生きるっていうことは ── おにゅう峠の下りにて





おにゅう峠を下ります。


17_0728_07.jpg


登りの時に見なかった景色などを見ながら,いつもどおりゆっくり下ります。

といっても,ゆっくり下らざるを得ない事情もあります。



この辺り一帯は,堆積岩が主体の山で,表面は風化が進んでいます。


17_0728_08.jpg


角が鋭利な劈開した石がごろごろと路面に転がっています。

慎重にラインを選ばないと,パンクしそうです。


17_0728_09.jpg


タイヤのサイドカットもこわいです。

だから,ゆっくり,ゆっくり。






雲海が谷を埋めるようなときに来たら見事だろうなという眺め。


17_0728_10.jpg




九州にある 「ラピュタの道」 を彷彿とさせるような尾根筋を走る道。


17_0728_11.jpg






そして,これは,登りの時に見つけたけれど,立ち止まらなかったものです。


17_0728_12.jpg


止まってよく見ると,子鹿のようです。

崖から落ちてしまったのでしょうか。




それほど日がたっていないようですが,すでに骨とわずかな皮と毛しか残っていません。




目のくりっとしたかわいいバンビだったのでしょうね。

つい最近まで輝いていた命です。

その命を形作っていた物質の多くは,アミノ酸に分解されて捕食者の体を作るタンパク質として再合成されます。

新たな生を得るのですね。

残ったわずかの有機物は,微生物など最終分解者によって水と二酸化炭素になります。

水も二酸化炭素も,炭酸同化作用で植物に吸収されればその身体に一部になります。

わずかに残された骨や歯などの無機質がこうして道にあるわけですが,これもやがて風化して自然に帰り,地下水に溶け込んだり,植物の根からミネラルとして吸収されたりするかもしれません。



すべての生き物がたどる道です。

今こうして楽しく遊んでいるぼくらも,やがては自然に帰ります。

自分の体を作っている膨大な数の原子や分子は,46億年前から地球にあったもので,たまたま今は 「自分」 という形に集合しています。

生の終わりと同時に,またばらばらになりますが,ぼくをつくっている原子や分子はこの地球に残り続けます。



ぼくらは,物質の大きな循環の中にいるのです。

こうして 「自分」 としての個性と自我の意識を持っているのもわずかな時間だけ。

わずかな時間を,自分のために,周りの人たちのために,楽しく使わなきゃね。






バンビちゃんの残された骨や歯は,側溝にまとめて入れ,上から落ち葉をかけました。

リサさんが小さな墓標を傍らに置いてくれました。





さあ,また楽しく走り出しましょう。



グルメポイントへ向かいます。



子鹿の骨に哀しさを感じながらも,おいしいお肉をいただく楽しみを感じるという矛盾。

そう,生きてるって,そういうこと。

悲しくても,おなかがすくんです。

殺された牛や豚がかわいそうだけれど,おいしいんです。


17_0728_14.jpg





── つづく






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

チャラン  

特に峠の下りは、恐いです。
峠は、見通しが悪く、急ブレーキが効かない。路面に砂利や雨水があればなおさらですね。
小鹿さんは、車にはねられたかかもしれないので、身代わりになったと思い合掌です。
私は、登りも下りもゆっくり・・・(笑)

2017/07/30 (Sun) 22:17 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

夏恒例の···

リキさん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞ チッス


リキさんの高尚かつ科学的な見地からの側溝への埋葬行為だったのに「バンビの呪いが···」とか言って本当にすいませんでした~m(_ _)m

呪いどころか、次にリキさんがおにゅう峠を登られる時には埋葬のお礼にあのバンビが道案内してくれるかも知れません~まだ見ぬ黄泉の国まで···ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ

( 夏恒例の怪談話でございました···失礼www )

2017/07/31 (Mon) 00:39 | EDIT | REPLY |   

リキ  

チャラン様

チャランさん、おはようございます。

峠も登られるんですか。すばらしい!
一緒にライドができそうですね!
機会があれば是非!

2017/07/31 (Mon) 07:54 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

メタさんもお疲れ様です!

可愛いバンビちゃんとなら、そして大好きなメタさんとなら、トレイン組んで黄泉の国まで行っちゃいますか!\(^o^)/

いずれ行く道ですから、せいぜいお仲間をたくさん集めて、メタボ企画の新しいツアーとして!

2017/07/31 (Mon) 07:59 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

↑↑↑

いくら楽しそうでも『ハーメルンの笛吹き』の如く、絶対ついて行ったらアカンやつですね···(笑)

仮にリキさんとご一緒出来たとしてもw スグに別れ別れになってします···慈愛に満ち品行方正なリキさんは天国へ召され、罪深き恥多い人生だった私は地獄へ真っ逆さまですから~あゝ無情www

2017/07/31 (Mon) 17:04 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

なるほど〜(笑

その時には、天国から糸を、いや、ぶっといワイヤーを垂らしますので登ってきてね。他の亡者に気づかれないうちにね^_−☆

いやいや、行き先はその逆かもしれないので、その時はお願いします。

2017/07/31 (Mon) 20:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply