Loading…

がんばっている 「つもり」

Posted by リキ on 20.2017 ロードバイク   4 comments   0 trackback


金曜日は夕方に雨が降っていましたが,夜には上がり,土曜日は走れるなと楽しみにしていました。


土曜の朝,少しゆっりくしてからタイヤに空気を入れていると,電話が。

マゴが遊びに来るとのこと。

しかも,一週遅れで,ぼくの誕生日ケーキを持ってきてくれるとの連絡。



これは,走りに出るわけにはいきません。

急遽,ローラーに変更。

マゴが到着する前にと,急いで準備してローラー。



ところが,最近,ローラーの強度が上がらないんですよね。

1年前と強度や内容があまり変わっていないんです。


これは,少しずつ強度を上げていくべきなのに,それにチャレンジしていないということでしょうか。

「これが限界」 なんていうのは十年早いよね。

「がんばっているつもり」 になっているだけか ……。

自分ではがんばっているつもりでも,結果がそういうことになっています。



これは,自分でもなかなかつらい。

認めたくない感じ。 がんばってるんだよ。



そして,一方で忙しいのを言い訳にしている自分がいる。

もう少し,うまく自分を調子に乗せて,がんばらないと。



おだてりゃ豚でも木に登る。

自分をおだてるのが一番難しいんですけどね。






「ジイチャン!」 と元気のいい声が玄関からして,二人が駆け込んできました。



着くや否や,まずは,お祝いのメダルをプレゼントされました。

広告の裏にハートマークをいっぱい描いた手作りメダルです。

17_0218_04.jpg


お手紙も着いていました。


「おじいやちん (おじいちゃん) だいすき」


と書かれていました。


まあまあ,うれしいこと。



しかし,孫たちは,

「ケーキ食べよ,ケーキ」

と大騒ぎ。

お昼時だったのですが,ご飯の前にケーキとなりました。

17_0218_03.jpg


写真を撮ったあとは,切り分ける前に孫たちの指がケーキのクリームに伸びていき,あっという間に悲惨な姿に (笑)

でも,おいしい楽しい休日になりました。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









スポンサーサイト

足がかりを作る

Posted by リキ on 23.2016 ロードバイク   8 comments   0 trackback


この土日は,北海道へ仕事で行ってきました。

自転車は持っていきませんでしたよ。

乗る時間的余裕が日程の中にないからです。



いつかは,と思っているんですけどね。



金曜日のお昼すぎに中部国際を出発です。


晴れていて,下の景色がよく見えます。

これは木曽川,長良川,揖斐川。

通称木曽三川。

16_1023_01.jpg


その向こうに見える山は,ヒルクライムポイントの多度山ですね。

ここも二年前に登ったきりです。



地球の自転と反対方向へ向かうので,日が暮れるのが早いです。

津軽海峡を渡るころには夕暮れです。

16_1023_02.jpg



新千歳について,帯広までは高速バス。

今年の水害がひどかったので,JR は今だに不通だそうです。



バス停に向かおうして,空港ビルを出たとたん,ガーンときました。

とてつもない寒さ!

周りの人を見ると,コートにマフラー。

完全冬装備です。

そこへ,愛知県から来たジイチャンが薄手の秋セーターに長袖シャツを引っかけた状態で行ったのですから,もう自殺行為です。




帯広について,バス停からホテルまでの数百メートルが地獄でした。

気温は3℃。

その上かなり強い風が吹いていました。

首から上がガンガン殴られるような寒さで,死にそうでした。

パッグからもう一枚上着を出せばよかった。


この日の最低気温は1度まで下がったようです。

最高が11℃。

名古屋の最低気温よりも低いんですから,たまりません。







翌日のお昼は,帯広名物,豚丼の店へ。

街路樹のプラタナスはすっかり紅葉しています。

16_1023_03.jpg


かなり並ぶことを覚悟しておいてほしいとのことでしたが,絶妙なタイミングではいることができ,そんなに待たずに食べることができました。

16_1023_04.jpg



ヒレは止めた方がいいとの言葉に従い,ロース・バラ盛り合わせを注文。

16_1023_05.jpg


想像通り,バラは美味いです。

油がしつこくなくて美味い。

16_1023_06.jpg


でも,全部バラだったら,たぶん食べきれません。

ロースが絶妙な枚数まざっているのがありがたかったです。






夜,仕事が終わって仲間と話していると,何とロードバイクを買おうかどうか迷っているとのこと。

ここぞとばかりに猛プッシュしておきました。


予算を聞いたり,好みを聞いたりして,どんどん話を具体的に進め,その気にさせました。



しかし,ここ北海道では,乗れる時期がかなり短いです。

4月半ばを過ぎて雪がなくなるまで乗れませんし,10月末からの初冠雪以降は乗れなくなります。


それでも,楽しさをアピールしてきました。

奥さんには,健康にいいことをアビール。

かなりその気になってくれたようです。


奥さんが,

「その予算でいいから,もう買いなさい」

「今から注文して,春から乗ったら」

と,乗り気でした。

やはり,健康効果の話が大きかったみたいです。



よし! これで,北海道にも足がかりができたか (笑)







翌日曜の朝は5時半に起きて十勝川の河川敷をお散歩。

これまた,とてつもなく寒い。

耳が痛いです。




十勝川沿いのサイクリングロードには,水害の爪痕がありました。

これはまだいい方です。

16_1023_08.jpg


太い木が折れて流れてきたため,ここから先は,完全に通行止めです。

16_1023_10.jpg


朝焼けに染まる雲の下を,白鳥の群れが飛んでいきます。

独特の甲高い声が,上から降ってきます。

16_1023_07.jpg



西には,雪を冠した日高山脈。

16_1023_11.jpg

山が,ほんのりと頬をピンクに染めています。



切られるような寒さですが,やっぱり,外は気持ちがいいです。

硬質な肌触りの空気が,気を引き締めてくれます。



日曜の午前中で仕事は終了。

地元の野菜料理の店でお昼を済ませ,帯広空港から飛び立ちました。


いつ見てもきれいな十勝平野のタペストリー。

16_1023_12.jpg



中部国際への直行便はないので,いったん羽田に下ります。

16_1023_13.jpg


乗り継ぎは1時間以上待って,また,中部国際へ。

すっかり暗くなってしまいました。

16_1023_14.jpg




飛行機は疲れます。

前後の時間が長いし,なにより,空を飛ぶので,落ちないかどうかが心配なんです (笑)

若いころは,「飛行機なんて乗っちゃダメ」 と家内に禁止されていたくらいです。






さあ,次に北海道へ行くときには,自転車持って行こうかな。

仲間が増えているはずです。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








75 から 自分の年齢を引き算する

Posted by リキ on 15.2016 ロードバイク   8 comments   0 trackback


先日,新城から東栄町にかけて走ったときのことです。



コンビニ休憩をしているときに,一人のローディーに出会いました。



バイクから降りて歩き始める姿を見て,

「あ,けっこう高齢の方だ」と思いました。

少し腰が曲がっていたからです。



コンビニに併設された無料休憩所でパンを食べていると,その方も入っていらしたので声をかけようと思ったら,すかさずチャップリンさんが話しかけました。


16_1011_01.jpg


聞くと,浜松からいらしたそうで,75歳とのこと。

この先,まだ,なんとかという峠を登りに行くのだそうです。

すごい‥‥


腕も,脚も,あきらかにぼくらよりしっかり日に焼けていました。

16_1013_01.jpg



この方と同じ年まで走れるとしたら,まだ 15年もあるじゃないかと思いました。

その場にいたみんなが,75から自分の年齢を引き算していたはずです。




人生,これから先,まだまだ楽しいことがいっぱいあると思うと,うれしくてたまりませんでした。

この方と出会っただけで,幸せな気分になれました。

ありがとうございます。

これからも元気で走り続けてください。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








「九九ができていない」

Posted by リキ on 29.2016 ロードバイク   14 comments   0 trackback


首のリハビリに行くたびに,さまざまなことを指摘されるのですが,前回は,痛烈な一撃を浴びました。



「九九ができていないのに,微積分をやっている」



という指摘です。





ぼくの身体は,「とても運動をしている人の身体とは思えない」 というレベルだそうです。


トホホ

がっくりきます‥‥




いつも指摘されるのは身体の硬さです。

とくに,胸郭の固さが致命的らしく,クルマで言えば 「排気量が圧倒的に小さいため,パフォーマンスが上がらない」 ということだそうです。

そういう意味で,現在の状態は,基礎というか土台の部分ができていないという指摘です。




胸郭が柔らかければ,空気を吸いこむ量が大きくなり,酸素の供給量も増えるのは当然のこと。


そこで,肩甲骨周辺を含めて,胸郭の可動範囲を広げるストレッチを指示されました。






しかし,打ちのめされるだけではなく,そのあと,希望の持てる言葉をもらいました。


それは,

「あなたの場合,伸びしろは圧倒的に大きいですよ」

ということです。


16_0930_06.jpg


それは,今のレベルが低すぎる (笑) からです。



そして,こうも言われました。


「年だからということを理由に,もう限界だとか,頭打ちだ,なんて言っちゃダメです。それは,すごいトレーニングを積んだ人が言うことであって,ふつうの人が言うのもおこがましいと思ってください」

