Category

日々の雑感 1/9

悲しげな青空

雨が止み,今朝は朝練に出ました。久しぶりの朝焼けです。でも,全国各地で雨の被害が甚大です。ニュースでは,よく知っている地域が映し出されたり,知人のいる地名が出てきたりします。心配でなりません。うちのマゴと同じ3歳の子が流されたというニュースには,胸が締め付けられる思いです。「雨の中をふらっと走り出してみるかな」 なんて,のんきなことを書いていた自分が恥ずかしくなります。被害を受けた地域の方々は,日...

  •  0
  •  0

戦いの果てに

週末の戦いが終わった。日曜の夜,マゴたちを送り返して,ホッと一息。そろそろ娘の調子も戻ってきたため,もう少しで嫁ぎ先に戻れそうだ。娘のため,マゴのための大切な仕事だけれど,やはり自分の日常が戻ってくると思うとうれしい。友人が,「少し無理をする」 ことの大切さを文章にしていた。自分がいつもいきいきと何かに取り組むために,自分が少しでも前に進めるように,自分が,今の自分より高いところへ行くために,「少...

  •  4
  •  0

言葉に思いをのせて

週末の,マゴとの2泊3日にわたる格闘が終わり,ホッとしていたのもつかの間。また週末がやってきました。また,アイツらがやってくる!疲れる時間ですが,いやではありません。きつい時間ですが,楽しいこともたくさんあります。たとえば,幼い子どもたちの言葉のおもしろさに,大笑いすることしばしばあります。姉 「ねえ,リカちゃんの紫の靴,ないからいっしょに探してよ」妹 「(無視)」姉 「ねえ,いっしょに探してって...

  •  4
  •  0

かっこいい!

木曜日の朝日新聞に,「気高き この御国の御霊」 歌詞に賛否という見出しの記事が載っていた。ぼくはまったく知らないけれど,『君の名は。』 という映画 (これくらいは知っている) の主題歌を歌ったロックバンド。その新曲の歌詞が問題になっているとのこと。一方では,「軍歌のようだ」 との批判され,他方では,「いとしい,誇らしい気持ちを歌っただけ」 と擁護されている。曲を書いた本人は 「思想的な意味も,右も左もな...

  •  9
  •  0

信頼する,それに応える

久しぶりにお天気と仕事の余裕がうまく重なって,午後練に出た。冬からお気に入りの,外之原~諏訪町~内津と回ってくるコースだ。外之原にある緑のトンネル。新緑が眩しい。爽やかだ。諏訪町へ向かう坂でも,サボっていた脚にムチを入れた。身体が重い…。諏訪町から内津までもがんばった。汗がしたたり落ちる。でも,爽快だ。ランナーズハイ。内津峠旧街道の下りで,大型トレーラーが後ろから来た。バイクを路肩に滑り込ませて先...

  •  2
  •  0

はたらいて 笑おう

先週末は,毎年恒例の尼崎での仕事。土日で,しかも桜の見頃でしたが,走れませんでした。でも,楽しい仕事なので,いやいや行くわけではありません。新幹線に乗ると,目の前にステキなコピーが貼られていました。「はたらいて,笑おう」ポスターを作ったのは PERSOL という聞いたことのない会社です。「はたらくことそのものを輝かせ」という表現もいいですね。仕事をするのはけっして 「楽」 なことではないけれど,仕事をするこ...

  •  10
  •  0

ご褒美人生

先日,家に帰って郵便受けをのぞくと,小さな黒い封筒。これは!と思って開封すると,予想どおりの中身。昨年末の Festive 500 のご褒美ワッペンでした。黒の封筒に,華やかな色が映えて,わ~!と声が出ます。うれしいご褒美。がんばって 500km 走ってよかったです。またある日の午後。友人からたくさんの新鮮な牡蠣が届きました。夫婦二人ではとても食べきれないので,娘のところへ届けることに。娘のところは,婿さん一人ががん...

  •  6
  •  0

また元気よく踏み続けよう

寒い日が続いています。昨日も風が強いうえに,ときおり鉛色の分厚い雲から雨粒が落ちてくるようなお天気でした。とても,走り出そうという気分になれません。住友さんのブログを読んでいたら,ホイールの 「慣性」 について書いてありました。なるほどと思って読みました。「慣性」 というのは,おもしろいものです。先日,強風の知多半島を走ったときのことです。ぼくのように,「体重が軽い」 ライダーは,「慣性質量が小さい」...

  •  6
  •  0

「きらいじゃない,それだけだ」

前回,「損得よりも大事なものさしがある」 という言葉を紹介した後,ふと思い出したことがある。NHK で放映中の 『精霊の守り人』。綾瀬はるかの主演。楽しく見ているが,原作を読んでいるぼくとしては,もの足らない。まあ,「原作より映画の方がいい」 ということはまれなのだから,仕方がないだろう。原作本の 「守り人」 シリーズ (上橋菜穂子著) は,愛読書の一つだ。ここに,まったく同じ台詞があった。主人公である女用...

  •  6
  •  0

50秒の余裕

群馬へ帰省するとき,諏訪湖の横を通ると,少し高台になっている道から富士山が見えた。こんなところから富士山が見えるのが不思議だ。さいわい,渋滞もなく,明るいうちに高崎に着くことができた。長時間の運転に疲れて,ゆっくりお茶を飲みながら,その日の新聞を読んでいた。12月28日の朝日新聞だ。天声人語にアメリカのバンド,イーグルスの代表曲 『ホテル・カリフォルニア』 の話が載っていた。ほとんどクラシックしか聴かな...

  •  6
  •  0