Category

ロードバイクの理科的考察 1/3

ペダリング考察 ── 踏むのは一瞬でいい?

ジイチャンライダーが,ペダリング効率を気にしながらトレーニングをしています。「効率のいいペダリングの方がパワーが出る」という命題が必ずしも正しいとは限りませんが,「同じエネルギーを使うのなら効率がいい方が得」という命題はかなり正しいだろうと思います。なにより,限られた力を効率よく使いたいというのは,ぼくのような年寄りライダーにとっては大切な課題です。最近学んだこと,考えたことを書き留めておきたいと...

  •  0
  •  0

ペダリング効率を考える (2)

ペダリング効率のお話,続きです。2月に導入したペダリングモニター。さっそくローラートレーニングをしてみたときの結果は,という感じで,右足がダメでした。3時~5時までが,外側へ向かって踏んでいます。とっちらかったようなペダリング (笑)左足は,真下に近くなっているので,まだましです。【 3か月で進歩はあったか 】さて,3か月が経過した5月のローラートレーニングの結果と比較してみると,(左が2月,右が5...

  •  0
  •  0

ペダリング効率を考える (1)

パイオニアのペダリングモニターを使い始めて3か月がたちました。レース志向のないぼくにとっては,ほとんど必要のない機材のように思えるものです。それなのに,どうしてこれを導入したかというと,パワーメーターがトレーニングにとても役立つことと,ペダリング効率に関する興味からです。絶対的なパワーがないぼくにとって,効率は重要です。効率のいいペダリングができるようになれば,もっと歳をとってどんどんパワーが下が...

  •  2
  •  0

理想と憧れと ── アルゴンの話

自転車雑誌の表紙に載っていたロードバイク。ダウンチューブに大きく 「ARGON 18」 と書かれている。おやおや,おもしろい名前のメーカーだと思った。アルゴンと言えば,原子番号 18 の不活性ガスだ。どうして原子の名前なんかをメーカー名としたのかはわからないが,アルゴンを選んだのはおもしろい。ほとんどの原子は,他の原子と結びついてこの世の中に存在している。たとえば酸素なら,CO2(二酸化炭素)だったり,H2O(水...

  •  12
  •  0

ペダリング効率のこと

先日,録画がたまっていた NHK の『チャリダー』 を見ていたら,猪野学さんと,筧五郎さんが競輪学校の測定室で,さまざまな測定をしているのが紹介されていました。そのうちのひとつに,「ペダリング効率」 の測定がありました。パイオニアの高価なペダリングモニターなら測定できますが,ふつうのサイコンやパワーメーターでは測定できません。でも,「ペダリング効率」 の理屈はわかります。それには,「トルク」 が関係してい...

  •  10
  •  0

「信号からの発進が遅い」 の力学

仲間とライドに出たとき,信号待ちからのスタートで遅れてしまうことがよくあります。前走者がスタートしてすぐにぼくもスタートするのですが,あっという間に間隔が開いてしまうのです。原因は二つあります。一つ目は,クリートをはめるのが下手なこと。いつまでたっても上手になりません。スタートした瞬間,パチンとはめる人はすごいと思います。もう一つの理由は,加速力が小さいこと。他の人がぐんぐん加速するのに,ぼくはジ...

  •  12
  •  0

「場」を提供する 触媒

きっち さんのブログに 「白金カイロ」 のことが紹介されていた。子どものころからこのカイロは身近にあった。燃料に使うベンジンという液体も,染み抜きに使ったりするので,以前はどこの家庭にもある身近なものだった。子どもでも,ベンジンが引火しやすいものであることは当然のように知っていたので,白金カイロはベンジンを 「燃やして」 暖を取るものだと思っていた。しかし,大人になってから白金の触媒 (しょくばい) 作...

  •  20
  •  0

走行の力学 (3) ~ パワーと重さ

パワーは,前回の記事で書いたように,誤解の多い言葉です。パワーに相当する日本語がたくさんあるのも混乱の元です。パワー = 仕事率,工率,動力三つとも同じことを指しています。パワーは 「単位時間あたりの仕事量」 という意味を持ちます。くだけた言い方をすれば,「決められた時間内に,どれだけたくさんの仕事をしたか」 ということです。こう書くと,きゅうくつな感じがしてきますね。「おまえは今日の勤務時間内に,ど...

  •  16
  •  0

走行の力学 (2) ~ パワーとは何か

前回は 「仕事量」 について書きました。今回は,そこから話を進めます。峠を真っ直ぐ登っても,蛇行して登っても,仕事量は同じ。軽いギアでくるくる回しても,重いギアを踏んでも,仕事量は同じ。ただしこれは,速度のことを横に置いといての議論です。実際に自転車を走らせると,ここへ,「時間」 という要素が入ってきます。その峠を何分で登ることができるか,ということは大きな問題だからです。仕事量が同じでも,短い時間...

  •  8
  •  0

走行の力学 (1) 仕事量 ~ 蛇行は得か損か

久しぶりにロードバイクの理科的考察。パワーメーター,パワートレーニング…。自転車のトレーニングで 「パワー」 という言葉を聞いたことのある人も多いと思います。「パワー」 とは何者か。そんなことをまとめてみたいと思います。ただし,相当ややこしい議論になるので,少しずつ。第1話は蛇行の話。きつい坂道で,「もうダメだ」というとき,蛇行して登るという技があります。これは,まっすぐに登るより楽になりますが,それ...

  •  14
  •  0