「要するに,まだまだ伸びますよ,ということです」



一瞬,喜んでいいのかどうか迷いました (笑)

しかし,希望が持てるのはうれしいことです。




「だいたい,背中が丸い人は (ぼくのこと),腰から上が後ろに引けてるような歩き方をするんです。」

「もっと,肩を開いて,あごを引いて,つま先の方に重心を持っていくようにして」

「そこでアゴを出すと,身体が後ろに引けちゃうからだめ」

「そうです。おなか出さない。反っちゃダメ。お腹はクッと締める」

「そうそう。胸のあたりから前のめりになるように歩いてください」

「前のめりですよ」






「前のめりに歩く」 ── いいですね,これ。

身体の姿勢もそうだけれど,生き方そのものも 「前のめり」 がいいかも。

どうせ倒れるなら,前へ!



人生,これで行かなくちゃね。


16_0930_05.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










出会い

Posted by リキ on 15.2016 ロードバイク   6 comments   0 trackback


(長いものが嫌いな人,閲覧注意)





ロードバイクとの出会いは,人との出会いを大きく広げてくれました。

近くに住んでいる自転車乗りとの出会いから,西に東に,遠く離れた人たちとの出会いも作ってくれました。

本当に,この自転車という相棒には感謝しています。




そして,一人で走っていても,出会いはあります。

それは,おもに自然との出会いです。

ロードバイクに乗るようになって,外に出る機会が圧倒的に増えました。

日常的に外に出ていると,季節の移り変わりに敏感になります。

その土地特有の自然のちがいに敏感になります。



そんなことを感じながら走るのが好きです。





先日,三国に登ったとき,展望台にチョウが手すりにとまっていました。

16_0813_06.jpg


近づいても全然逃げません。

二つの玉模様が目のように見えます。

ジャノメチョウの仲間でしょう。

昆虫は6本足ですが,ジャノメチョウの仲間は2本が退化していて4本足に見えます。



「ジャノメ」「蛇の目」 というのは,二重丸のような模様のことですが,元々はその名の通り蛇の目から来ています。

童謡にも 「雨雨ふれふれ母さんが,ジャノメでお迎えうれしいな」

とありますが,もともとは,傘にも二重丸のような模様をつけていたので,ジャノメと言うそうです。



なんてことを思いながら,三国を下ると,なんと,蛇の目の本家と出会いました。

16_0813_09.jpg


かわいそうに,頭を踏まれていました。


赤みを帯びた色に,首に特有の黄色い模様。

ヤマカガシですね。

まだ子どもです。

ぼくがまだ若いころ,同じ地域の中学生がこれに噛まれて亡くなるという事件がありました。

それで,「毒蛇ではない」 とされていたヤマカガシに毒があることが有名になりました。

口の奥の方に毒牙があるので,口先だけで噛まれても毒が注入されないことが多いそうです。

ですから,指などを噛まれると奥の牙にやられてしまいます。



ヤマカガシの血清はそこらの病院にはあまり置いてないそうです。

噛まれないのが一番です。

首筋の黄色い模様を覚えておいてください。



このままにしておいたら,また車に踏まれてはかわいそうです。

下ってきた自転車が蛇でスリップしてもたいへん。

草むらに入れてやるか。


でも,首筋にも毒腺があるので,うかつに触れない方がいいです。

しっぽを持てばいいのですが,ひょっとして生きてたらコワイので,落ちていた枝でつついて,死んでるのを確かめてから横の草むらに入れてあげました。

これで土に返れるね。



先日は,マムシとの出会いもありました。

16_0807_03.jpg


危険なヤツらです。

こうして本物をじっくり見る機会はあまりないので (笑)

