Category

ロードバイク 1/8

リスクを冒してまで

土曜日は,少し体調を崩してしまったのですが,マゴの運動会に行きました。かわいいので,ついつい張り切って疲れてしまい,午後からはずっと寝ていました。体調も何とかもとにもどり,日曜日は少し走ってみることに。短いコースの定番,兒の森へ出かけます。澄んだ秋の空がきれいです。収穫間近の田んぼが黄金色で,独特の香りを放っています。あちこちで子どもたちが神輿を担いでいましたが,ここ,兒 (ちご) 神社でも祭礼が行...

  •  6
  •  0

愛と恋 (1)

ずっと前からブログに取り上げてみたいと思っていたことがあります。それは,なんと,愛と恋について。なんだ,そりゃ,まったく,という話題。きっかけは,朝日新聞の記事です。土曜日にだけ配達される別刷りの 『 Be on Saturday 』 に毎週掲載されている 「be between」 という読者アンケートをもとにした記事です。毎回,二択の質問に対する回答と,コメントが掲載されています。5月13日の回の質問は「 好きな言葉は,恋? ...

  •  2
  •  0

がんばっている 「つもり」

金曜日は夕方に雨が降っていましたが,夜には上がり,土曜日は走れるなと楽しみにしていました。土曜の朝,少しゆっりくしてからタイヤに空気を入れていると,電話が。マゴが遊びに来るとのこと。しかも,一週遅れで,ぼくの誕生日ケーキを持ってきてくれるとの連絡。これは,走りに出るわけにはいきません。急遽,ローラーに変更。マゴが到着する前にと,急いで準備してローラー。ところが,最近,ローラーの強度が上がらないんで...

  •  4
  •  0

足がかりを作る

この土日は,北海道へ仕事で行ってきました。自転車は持っていきませんでしたよ。乗る時間的余裕が日程の中にないからです。いつかは,と思っているんですけどね。金曜日のお昼すぎに中部国際を出発です。晴れていて,下の景色がよく見えます。これは木曽川,長良川,揖斐川。通称木曽三川。その向こうに見える山は,ヒルクライムポイントの多度山ですね。ここも二年前に登ったきりです。地球の自転と反対方向へ向かうので,日が暮...

  •  8
  •  0

75 から 自分の年齢を引き算する

先日,新城から東栄町にかけて走ったときのことです。コンビニ休憩をしているときに,一人のローディーに出会いました。バイクから降りて歩き始める姿を見て,「あ,けっこう高齢の方だ」と思いました。少し腰が曲がっていたからです。コンビニに併設された無料休憩所でパンを食べていると,その方も入っていらしたので声をかけようと思ったら,すかさずチャップリンさんが話しかけました。聞くと,浜松からいらしたそうで,75歳と...

  •  8
  •  0

「九九ができていない」

首のリハビリに行くたびに,さまざまなことを指摘されるのですが,前回は,痛烈な一撃を浴びました。「九九ができていないのに,微積分をやっている」という指摘です。ぼくの身体は,「とても運動をしている人の身体とは思えない」 というレベルだそうです。トホホがっくりきます‥‥いつも指摘されるのは身体の硬さです。とくに,胸郭の固さが致命的らしく,クルマで言えば 「排気量が圧倒的に小さいため,パフォーマンスが上がらな...

  •  14
  •  0

出会い

(長いものが嫌いな人,閲覧注意)ロードバイクとの出会いは,人との出会いを大きく広げてくれました。近くに住んでいる自転車乗りとの出会いから,西に東に,遠く離れた人たちとの出会いも作ってくれました。本当に,この自転車という相棒には感謝しています。そして,一人で走っていても,出会いはあります。それは,おもに自然との出会いです。ロードバイクに乗るようになって,外に出る機会が圧倒的に増えました。日常的に外に...

  •  6
  •  0

ブログ再開します!

ブログを再開します。だいぶ元気になりました。ブログ休止中は,たくさんの方から応援メッセージをいただき,ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。月曜日に退院してきて,今日,退院後の診察に行ってきました。切り取った組織の病理検査結果が出ました。MRI の画像診断では,「悪性度の低い悪性の腫瘍」 でほぼ確定という診断でしたが,細胞培養の結果は,「良性」。覚悟していただけに,ホッとして,力が抜けました...

  •  62
  •  0

夢のようなヒルライム練習コース

家から数百メートル東へ走り,JR 中央線のガード下をくぐると,右手に小高いところへつながる坂がある。そこを登っていくと,急に道が細くなり,森の中に入っていく。斜度もそこそこあり,周りの雰囲気もなかなかいい。こんないいコースがすぐ近くにあったのに,いままでほとんど走ることはなかった。これなら,仕事に出る前に毎日ヒルクライムの練習も可能だ。どうして今までこのコースを走ろうとしなかったのか!ようし,さっそ...

  •  8
  •  0

安全のために

伊吹山ヒルクライム,今年も安全に下ることができました。一昨年は,すぐ前を下っていた方が急なブレーキングをして,まさかのジャックナイフ。後輪が跳ね上がって落車されました。その方のバイクの上にぼくの前輪が乗ってしまって,パンクとなりました。速度がゆっくりだったので落車された方もぼくも無傷でしたが,ある程度の速度だったらと思うとぞっとします。その後,2回落車を経験しているぼくは,最近,下りが本当に怖くて...

  •  6
  •  0