Archive

2013年07月 1/1

7月の言葉から

今月,ぼくの見聞きしたすてきな言葉から。まずは,毎月届く JAF の機関誌『JAF Mate』の8・9月号から。Good friends, good books and a sleepy consciense: this is ideal life.(Mark Twain)アメリカの作家,マーク・トゥウェインの言葉が紹介されていました。「いい友だちと,いい本があって,ちょいとゆるめの良心があれば,人生は最高だ。」という感じでしょうか。かたいこと言わずに,楽しくいこうよ,ということでしょうか...

  •  8
  •  0

あと20年 乗れるか

今朝は,また兒の森へ行ってきました。森の下へ着いたときには,雲の間からお日様が顔を出しました。時間はまだ5時半です。夏でも朝なら気持ちがいい。兒子の森への坂は,けっこう斜度がキツイのですが,1.5kmほどなので,きつい坂の練習にはもってこいです。時間にして10分以内で登れます。これを,インターバルトレーニングのように,休憩をはさんで何本か登れるようにしたら,斜度のある坂道への対応力が増すのではないかと...

  •  21
  •  0

非力な者が速くなるために

少しでもいいから,速くなりたいと思っています。そのためには,多分,筋力を付けることと,テクニックを伸ばすことの2つが重要でしょう。筋力は,短時間にぐいぐいこぐ力と,持久力が必要でしょう。でも,これは,正直言って,60近い年令のぼくにとって,ぐんぐん伸ばしていく自信はありません。もちろん,全く無理ではないでしょうから,地道にトレーニングは続けていくつもりです。しかし,筋力をつけるためのトレーニングはけ...

  •  24
  •  0

根尾谷から徳山ダムへ 後編

さて,馬坂峠のピークに着きました。登坂のつらさもピークだったので,ほっと一息。さて,このピークにはトンネルがあるのですが,これが暗くて走りにくいトンネルでした。いっしょにトンネルに入ったケンさんは,なんと,ライトを持っていな~い! ケンさんの話を聞くと,なんでも,先日走った茶臼山高原道路のパヴェ(石畳)のようなガタガタ舗装にやられて,落としてきてしまったそうです。そういえば,前回,美濃を走ったとき...

  •  12
  •  0

根尾谷から徳山ダムへ 前編

今週も,涼を求めて,山の中へ出かけました。なかさんが企画してくれた徳山ダムライドです。ケンさんの車で,道の駅「織部の里もとす」までトランポします。ケンさんには,もう,4週連続(チタイチ,二ノ瀬,茶臼山,今回の徳山ダム)でお世話になっています。二人とも,さすがに「よくやるね~」と自分たちに楽しくあきれています。道の駅でしばらく待っていると,トモさん,なかさんとデリオさんが到着。みんなで,なかさんのニ...

  •  22
  •  0

ロードバイクと空気抵抗 番外編 力学と哲学

ずっと前から思っていますが,力学は哲学的です。言葉を換えると,ちょっと人生に似ているんです。一人でロードバイクに乗るとき,前からも後ろからも空気抵抗がじゃまします。速度を上げるほどに抵抗は増します。こんなことってありませんか。ぼくなどは,仕事の上でそんな経験をしてきました。今までとちがうことを始めようとするとき,前に立ちはだかる抵抗があり,後ろからも引っぱられます。進めようとすればするほど,抵抗が...

  •  6
  •  0

ロードバイクと空気抵抗 その3 トレインの効果

前回も,チタイチに行ったとき,40km/h で10分程度走った体験のことを書きました。あのとき,ぼくは 5人トレイン(列車,ロードバイクがつながって走る状態)の一番後ろを走っていたのですが,すぐ前を走るトモさんから 1m 以上離れると,脚が重くなり,すぐ後ろに着くと,少しですがスッと楽になる感覚がありました。いわゆる「ドラフティング」というやつです。自分一人だと,空気抵抗に逆らって走るのはとてもたいへんですが,...

  •  25
  •  0

近所でミニヒルクライム~兒の森

もう,暑くて大変。先週の土曜日は,4時半起き,5時出発で朝練習をしてきました。早起きは苦手ですが,さすがにこの時間帯ならさわやかな空気感でした。いつもの周回コースの近くに,短いけれど,ちょっとしたヒルクライム練習のできるところがあるとの情報を入手。ちょっと様子を見に行くことにしました。周回コースの近くには,小牧市の温水プールがあります。この裏手の山に,「兒(ちご)の森」という自然探索林があり,そこへ...