よ~く見ておきます。

マムシの,この丸い模様も覚えておかなきゃね。

山の中では,道路でひなたぼっこしているヘビに出会うことがよくあるのでね。





雨沢まで下ってくると,田んぼのイネが実りの時期を迎えていました。

もう,お米ができはじめていて,頭を垂れています。

16_0813_10.jpg

秋が少しずつ近づいてきていますね。



ハスも花盛りでした。

16_0813_13.jpg


本当にきれいなピンクです。

そして,こちらも実りの時期です。

ハスの実ができはじめています。

16_0813_11.jpg


ハスの種は,とっても皮が固いので,おもしろい遊びができます。

これをコンクリートやアスファルトに激しくこすりつけるととっても熱くなります。

それを友だちの腕にくっつけてやると 「アチッ!」 となります。

ただそれだけなんですけどね (笑)




季節ごとに,いろいろな植物,動物との出会い。

楽しいです。



ただし,これが必要になる出会いだけは遠慮したいものです。

16_0807_08.jpg



さあ,秋の気配はどこから来るのかな。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








ブログ再開します!

Posted by リキ on 23.2016 ロードバイク   62 comments   0 trackback

ブログを再開します。

だいぶ元気になりました。




ブログ休止中は,たくさんの方から応援メッセージをいただき,ありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。



月曜日に退院してきて,今日,退院後の診察に行ってきました。

切り取った組織の病理検査結果が出ました。

MRI の画像診断では,「悪性度の低い悪性の腫瘍」 でほぼ確定という診断でしたが,

細胞培養の結果は,「良性」。

覚悟していただけに,ホッとして,力が抜けました。



とりあえず,ご報告まで。

ありがとうございました。




ブログの再開は,病院で書いた日記から始めようかなと思っています。

自転車とは何の関係もありませんが (笑)



今後とも,当ブログをよろしくお願い申し上げます。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








夢のようなヒルライム練習コース

Posted by リキ on 05.2016 ロードバイク   8 comments   0 trackback


家から数百メートル東へ走り,JR 中央線のガード下をくぐると,右手に小高いところへつながる坂がある。

そこを登っていくと,急に道が細くなり,森の中に入っていく。

斜度もそこそこあり,周りの雰囲気もなかなかいい。

16_0605_01.jpg



こんないいコースがすぐ近くにあったのに,いままでほとんど走ることはなかった。

これなら,仕事に出る前に毎日ヒルクライムの練習も可能だ。

どうして今までこのコースを走ろうとしなかったのか!



