Category

地元の道 1/3

瑞浪 待夢珈琲へ

4日にいなべを走り,つぎの5日にも走ることになった。まるはさんと,KOUさんを,瑞浪の待夢珈琲にご案内するライド。多治見に車を停めて出発。青い空のいい日になった。以前から走ってみたかった道をたどる。中央線の北側にある細い道。初めての道なので何枚も写真を撮ったが…,ほとんどすべてが失敗写真。実は,年末のライドでカメラを落としてしまい,大破。この日に持っていったカメラは,ずっと前に使っていたもので,これも...

  •  2
  •  0

いなべ探索とサル

正月は家内が一人暮らしの母親のところで過ごすことになっているので,一人で正月を迎えます。ブログや Facebook を見ていると,多くの自転車乗りが初日の出を見に行ったり,新年早々走りに行ったりしているようです。ぼくはというと,Festive 500 を達成したことでやや力が抜けてしまったので,三が日は家でゆっくりしました。そろそろどこか走ろうかと思っていた矢先,まるはさんから「どこか走りませんか」とお誘いが入りました...

  •  0
  •  0

新城 トンネルと橋のライド (4) 美しい橋

新城ライド その4。古民家を利用したすてきなランチのお店を出て,また来た道を下ります。そして,やっと来ました。リクエストした場所その1,桐谷 (きりや) の渡し。古くは宇蓮川を渡るための渡し場があったそうで,現在ではそこにつり橋が架かっていて,川の反対側から大野宿側へ渡るために利用している人もいるとのこと。お天気がよければ,静かな川面に映る青空と紅葉が絶景を見せてくれるはずです。大野宿からすぐのとこ...

  •  2
  •  0

第8回 SHOROs 忘走会

新城ライドの記事を書いている途中ですが,ちょっと間に別の記事をはさみます。毎年恒例となった,SHOROs 忘走会。年忘れ走行会です。今年で第8回目。ワタクシ,ロードバイクに乗り始めた年の第1回目から毎回参加していますので,これがロードバイクとのつきあいの歴史そのものとも言えます。ここでの出会いが,その後のお友だち関係になった方もたくさんいます。gottu さん,ダイちゃん,hiro@bike さん,メタさん…。「ブログ読...

  •  6
  •  0

新城 トンネルと橋のライド (3) 山上のランチ

新城ライド その3。亀淵川沿いの道は楽しいです。道のくねり方が絵になります。大野宿まで気持ちよく走ってきて,見慣れた道から山側へ入っていきます。ランチに向かっているはずなのに,どんどん山奥へ。「少し登ります」 のはずでは…?まだまだ奥へ。そして,やっと,到着!?あれ? 看板だけ。あたりを見回しても,店が見えません。え? これ,登るの?「少し登ります」 のはずでは…?S上さんの不気味な笑顔の意味がわかり...

  •  4
  •  0

新城 トンネルと橋のライド (2)

新城ライド。仏坂峠のトンネルを越えて下ると,国道473号線に出ます。このT字路にはおもしろいところがありました。個人宅のお庭らしいのですが,楽しい彫刻やオブジェがたくさん置いてあるのです。ちょっと自転車を停めて,楽しませてもらいます。しだれ桃ライドに引き続き,今回もティラノに頭をかじられる KOU さん。長老の威厳を示すチャップリンさん。子どもを連れてきても楽しそうなところです。近くには,神田の黒梅,サル...

  •  6
  •  0

名古屋の町を少し

先週の木曜日,まるはさんと待ち合わせで,名古屋に出かけました。名古屋市内は,何車線もある太い道の運転がイヤなので,自転車で出かけました。太い道の車道はコワイので走りません。裏道中心で走りますが,中心部は碁盤の目のように道が走っているので,迷うこともありません。目的地は名古屋城や県庁,市役所が集まっている地域にあるので,少し気になっていたところを通ってみることにしました。県庁や市役所にほど近い東側に...

  •  2
  •  0

三国山から海を見た

9月の終わりから10月にかけて,お天気やさまざまな事情でライド予定が次々となくなり,一人で走ることが多くなった。そんなとき,自宅から出かけるルートは限られているけれど,どれも久しぶりな感じがして (それだけ,遠出が増えたということ),新鮮だ。この日は,外之原から諏訪町に抜ける道を選んだ。山の中に入ると,水がしみ出ているところにミゾソバの花がきれいに咲いていた。とても小さな花だけれど,近寄ってみると,...

  •  2
  •  0

知多市の岡田地区へ

知多市にある岡田地区は,江戸時代から 「知多木綿」 の特産地として栄えたところだそうです。土蔵や黒い板を貼った塀,石垣積みの家が並んでいて,当時の雰囲気を色濃く残しています。地区を抜けていく交通量の多い道から一本中に入ったところに,昔の町並みが続く街道風の道があります。信号から入った瞬間,ああ! という感じです。これは,知多岡田簡易郵便局。明治35年に作られたそうです。現役の郵便局であることもすごいで...

  •  2
  •  0

矢勝川のヒガンバナ

ヒガンバナで有名な場所はいくつもあるようですが,ぼくが毎年行っている津屋川にくらべると,ここ矢勝川はずっと有名な観光地です。新美南吉の生誕地として知られていることもあり,彼岸花の本数は圧倒的です。近くにおもしろい公園がありました。大きなでんでん虫の遊具があって,「ででむし広場」 と書いてありました。ちなみに,向こうに見えるのはきつねのすべり台のようです。これも,南吉作品の 『ごんぎつね』『でんでんむ...

  •  0
  •  0