  •  22
  •  0

涼を求めて 茶臼山へ

毎日暑いですが,クーラーのない職場で働いているぼくです。連日35℃以上の気温は,もう,たまりません。ということで,今回は,涼しい高原への旅を ayu さんが企画してくれました。うれしい!目的地は,愛知県の最高峰,茶臼山です。自走ではちょっときついので,ふもとにある道の駅「ドングリの里」までトランポして登ります。最近は,いつもケンさんにお願いしてばかりです。二ノ瀬の時と同じく,ケンさん,Toy さんとともに,集...

  •  38
  •  0

ロードバイクと空気抵抗 その2 抵抗力の実体

さて,前回は,空気抵抗の一番基本的なことを書いてみました。今回は,空気抵抗とはどんなものか,その具体的な姿を,理科的考察として書いてみたいと思います。そもそも,空気から抵抗を受けるというのは,何がどうなることなのでしょうか。空気は,窒素や酸素の分子の集合体です。一つの「かたまり」とも言えるものですから,それにぶつかっていけば,抵抗を受けるのは当然です。ただし,空気は壁のような固体ではなく,流体です...

  •  20
  •  0

二ノ瀬に行きました 後編 (勝地峠~裏二ノ瀬)

さて,この日のメインである二ノ瀬峠登坂を終わり,このあとは養老山地をぐるっと半周回ろうという計画で,関ヶ原方面へ向かいます。56号線を北上し,養老公園を過ぎて,石畑あたりから一本山寄りの農道に入って北上を続けます。のんびりした道をおしゃべりしながら走ります。集落を抜けて56号線に再び合流。365号線から,一ノ瀬小学校,上石津中学校の横を抜けて,南下するように勝地峠に向かいます。勝地峠は,rr さんおすすめの...

  •  24
  •  0

二ノ瀬に行きました 前編

このあたりのサイクリストにとって,有名な峠,二ノ瀬。サイクリストの聖地,などとも呼ばれるようです。お友だちのブログにもたくさん登場する峠です。職場の同僚も,クロスバイクで登ったと言っていました。ぜひ行ったみたいと思うようになったころ,ブログにコメントを下さる rr さんがいつも走っているとの情報を得ました。そして,今回,「ぜひ,案内して」とお願いし,いっしょに走ってもらえることになりました。土曜日の朝...

  •  28
  •  0

ロードバイクと空気抵抗 その1 基本編

速く走りたい。誰しもが思うことでしょう。先日,チタイチに行ったとき,やんさんの牽きで,40km/h で10分程度走るという強烈な体験をしました。とても気持ちが良かったのですが,とてもきつかったです。「もう,これ以上はダメ…」という感じ。「ロードバイクの速度がこれ以上 上がらない」と感じることがありますが,これはなぜでしょうか。簡単に言えば,「脚力の限界」。では,この「限界」の意味するところは何なのでしょうか...

  •  14
  •  0

三国山に登りました 後編

さて,雨沢のピークを後に,三国山を目指します。本当は,雨沢の入り口に近い,上品野のバス停横から三国山に登るコースの予定だったのですが,雨沢を登ってしまったので,下まで下るのがもったいない(笑)そこで,雨沢ゴールから 500m ほど下った辺りから左に折れて三国山に登るコースに変更しました。このコースは「裏三国」と呼ばないのでしょうか。のんびりと,山里の中を登っていきます。合掌造り風の屋根が見えます。雪がけ...

  •  17
  •  0

三国山に登りました 前編

先日,モリゾーさんに会ったとき,「こんどの日曜,裏三国に行きませんか」と誘われました。裏三国と言えば,三国山に登る険しいコースです。斜度のきつい坂を30分以上登るという話を聞いています。山頂からの眺望がすばらしいそうですし,「裏」三国という響きにも,なんかちょっと惹かれます(笑)まだまだ自分には無理かと思っていたのですが,せっかくのお誘いですから,いいチャンス。断る手はありません。しかし,直前の土曜...

  •  28
  •  0