ようし,さっそく明日から…







というところで目が覚めた。

住宅街の中に,そんなコースがあるわけもない。

土曜日も,日曜日も走りに出ることができなかったから,こんな夢を見たのだろうか。







土曜日,仕事から帰ると 「おじいちゃーん!」 という声とともにバタバタと小さな足音が。

マゴザウルスの急襲だった。



土曜日までと,一日長い週の勤務を終えたと思ったら,家では,さらに疲れる仕事が待っていた。



絵本を読まされ,高い高いをやらされ,ぬいぐるみのおしゃべりごっこ,お料理教室ごっこ …。

日曜日も,娘のアッシー君となり,マゴの下敷きとなり,身を粉にして働いた。

16_0531_12.jpg



ああ,オレの休日はどこへ。

すごく可愛いんだけどね。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







安全のために

Posted by リキ on 13.2016 ロードバイク   6 comments   0 trackback


伊吹山ヒルクライム,今年も安全に下ることができました。

一昨年は,すぐ前を下っていた方が急なブレーキングをして,まさかのジャックナイフ。

後輪が跳ね上がって落車されました。

その方のバイクの上にぼくの前輪が乗ってしまって,パンクとなりました。

速度がゆっくりだったので落車された方もぼくも無傷でしたが,ある程度の速度だったらと思うとぞっとします。





その後,2回落車を経験しているぼくは,最近,下りが本当に怖くてスピードが出せません。

今回の下山も,超ゆっくり下りました。

次々と抜かされていきます。



中には,恐ろしい速度で抜かしていく人もいて,あんな高速でこの長いダウンヒル,

大丈夫なんだろうかと心配になるくらいでした。

そして,その心配が現実になってしまったというか,かなり深刻な事故であろう落車を見ました。

落車された方が回復に向かっておられるとよいのですが…。




斜度の高い坂がずっと続いているわけですから,バイクはあっという間に高い速度に到達してしまいます。

それだけでも十分危険です。

下山を待つ列の中で,突然 「パーン!」 と大きな音でパンクが起こりました。

その音を聞いた周りの人たちは,一斉に空気圧を下げました。

シューッ,シューッ としばらくの間エアを抜く音が続きました。

みんな,笑いながら抜いていましたが,あのパンクがダウンヒルの途中だったらと思うと,背筋が寒くなります。

高い速度で下ることは,それだけでも大きな危険をはらんでいるわけです。




こういう下山の仕方自体にも,避けられない危険があります。

自分は安全に下っていても,すぐ前を走っている人が落車することもあります。

下山の時には,毎年落車している人を見るという話も聞きました。

たくさんの人が集団で下山するとなると,その流れに乗って,自分のスキル以上の速度で下ってしまうことがあるのかもしれません。

中には,コーナー侵入の手前で,「ブレーキ!」 と声出しをしている方もおられましたが,ごく少数です。




基本的なこととして,速度を抑えること,車間を空けることが重要でしょう。

ダウンヒルは爽快なので,爽快感と,安全意識をどのあたりで妥協させるかと言うことですね。

「減速」 「ブレーキ」 の声出しをみんなが心がければいいでしょうね。






なんとか落車をなくして,安全にヒルクライムを楽しむレースにしたいものです。






ヒルクライムとは関係ありませんが,

最近,コギコギさんがご自身のブログで 安全に関する記事 を連続して書かれています。


まだの方は,是非ご一読願えればと思います。

そして,いっしょに走られる方々と安全に関する知識とスキルを高めてもらえたらと思います。

未だ初心者のぼくがこんなことを言うのも口はばったい気がしますが,大切なことなので,あえて書かせてもらいました。



「危険を見つけるように走る」 ── 至言だと思います。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







うれしい荷物

Posted by リキ on 04.2016 ロードバイク   10 comments   0 trackback


そろそろ仕事が本格的にハードな時期を迎えました。

こんどの日曜も仕事に出なきゃ行けなくなりそうです。



やや疲れて帰ったところへ,うれしい荷物が届いていました。


16_0301_02.jpg

自転車つながりで届いた香り高い一品。

幸せな香りにしばし包まれました。

ありがとうございます。



もう一つ,大きなものが届いていました。

16_0301_03.jpg


こちらは,注文しておいたものがやっと届きました。


16_0301_04.jpg


新しいローラー台です。



う~ん,なんかうれしい。

春の気分です。

さあ,明日はどこを走ろうか。



そろそろ,山を走れば,あちこちから春の知らせが目に,肌に届くはずです。

楽しみな季節です。

この忙しささえなければ (笑)






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










謹賀新年 と 2015のまとめ

Posted by リキ on 04.2016 ロードバイク   16 comments   0 trackback


遅ればせながら,明けましておめでとうございます。

旧年中は,当ブログを読んでいただき,ありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。





さて,今日,帰省先から帰ってきまして,パソコンに溜まったメールを見ていますと,

思いがけず,昨年 2015 を振り返ることになったので,そのことを書いてみようかと思います。




STRAVA というサイト (アプリ) があります。

ガーミンコネクトのように,走行記録を残せる便利なサイトです。



元日の朝,このサイトから一通のメールが来ていました。

「Strava で振り返る 2015, ロードで過ごしたあなたの時間を振り返ってみましょう」

という内容でした。

クリックして進むと,アニメ風の動画が始まりました。


16_0103_02.jpg


どうやら,ぼくのライドの記録を分析して動画にしてくれるようです。


16_0103_01.jpg

総走行距離は,8014km。

こうしてみると,けっこうすごいですね。


16_0103_04.jpg

獲得標高は,93296m。

ほ~,なかなかたくさん登りましたね。


16_0103_03.jpg


トレーニングパートナー,つまり,よくいっしょに走った人(Strava に記録を残している人)は,daiz さんと,悪さん。

なるほどね。



単純な内容なのですが,けっこうおもしろくて,何度も見てしまいました。

今まで,年間のトータルなんてぜんぜん気にしたことがありませんでした。

でも,こうして紹介してもらえると,今年2016年はどれくらいになるんだろうかと気になってきます。

ブログでも,月間のまとめなどを書いておられる人がけっこういますが,これは,自分の意欲を高めたり,自分の状態を把握したりすることにもつながるんですね。

勉強になりました。



最近,仲間のそれぞれが,自分の方向性を広げたり,逆につきつめたりして,自分の向かうべき道をどんどん前へと進んでいるように感じます。

いろいろと試す中で,自分に向いているもの,楽しいと感じるものがはっきりしてくるんでしょうね。



さあ,今年はどんな年になるかな。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









  

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム