅がかかった濃い色でした。



帰り道にも,見事に咲いたウメの木が何本もありました。

140315_5.jpg

明治村方面にもどるとき,曲がり角を一つまちがえて,高台にある住宅地に迷い込みました。

まあ,坂を登る練習だと,引き返さずに登りました。

すると,みごとな枝垂れ桜の木を2本発見!

もちろん,まだつぼみは固いですが,さすが枝垂れ桜の犬山だけあって,こんな住宅地にもりっばな木があるなんて。

その季節になるのが楽しみです。



昨年,とっても見事だったこのお宅の枝垂れウメ,今年は作が落ちてしまったようです。

木の上半分には,花がまったく着いていませんでした。

140315_4.jpg

まあ,人生,いいときばかりじゃありませんからね。

こういうときもありますよね。

去年がんばったからね。
いいんだよ,そう,いつもいつもがんばらなくても。



家に戻ってガーミンのデータを整理しました。

同じコースを,去年より少しがんばれるようになっていることがわかり,ちょっとスキップしたい気分です。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





バーテープ巻き 下手すぎ…

Posted by リキ on 13.2014 パーツ   28 comments   0 trackback


バーテープを巻くのが下手です。

ぼくは,自分では器用な方だと思っていたのですが,単なる思い込みでした。

先週土曜日,オムライドの時にも,なかさんから,「あ!」 とか,「ここ…」 などと,気になるところを指摘されまくりました。

よく見ると,ホントに下手なんです。

ビアンキ君は,2回目。

アンカー君は,すでに3回目だというのに…。


仲間から 「回数ですよ」 と慰めてもらいましたが,だんだん,自分でも気になってきました。


まず,巻き始めが苦手。

ビアンキ君のバーテープ。

140313_1.jpg

エンドキャップをはめた段階で,周辺がぶよぶよになったり,ハンドルの地が見えたり…。


均等な幅で巻き上げていくのが苦手。

ふと気づくと,巻き幅がまったく均等になっていません。


そして,ブラケット周辺が苦手。

140313_2.jpg

上の写真も,ビアンキ君。

ブラケットカバーをもどすと,三角形のすきまからハンドルの地が見えてしまいます…。



次の写真は,アンカー君。

「魔の三角形」 が消えない!

140313_4.jpg



そして,次の写真。

これ,何?

そもそも,巻き方まちがってるじゃん!

140313_3.jpg




もちろん,巻き終わりも苦手。

バーテープをななめにカットして巻き終わるのですが,最後をすっきりまとめられない。



と書いていくと,結局,全工程が苦手(笑)

どうしたらいいでしょか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





歳を取るとあちこちが…

Posted by リキ on 11.2014 日々の雑感   16 comments   0 trackback



先週から,久しぶりに風邪をひいています。

といっても,のどが痛いだけで,熱は出ません。

土曜日は,オムライドで 90km を元気に走れました。

昨日は,フィットネスで汗を流しましたし,今日は元気にローラーを回しました。

風邪による発熱でなく,運動による発熱で,ウィルス退治です(笑)

ロードバイクに乗り始めて,まだ,熱の出るような風邪を引いていません。

けっこう基礎的な体力がついてきたのでしょうか。

しかし,60を目前にするような歳ですから,慢心は禁物です。



土曜日は楽しいライドだったのですが,ひとつ,問題が起きてしまいました。

食事中に,口の中で金属のような異物感!

何でこんなものがご飯の中に入っているのだ…。

と,出してみると,なんと,奥歯の詰め物!

ありゃ~。

けっこう大きな金属の詰め物です。

ということは,歯の方は大きな穴がポッカリ!

これは困りました。

しゃべっているだけで,ときどき頬の内側を,その穴の尖ったところで噛んでしまいます。

もちろん,食事もしにくい。

それ以上に,いつもその歯が気になって,集中力が落ちるんです。

気分がめいるんです。


そこで,懇意にしている歯医者さんに相談してみると,応急処置をしてもらえることに!

「地獄に仏」 とはまさにこのこと!

ていねいに治してもらっただけでなく,「歯石がたまってますな~」 と,歯の掃除までしていただきました。

おかげで,ふつうに食事ができるようになりました。

なかなかお医者に行く時間も確保しにくいこの時期,もう,本当に本当にありがたかったです。

ありがとうございました!


140310_1.jpg


そして,次の日。

「昨日はありがたかったね~」 なんて家で話していると,干したふとんをたたもうとした家内の腰が ギクッ!

あ~あ,またやっちゃったよ。

以前にも,家内は,飼っていたラブラドール・レトリーバー(大型犬)を,庭から部屋に上げようとして,腰をやってしまったのですが,そこが,再発です。

なすすべなく,「今日はこのまま安静にしている」 というので,この日はぼく一人でフィットネスに行きました。

家内の話をしたら,トレーナーの方が,「それなら,奥さんを連れてきて下さいよ」 とおっしゃる。

家に帰って,家内を連れてくると,30分以上にわたって,ていねいなマッサージを施してくれて,筋肉をほぐして下さり,みごとに腰痛が解消!

翌日にはすっかりふつうに歩けるように。

これまた,ありがたくて,ありがたくて,もう,ひたらすら感謝です。


ちなみに原因は,「腹筋がない」「体幹の筋肉が固い」 の二つだそうです。

家内は,普通の腹筋運動が1回もできませんから…。


やはり大切なのは,ある程度以上の筋肉を保持するために筋トレと,十分なストレッチですね。

ぼくも気をつけなきゃ。



まあ,こうして,いろんな方のお世話になって,元気さを保っている,今日この頃です。

SHOROs の面々も,膝だの,肩だの,腰だの,アキレス腱だの,さまざまなところに故障をかかえているようです。

まあ,無理せずロードバイク生活を楽しみたいものですね。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関へ オムライド

Posted by リキ on 09.2014 お出かけ   14 comments   0 trackback

昨日の土曜日は,matz さんからのお誘いを受けて,関・美濃加茂方面へ

春日井,朝宮公園に集合

話題は,みっちゃまのニュー軽量ホイール MAVIC R-SYS !

140308_01.jpg

バイク全体のシルエットがすっきりとかっこよくなった!

これで,みっちゃまの登りはさらに速くなる


春日井から,木津用水沿いをずっと北上

140308_02.jpg

犬山の,まだつぼみ固い しだれ桜街道 桃畑の中を抜け

犬山 東部中学校裏から郷瀬川ぞいの桜並木の堤を走る

このあたり一体が桃色に染まる 春が楽しみ

木曾街道から,国道41号沿いの県道を北上,美濃太田へ

このあたりは,走りやすくいい道


旧中山道 の太田宿中山道会館で休憩

この会館のシンボル的存在の エノキ

140308_05.jpg

全体にヤドリギが寄生している特徴的な姿

この季節は,ヤドリギの実を食べに,レンジャクという美しい鳥が飛来するそうで

140308_21.jpg

それをねらう,圧倒的なカメラ群

しげしげとカメラを見ていると,

「これ1台で車買えるよ」
「キレンジャクとヒレンジャクがいてね,尾羽の色が違うんだよ」
「ほら,ヤドリギの実を食べると,フンも糸を引くんだ」

などなど,写真を見せてくれながら,ていねいにお話をしてくれた

趣味の世界はおもしろい

140308_20.jpg

ちなみに,この大きなレンズは百万円を超えるようなものらしい…


ここから,関に向かう途中,お菓子の工場へ

140308_06.jpg

見学はできなかったけれど,ショップでちょっと補給

rr さんなら,狂喜乱舞しそうな棚

140308_07.jpg

コンビニやスーパーに卸すちょっとおいしいお菓子の数々

大好きなエクレアをいただきま~す



このあと,matz さんが突然あらぬ方向へ走り出したと思ったら

一人のローディーを連れてきました

140308_08.jpg

「こっそりトレインの後ろに着いてやろう」と画策していたなかさん

ぼくたちの集団を見つけるも,隠れている間に自分が迷子に(笑)

ここで回収


このあとは,のどかな田園風景の中を関へ

140308_09.jpg

高いところから,ヒバリのさえずりが

140308_10.jpg

春近いのどかな風景の中 マスクをしたあやしい夫婦(笑)



住宅街のお店でランチ

140308_11.jpg

もと大須にあったというお店

「営業中」の文字が,なんかおかしい…

でも,オムライスはおいしい

140308_12.jpg



帰るという なかさんを巻き込み,次は山の上にある喫茶店へ

ちょとしたヒルクライム付き

140308_13.jpg

懐かしの 休暇小屋

140308_22.jpg

一年前,matz さんと二人で来たところ

暖炉の火が似合う

140308_15.jpg

コーヒーがおいしい

140308_17.jpg

景色を見ながら ゆったり

140308_18.jpg

空には,キスマーク(笑)

140308_16.jpg

今回も楽しいライドでした

計画してくれたmatz さん

いっしょに走ってくれた,こーさん,なかさん,みっちゃま,みちくん,ありがとう!

またね!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





日ごろの感謝をこめて

Posted by リキ on 07.2014 日々の雑感   28 comments   0 trackback



家内の誕生日。

休みのたびに,朝から自転車で出かけ,好き放題,勝手気ままをさせてもらっています。

そんなぼくを許してくれている,家内に,感謝をこめて,バラの花束を用意しました。

もちろん,免罪符じゃありませんよ。大好きだからです。


白馬ならぬ,白いロードバイクに乗って,花束を届けます!

140304_8.jpg




今日の夜は,近くのお店へディナーに。

春日井にある,Bistro Futatsuboshi へ。

以前から,好きだった店です。

昔は本当に小さな店でしたが,最近,少し拡張されました。

140304_9.jpg

たっぷりのボリュームの前菜。

ホウレンソウのキッシュがおいしかったです。

メインは,和牛ホホ肉のシチュー。

140304_10.jpg

どのお皿にも野菜がたっぷり。

ビーフシチューの皿にも,ズッキーニ,ジャガイモ,サツマイモ,パプリカ,ヤングコーン,ブロッコリー,ニンジン…,などなど。


お魚の皿は少し軽めでしたが,スープもかなりの具だくさんでした。

デザートもけっこうな量でした。

とにかく,食べ応えがあります。

相当な満腹感。

もちろん,おいしいです。


庶民にぴったりのフレンチレストラン。

久しぶりの外食で,幸せ気分を満喫しました。



さあ,明日はしっかり走ってカロリー消費です(笑)





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





最近のお気に入り intro のグローブ

Posted by リキ on 04.2014 着る   20 comments   0 trackback
昨日はひな祭り。

子どもたちが独立してしまった今,おひな様を飾ることもありません。

それでも,桃の節句には,ちらし寿司を作るのが我が家の習わしです。

140304_1.jpg

具だくさんにして,上には少し甘い卵をのせます。

毎年これが楽しみです。




さて,今日の話題は,冬用グローブのお気に入りについてです。

冬用のグローブは,ちょっと苦手です。

基本的に分厚いので,指先の細やかな感覚が失われます。

ブレーキやシフト操作は,何でもありませんが,カメラ操作は煩わしくなることがあります。

ボタンがうまく探せなかったり,撮影したあと,背中のポケットに戻すのもうまくいかないことがあります。


また,ヒルクライムや高速巡航をすると,中が暑くなって,汗ばんできます。

かといって,薄手のものにすれば,走り始めや,ダウンヒルのときに,痛いほど冷たくなります。


今まで,4~5種類のものを試しました。

ホームセンターのものと,ユニクロのものは,温かさは問題がありませんが,だぶだぶなのでフィットしてくれず,扱いにくさは満点です。



そういう点で,自転車専用のものはやはりいいです。

昨年から引き続き使ったのは,シマノの製品です。

「ウィンドブレーク オールコンディション グローブ」

140304_3.jpg

大きな問題はありません。

温かく,使いやすいです。

140304_2.jpg

自然にハンドルを握る形にフィットしてくれるのもいいです。


マイナス面としては,最初のシーズンでベルクロ部分が壊れました。

貼り合わせてある部分がはがれたので,両面テープで貼り直しました。

手首の部分が短いので,組み合わせるウェアによっては,手首の隙間から風が入ることもあります。

よく使う部分に,毛玉ができてくるのもちょっとマイナス。


今年の冬は,これに加えて,新しいものを買いました。

盆栽自転車店のブログで紹介されていた,イントロのグローブです。

140304_6.jpg

しなやかにフィットしそうな感じがして,早速探しました。

しかし,ネット上では,どこも売り切れ。

あきらめていたのですが,ニコーさんで発見。

その場ではめてみて,気に入って購入。

おまけに,ネット上では安く売っていた店は皆無なのに対して,ニコーさんのレジでは,さらっと値引き!

しかも,驚きの値引き額!

いいの? ありがとう!

いいお店です。


はめると,自然にハンドルを握るカタチにフィットしてくれます。

140304_4.jpg

柔らかい皮でできているせいか,とてもしなやか。

そして,ここがポイントなんですが,

縫い目を中に入れず,外に出しているのです。

140304_5.jpg
( 左:シマノ   右:イントロ )

当然,内部に縫い目がなく,指に縫い目が当たりません。快適です。

もちろん,見た目としては縫い目を中に入れるのが常識ですよね。

見た目より,はめ心地を重視しているのです。


また,指のつけ根あたりのフィット感もいいので,いっそうしなやかに感じるのだと思います。

防風性,保温性も問題なし。

はめたときの感覚は,シマノのグローブより好きです。


もちろん,マイナス面もあります。

ハードにペダリングすると,かなり汗ばみます。

そして,指先の微妙な感覚のにぶさも,シマノ製とあまり変わりありません。

また,汗ばんだものを脱ぐときに,上手に外さないと,インナー部がひっくり返ってしまって,うまくはめられなくなるときがあります。

今,困っているのは,もうすぐこのグローブのシーズンが終わるのですが,洗濯が難しそう,ということです。



イントロのグローブには,春・秋用,夏用もあるので,使ってみようかと思っています。

また,ニコーさんで買おうっと(笑)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





目的地を求めて 山を走る

Posted by リキ on 02.2014 お出かけ   16 comments   0 trackback

昨日,土曜日は一日曇りの予報だったので,走る気満々で起きました。

ところが,いざ出発というときに,パラパラと雨が。
がっくりして,引き返しました。

着替えて,家内が夢中で見ている,再放送中の韓国歴史ドラマ 「トンイ」 を鑑賞。
なかなかおもしろいです。

見終わると,空が明るくなっている!
チャンスは逃さない。

出発!


今日の予定は,雨沢を登った後,尾根を走る 363 号線から,土岐の側へ下りながら,山の中を走って,3つほど店を探索しようと計画。

店と道を探索なんて,ちょっと matz さん気分です。


いつもの雨沢スタート地点。

140301_01.jpg

杉林の香りが気持ちいいです。

140301_02.jpg

今日は調子もよく,なんか行けそう!

と思ったのに,タイムは伸びず…(笑)。

140301_03.jpg

ゴール地点には,まだまだ雪がたっぷりあって,路肩に止めることもできません。


そのまま通過して,しばらく 363 号線を走り,尾根から下りて,曽木町内へ向かいます。

ところが,ここで失敗!

すぐに曽木町の中へ入ってくるはずだったのに,走っても走っても下りが続くばかり。

さすがにおかしいと感じて,iPhone で現在地を確認すると,すでに土岐の街中近くまで下りてきてしまいました。

県道69号線を下りる予定だったのに,19号線を下りてしまいました。

ありゃ~。

今から,下りてきたこの坂を引き返す気にもならず,最後に探索する予定だった店を探しに。



住宅街のわかりにくいところにありました。

140301_04.jpg

玄保庵 (げんぽあん)。

陶芸の工房に併設されたギャラリー&カフェです。

140301_09.jpg

中は古民家風。

140301_06.jpg

ほかのお客さんがいなかったので,一番気に入った場所をゲット。

140301_05.jpg

「ばあばあのあったかご飯」 780円也。

140301_07.jpg

ホッとする内容と味。

玄関脇に,なぜかスヌーピーの焼き物。

140301_08.jpg

ロードバイクに興味を持ってくれたご主人としばし談笑後,出発。



意を決して,もう一度,363 号線に向けて,登ることにしました。

下りてくる予定だった,不思議なサイクリングロードを登ります。

140301_10.jpg

雑木林の中のサイクリングロード。

140301_11.jpg

なぜか,センターライン。

しかし,この後がきつかった。

曽木町までの登りは,ずっと10%の坂でした。

途中,融けかけの雪の不思議なオブジェを発見。

140301_12.jpg


曽木町が近くなった森の中で,探索予定の店を発見。

140301_13.jpg

ko-mi-chi カフェ。

かすかな期待をしていましたが,営業を止めたみたいです。

雰囲気のいい場所と建物なのに,残念です。

使われていない建物というのは,不思議なもので,なんとなく生気がないですね。


3軒目を目指して,曽木町内を通り,また,山の中へ。

140301_14.jpg

ちょっとしたアップダウンの向こうに,のどかな山里。

140301_15.jpg

この集落に端っこにありました。

Cafe & Gallery “創舎呱々”(そうやここ)

140301_16.jpg

ホームページには,「3月から営業」 と書いてありましたが,やっているのか…。

バイクを止めて写真を撮っていると,オーナーとおぼしき方が出てきてくれて,

「スミマセン。まだやってないんです。3月末くらいに営業始めます」

とのこと。

まあ,もともと場所確認のつもりだったので,このまま引き返します。

でも,雰囲気のいい山里でした。

タイムスリップ気分。


140301_18.jpg



途中の山道はどこも雪解けが進んでいて,道ばたの側溝から,小川,渓流,すべての水量が豊かでした。

140301_17.jpg




雨上がりの湿った空気。

せせらぎの音。

鳥のさえずり。

静かなだけに,そんな音の一つ一つが耳に鮮やかです。

もう,春がすぐそこまで来ている山の中。


目的地探しで山の中を走るつもりでしたが,山の中を走ること自体の楽しさがありました。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





  

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム